思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

進化 と 退化

Habble Heritage site

大恐竜展が開催されているからでしょうか・・・?

このところ面白い情報が 多々 入ってきます。


一つは火星関連、そしてもう一つが恐竜関連。


この二つから提示されているものは、地上生命体の「進化 と 退化」という問題。



そもそも<地球生命体>はいかにして誕生・発展したのか?については、
あまりにも謎が多いことであるのに、
いつの間にか・・・・
あたかも決定的真実であるかのごとく・・・・
ダーウィンの進化論が”常識化”(情報操作)されています。


例えば・・・
ダーウィンの進化論で語れば、恐竜は進化のプロセスですが、
全く別の情報から見れば、恐竜は退化の成れの果てであり、
恐竜絶滅は地球的発展にとっての”必然”(計画的)であった・・・と考える事が可能です。


こうした科学的可能性は、全て一笑に付されています。が、
オバマ大統領が火星を目指し、21世紀が宇宙時代を迎えることを思えば、
もうそろそろ”常識”を見直してもいい頃ではないでしょうか?

このままでは、”常識”が暗黒時代を作り上げてしまうでしょう。


今このダーウィンの進化論を根本的に揺るがす事ができる存在といえば
「宇宙人」と「幽霊」ですが、
この二つを一般的な科学者に受け入れていただくためには
(この証明方法を 私はあまり望みませんが・・)
この二つが”いつでも、どこでも、だれにでも”存在証明をしてくれるか、
(大阪万博は中2でした・・・・アメリカ館とソビエト館は宇宙関連で、長蛇の列・・・)
アメリカ政府とNASAが極秘情報を”万博”のように一般公開してくれると
21世紀の進歩のために貢献しますね。


ただし・・・1960年代から始まった海賊的な宇宙人の横暴が
このところ拡大方向にあるようですから、ホーキンス博士の忠告を
きちんと理解しておく事も大切です。
      2010.04.25 ホーキンス博士「宇宙人との接触は危険」発言
[PR]
by rolferK | 2010-05-28 22:34 | スピリチュアル