思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

本・「前世療法」~米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘~

d0065364_012169.gif
というタイトルの素晴らしい本です。

始めにこの本に出会ってから何年経つかしら・・と思いましたがわかりません。

たしかビデオ・「アウト・オン・ア・リム」(シャーリーマクレーン主演)を観てからですから、もう
十数年ほど前ではなかったかしら・・。
それから、お友達やらお知り合いやらにお貸しして、とうとう最初に買った本は行方知れず・・
で、今の文庫サイズは3冊目くらいになるでしょう。

未だ「手探り」の只中にいたときには、随分と多くを学び、随分と多くの励ましをもらった本です。(勿論、今もです。)

私は、よく「前書き」や「あとがき」を一番に見て、惹かれるものを購入しますが、この本もそう
して選んだ一冊でした。

最近はヒプノセラピー(催眠療法)という言葉をよく耳にしたり、実際にそのワークを受けられたり、あるいは自らがセラピストの勉強をされる方が、日本にも多く見られるようになりました。

ヒプノセラピーが全米で盛んになったのも、「前世療法」の反響によるところが大きかったのだときいています。
あたりまえに「魂・霊・心」といった存在を語れるようになったことは、大きな進歩でしょう。

でも一つだけ、だからこそ注意してほしいことがあります。

肉体は「霊性への縛り」であると同時に、「霊性へのプロテクター」でもあるということです。

催眠中に肉体のもつ保護力から離れている時には、「霊性」はとても無防備であり、本当の理解をもつ保護者たるものの存在がなければ、とても危険な状況にもなりうる・・ということを、ある意味で知らない、あるいは伝えられていない方が多いようです。

ですから、ごく普通の私たちは、なにか特別な方法をもちいて「霊性」に至る方法を急ぐより、
少し時間がかかっても、「肉体意識」をもちながら同時に「霊性」に目覚めていけるような方法
を歩むほうが、より安全でより長く取り組むことができると思っています。
                               2005.09.17
[PR]
by rolferK | 2005-09-17 00:30 | スピリチュアル