思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

無条件な条件反射

約束の20時に間に合わせるために、少し急ぎ足で東梅田の改札を出て、そのまま地上へと

階段を上った。


いつもの薬やを曲がったところで、太鼓の響きがした。ゆったりとしたリズムで、私に近づいて

くるその先に「お初天神」が見えた。

まだ祭りでもなさそうな人通りのせいか、かえってその太鼓の響きが神聖に思われて、境内

に続く狭い参道に進んだ。

参道の入り口の明るさがまぶしくて、その先の暗がりがいっそう暗く見える中から、だんだん

に太鼓の響きはハッキリとその所在を知らせてきた。


大太鼓の周りを向かい合わせた子供達が8人(?)、さきほどから聞きなれたリズムと同じ

リズムで上体と腕だけが揃って動いているように見えた。

ドーン。。。タッタッタ、ドーン。

そんなゆったりと繰り返されるリズムが腹にこだます様に響く。

たったそれだけのことだったのに、その響きを聞きながら境内を通り過ぎる自分の中から

「無条件でこみ上げてくる涙」をこらえられない。


「なぜだろう・・?」と自問しながら、昔々も同じ「無条件の涙」で鼻の奥を熱くしていたのを

思い出した。

「子供・・?」という自問に、いとも素直に「涙」が反応した。


子供の学芸会・子供の運動会・子供の発表会・・・それが自分の子供かどうかに関わらず

なぜか「子供の真剣にガンバル姿」にメチャメチャ弱い。

こうして書きながらでも、ちょっと油断すると鼻が熱い、涙がたまる。


存在として「幼いもの」が、健気に励む姿は無条件で感動する。・・・・・とすると、もしかして

私を「幼いもの」として見ていてくださる方がおられるとしたら、今の私はどんなだろう。

少しでも健気さがあるだろうかしら・・・。


少し前「WATARIDORI」(DVD)を見た旦那様が、彼らの「ひたむきさな眼差し」に感化され

て暫くセンシティブになっていたことがあった・・・私ももしや同じ症状かもと自己診断した。


                                              2005.06.28
[PR]
by rolferK | 2005-06-29 00:49 | 季節・ガーデニング