「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ
2017年のお正月そうそうに、著書や活動にふれて尊敬していた
阿保徹先生の訃報(2016年12月6日死去69歳)を知りました。

まだまだご活躍されることを前提に、少しずつ理解できるようになってきた
自律神経免疫論」の世界観を今年(2017年)も学んでいこうと思っていました。

昔は短気な直情型の性格だった・・・と自ら書かれていましたが、
講演会で伺った”新潟弁”のゆるやかな口調は、
優しさの奥に毅然とした確信をふくんで、医学会にありながら
「人々の健康と幸せのために」多くの反発の中を進む姿勢は
「犀の角」のように拝見していました。


医学のリダクショニズム(還元主義)で、
なかなか全体像の見えにくくなってしまった”人”という存在について、
安保先生の考察は、いつも”そもそも”に私たちを導いてくださる力を
もっておられたと、本当に思います。


安保先生のご研究への遺志が、多くの心ある方々に広く受け継がれることを
心から願っています。また、私もその一人となれなすように。


安保先生のご冥福をお祈りいたします。

2014年の講演会です。youtube投稿くださり、ありがとうございます。



*******************************
安保 徹(あぼ とおる、1947年 - 2016年12月6日)は日本の医学者。
新潟大学院歯学部総合研究所名誉教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)、
日本自律神経病研究会( 日本自律神経学会とは全く異なる団体)の終身名誉理事長とされる。


[PR]
# by rolferK | 2017-01-12 00:36 | 健康関連

<9月25日と10月23日『膜で学ぶ・解剖生理』>




9月25日、学集会を終わった私を待って「バラのレイ」をいただきました。
小さなバラ色の蕾が一列に連なったレイです。

「レイは(花の向きが)心臓に向かうようにかけるのです・・・」と、
彼女は私の肩に広げるようにかけてくださいました。

その少しひんやりとした優しい重みから、一粒、一粒を
思いを込めてつなげてくださった彼女の慈しみが、
バラになって繋がっているように思えました。

本当に、植物は人の思いをそのまま受け継ぐのだと改めて思います。

今日29日、こうしている今も「バラのレイ」は私の肩先を包むように、
その優しい重みを伝えてくれています。
バラが枯れてしまわないように・・・毎日少しの時間、
その心地よいさわやかな重みを味わっては大切に冷蔵庫にしまっていました。

でも、そろそろバラたちもメッセンジャーとしてのお仕事を
終わる時期が来てしまったようです。(あわてて!カメラを向けましたが、
ずいぶんと色あせた姿しか写すことはできませんでした。ごめんなさい。)

小さなプロセスに心を込める・・・「バラのレイ」が運んでくれた大切なことでした。

ありがとうございました。



d0065364_09145587.jpg




[PR]
# by rolferK | 2016-10-04 09:18 | お知らせ

2006年6月から主催しているBotania(ボタニア)のスピリチュアルWSを
ご紹介させていただきます。

今回は2回目ですが、少しずつ皆様の興味関心にお応えする内容で
開催してまいります。

さて、10月は・・・

10月22日(土) スピリチュアル基礎WS のお知らせ

第2回目スピリチュアル基礎講座は、前回受講できなかった方のために
スピリチュアルの歴史的意義を再度講義した後、
8月と少し違った視点からお話していきます。

10月講座 内容

*スピリチュアルの歴史的意義:

150年ほど前、チャールズ・ダーウィンによる『種の起源』発表と呼応するように、
同じ年にアメリカの片隅からスピリチュアル運動が突然に始まり、
イギリスを巻き込んでスピリチュアル科学がおこりました。
現在はその姿をみることができない本来のスピリチュアル運動に起こった出来事や、
その奥に含まれた意味を紐解くことで、もうひとつの世界観が広がります。

*ソウル・メイト~家族、結婚など縁組秘話~

“ご縁”。それは私たちの人生の節目節目に意識され、
またその不思議さと奥深さに心打たれたりします。
その“ご縁”をスピリチュアリティー(霊性)の角度から紐解いていきます。
本当の自分への小さな一歩につながっていきます。

*ブレス・ワーク実践練習:簡単なイメージ練習

日常でつかえる身体の“清浄”を目的としてブレス・ワークを
簡単にご紹介します。ご一緒に実践してみましょう。

********************************

日時:10月22日(土)10時~15時 (入室:9時50分)

受講料:5,000円 当日

場所:大阪府大阪市北区曾根崎1-3-6
HF梅田レジデンスタワー 1502号室
Botania かわい りつこ :080-1407-4014 
botania-newfield.com


[PR]
# by rolferK | 2016-09-12 18:12 | スピリチュアル

『NUCHIGAFU』・・命果報と書いて”ヌチガフゥ”。

石垣島の自然の恵みとともに生きる「命のしあわせ」を
感じる暮らしのことだそうです。

石垣島に住むお母様たちが、島を出た子供達に
「どこにいても、島の香りを感じながら暮らして欲しい」という願いを
込めて創った”夜香木の香り”のフレグランス。

鉢植えの夜香木もそろそろ薄れてしまうなかに、
”夜香木(やこうぼく)”の香りが豊かに香っています。

本当に、思いは香りに託されていくのだなと思えます。


[PR]
# by rolferK | 2016-09-10 22:22 | 季節・ガーデニング

夜香木 ~夏の贅沢~

d0065364_21552379.jpg
子供の頃から、どうしてか姿を見せずに香る花に心惹かれます。

もしその香りがなければ、花とも気づくことのないような小さな花から、
普段慣れた道すがらにふっと香りだけが漂ってきて、
その香りをたずねて花に辿り着く楽しさが好きです。

私の子供のころなら、早春の「黄梅・オウバイ」、
春の「沈丁花・ジンチョウゲ」、秋の「木犀・モクセイ」、
冬の「柊・ヒイラギ」でした。

夏が抜けてしまっていたのは、夕暮れの不忍池の縁日に並ぶ
「くちなし」のその白く大きな花と強く甘い香りが、
私にとっての”夏の香り”だったからです。

それが「夜香木・ヤコウボク」を知って、
十数年ほど前から”夏の香り”が増えました。

毎年8月の夜になると、40歳を過ぎた頃に何かで読んだ
花の記事が忘れられずに数年探し求めて、
ようやく苗が届いたときの嬉しさを思い出してしまいます。

今夜も、窓際に置いた鉢植えから溢れた”静かで深い甘さ”が沁みこんできて、
いつもの空間が一息ごとにどこか遠くの異国にいるような心地に包まれます。

夏の夜だけの贅沢・・・です。


娘が見つけた”夜香木のフレグランス”は、
石垣島の方々が立ちあげた新規事業で開発された”オードパルファム”でした。
http://nuchigafu.jp/lp/perfume/

生きた夜香木の香りにかなうものはないでしょうけれど、
そのフレグランスの届く日を楽しみに待っているところです。

そして・・2017年4月のKonaの夜も、
きっと香りを辿ってそぞろ歩く楽しみが待っていてくれるはずです。




[PR]
# by rolferK | 2016-08-28 21:57 | 季節・ガーデニング
夏が近くなって、いろいろと予定を考えることの楽しみが増えますね。

そんな夏にあわせて企画した『スピリチュアル基礎WS』です。

お陰さまで、題名だけで参加を希望してくださる方や
興味があるのでもう少しWS情報が欲しい方からもご連絡をいただきました。
ありがとうございます。

確かに・・・・『スピリチュアル』といわれて・・・
イメージすることは様々ですね。

このブログでは、以前から「スピリチュアル」のカテゴリを設定して
折々に共有していただきたい情報を書かせていただきましたが、
1day WSとして企画するのは初めてです。

お伝えしたいことがありすぎて、1dayで収まるとは思えませんが、
基礎的な情報はきっと様々な方面のお役にたてることでしょう!

以下、簡単にWSご紹介させていただきます。
******************************************************
Q:8月の『スピリチュアル基礎WS』に興味がありますが、
 もう少し内容の説明をいただけませんか?


A:8月の『スピリチュアル基礎
WS
』では以下のようなことを学びます。

*現代の一般的な“なんとなく~スピリチュアルな・・・”という
 風潮に流されることなく、
本来のスピリチュアルの歴史的な背景や、
 その本質的な意義を学びます。

*さらに、現代では大変少なくなってしまった
「身体に関わるスピリチュアル情報」を現代科学的な情報と重ねながら、
 日常生活にも役立つ“温故知新”の有意義な情報としてお伝えします。

*講義で知識としてのスピリチュアルを学んだ後、WS要素として、
 ご自宅で実習できる「心身を清浄に保つための
Breath Work」を練習します。

日程:2016.08.20 () 10:00am 15:00pm

対象:女性限定

その他:当日はBreath実習が可能な普段着でご参加ください。

    昼食休憩は約40分です。(他合計で60分)
   
  *Botania HP:http://botania-newfield.com/seminar/seminar.html     



[PR]
# by rolferK | 2016-07-17 00:50 | お知らせ
Botaniaで開催予定の「膜で学ぶ 解剖・生理」に”お問い合わせ”を
いただき、ありがとうございました。

皆様へのPRも兼ねて、ブログでお答えさせていただきました。
説明不足ばかりですが、是非、いろいろお尋ねください。
よろしくお願いいたします。

お問い合わせ: http://botania-newfield.com/contact/postmail.html

******************************

Q)「膜で学ぶ」・・というのは、普通の解剖学や生理学とは
  なにが違うのですか

A)一番”お伝えしたい”ところをお尋ねいただきました!
 本当に、ありがとうございます。

 実は、解剖学や生理学の分野では”膜”を学習対象にすることが
 ほとんどありません。
 ですから、一般的な解剖・生理にかかわる情報は”膜抜き情報”が
 常識的な情報としてでまわっています。

 ピラテスやヨガ、バレエやダンスなどのお教室で教えられている
 情報も全部が”膜抜き”です。

 もちろん、お医者様の情報も”膜抜き”情報です。

 ところが、実際に”動きの達人”・・
 つまり優れた指導者やパフォーマーは”膜レベル”の上級者で、
 そうした”達人”の言葉には沢山の感覚的な”膜情報”が溢れています

 これを単に”膜抜き”の情報に当てはめようとすると、
 混乱するばかりです。中には、すっかり自分本来の動きがわからなく
 なるほど混乱する方も・・・。

 長年そうした”混乱”のなかで試行錯誤をくりかえしていた方々も、
 ”膜情報”を少し学ぶと、混乱のなかで蓄積していた様々な疑問や難問が、
 自然に体験や感覚をとおして理解できるようになってくるのだそうです
 
 結果として、「自分の可能性をもう一度信じてみよう」という
 前向きな気持ちが静かに復活する!・・と、感想をくださったかたも
 いらっしゃいます。
 
 本当に基礎的な”膜情報”ですが、結構”目からウロコ”の情報
 なのだそうですよ。
 あなたにもお役に立つことを心から願っています。

                             川合  ritsukonkawai@gmail.com



[PR]
# by rolferK | 2016-07-11 23:44 | お知らせ