思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

閻魔コオロギ

台風が近づいていることが嘘のような明るい空でした。

大好きな閻魔コオロギの声が聞こえています。


閻魔(エンマ)とは随分といかめしい名前をつけられたものですが、その名前とは反対に

コロロロロ・・と 懐かしい日本の鈴をふるような鳴き声が、子供の頃から好きでした。

もう少し秋も深まれば、ジジジジジ・・というような声の小型のコオロギたちが鳴き出すのです

が、その頃には閻魔コオロギの声はほとんど聞けなくなっているでしょう。


平安の昔人は、今のコオロギのことを「鈴虫」と呼んでいた・・と聞いたことがあります。


私には、縁日で虫かごに入れられて 甲高いリーンリーン・・という声で鳴いているあの鈴虫

より、平安の人たちが草むらから聞こえる少し寂しさももよおすような コロロロ・・という

コオロギの声を「鈴虫」として愛でていた気持ちが、かえってしっくりと馴染めます。


Boulderにいたころにも沢山の虫の声が聞こえていましたが、「ノイズ」という音でしか

聞き取られていないらしいことに、かえって驚きを感じたのを覚えています。


「聞こえる」ということも含めて「感じる」ということには、そうしたものを「感覚として認識できる

力」のようなものが育っている必要があるのですね。

もしかしたら、それが「文化」とよばれている「風土」なのかもしれませんね。


虫たちの季節は もうすっかり秋も盛りをむかえようとしているようです。
                          2005.09.07
[PR]
by rolferK | 2005-09-07 19:19 | 季節・ガーデニング