思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

2010.02.27必着!外国人参政権(反対のための)国会請願署名

友達の輪・・・が広がって、今年は政治への関心が盛り上がります。

そもそも、政治は「神から国を任されること(神に代わって国を治めること)」でしたし、
ボランティアは「神へ奉仕すること」でしたから、政治もボランティアも尊い行為とよばれたのです。

第二次大戦後、日本には戦争も侵略も植民地化もありませんでした。
わたしも戦後生まれで、平和と繁栄しか記憶にない世代です。
だから・・・・すっかり”平和ボケ”してしまったのでしょう。
「きっと、なんとかなる・・・だろう」と何も考えない事を学んでしまいました。

そのことへのチョッピリ”後ろめたさ”が、もしかしたら払拭できるかもしれません。

今、リアルタイムで「日本の未来のためにボランティア」している青年がおられるそうです。

早速「請願書」の署名をさせていただきました。
是非、多くの方々にお伝えください。
(以下ちょっと長いですが、ご一読ください)
**************************
<お知らせメールの内容>
衆議院議員 平沼赳夫先生から外国人参政権国会請願署名の要請がきております。
ご協力お願いいたします。(平沼氏のオフィシャルHPは、最後にご紹介しました)

外国人参政権に反対する会・全国協議会が実施しておられる国会請願署名の件について
協力の要請をいただきました。現在約3万名の請願署名が集まっているということです。
代表の方は国家試験を目前に控えておられまる医学部の現役学生ですが、
この国家存亡の一大事に際しておちおち自分のことにかまけている場合ではないと
熱い想いで100%ボランティアで反対運動に取り組んでおられます。

ネットでの拡散や署名協力につきましてお忙しいところとは存じますが
何卒ご検討いただけますようよろしくお願いいたします。

衆議院議員 平沼赳夫 事務所 拝
---------------------------

(ご協力のお願い) 国会請願署名の重要性について 2004年に発足した「外国人参政権に反対する会・全国協議会」では、2007年より、請願法に基づく国会請願のための署名を集めております。

外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/
これはネット署名とは違い、衆院参院の両院のサイトにて署名の筆数が「公的なモノとして」表示されます。

そのため、反対派の勢力が具体的に数字となって判明します。
もしこの数字がはるかに少なければ、外国人参政権を成立させることにより失う票数より、
民団などに選挙権を与えて得る票の方がはるかに多い、→つまり反対派の声を無視してでも、
外国人参政権は成立させた方が得だ、と推進派を勢いづかせることになってしまいます。
そのため、この国会請願署名の重要度はネット署名などとは比べものにならず、
また少しでも多く数を集める必要があります。
そのため、少しでも多くの方々の署名を募集していただけますよう、
皆様のお力添えを何卒よろしくお願い致します。 *****************************************
外国人参政権に反対する会・全国協議会 現代表:神田 賢斗 (前代表 鈴木道雄)      
事務局:村田春樹      〒350-1176 埼玉県川越市川鶴1-16-2 sanseiken_hantai@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/ *****************************************


衆議院議員 平沼赳夫氏のオフィシャル・HPより抜粋

民主党は、マニフェストでは、美辞麗句・大盤振る舞いをうたって利益誘導を行い、
その実インデックス2009では、国や家族の絆やアイデンティティを破壊するような政策を並べている。

●インデックス2009・永住外国人の地方選挙権
「民主党は結党時の「基本政策」に「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」と掲げており、この方針は今後とも引き続き維持していきます。」

民主党は口を開けば「マニフェストに書いてある以上、公約である」ので実行すると言っています。
ではマニフェストに書いていないことまで、政権与党だからと言って推進しようとするのは、
公約違反とは言わないのでしょうか?
大衆受けするマニフェストで選挙民の票を集め、政権与党になった瞬間に隠しておいた
日本解体政策を推進する。
有権者の皆様はこのようなことを期待して、実現を望んで、民主党に政権をゆだねておられるのでしょうか?

私はこのどれもが「国民投票」を必要とするくらい日本の将来を左右する重要なことであると思います。
それほど現在と未来に大きな禍根を残すものばかりなのです。

そして不思議なことに日本のマスコミでは、これらの法案についてほとんど国民の皆様に広く知らしめ、
論議を啓発するということをしません。むしろ日本を貶め辱めることに加担し、推進するが如き報道ばかりです。それを何の疑いもなく受け入れたり、関心を持たなかったりする人が多いことが現状です。

しかし私はあきらめません。
政治の役割は、国民の生命・財産をしっかりと守り、安心して暮らせる日本を創ることです。
日本人であることに誇りを持てる国を取り戻すことです

インターネットなどを通じて、真に日本の将来を憂い、悪法を許さないという断固とした信念を持っている
多くの皆様とともに、ごくあたり前の日本人が平和に安心して自由に暮らせる社会を守るために、
倦まず弛まず諦めることなく行動して参ります。
どうか皆様のお力をお貸し下さい。よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by rolferK | 2010-02-07 23:52 | お知らせ