思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

七月七日

七月七日は、幼稚園や保育園では大きな笹に色とりどりの短冊や紙細工の飾りをつけて

「七夕」をお祝いしたことでしょう。


我が家では、もうずいぶんと長いこと「七夕」を祝うこともありません。

それでも、夜になれば思わず知らず夜空を見上げてしまいますが、ここ何年かは梅雨空が

「夜空の逢瀬」を邪魔ばかりしているように思います。


2003年の七月七日は、Boulderのロルフ研究所のクラスメートたちと「七夕」を祝いました。

日本でも自生の笹を見ることが少なくなっていますが、アメリカ・コロラド州の乾燥した風土に

笹はありません。

下宿の庭にあったコデマリの一枝をいただいて、クラスに3体ほどいる骨格標本のうち一番

優しそうな骸骨さんに枝を持たせて、クラスメイトが思い思いの願い事を枝に結びました。


その晩のBoulderは、美しい夜空でした。

旦那様と私は、クラスメイトと私達の願いが叶いますように・・・と夜空を見上げました。


きっと、みんなの願いは叶ったにちがいありません。

フィリピン初のRolferになるため留学していたRinaは、アラスカからきていたRob君と

大恋愛におちました。その後は、留学中のお父様の死も乗り越えて、一年後の8月にRob君

のお嫁さんになりました。

雪を見たこともなかったRinaが、アラスカの極寒の冬も暖かく・幸せに暮らしています。

そして、その時のクラスメイトのほとんどが、この7月にはRolferとして出発しているのです。


そういえば、ロルフ研究所が仲をとりもったカップルは、沢山いますね。

それも、国際結婚がずいぶんあります。

最初から、その目的で英語をがんっばてみてもいいかもしれませんね。

                                  2005.07.07


d0065364_21104448.gif


写真はコデマリの枝に短冊をつけている
クラスメートのセレスタ。
[PR]
by rolferK | 2005-07-07 21:13 | 季節・ガーデニング