思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

夜香木~fragrance ・perfume

去年の夏Boulderから帰国して、日本を強く感じたのは”嗅覚”だった。

”におう”為には、二つの要素が必要で、一つは「湿度」・・これは「においの元になる物質」が
空気中の水分に溶けて、鼻腔の嗅覚・感覚器官を刺激するため。もう一つは「大脳」の
においを認識するする領域。・・・嗅覚はとても”疲れやすい”感覚だから、同じ刺激が続くと
マヒしてしまってはっきりとは認識できなくなる。

だから、Boulderという乾燥した土地から日本という湿潤な土地に踏み込んだ時に、一番
強く刺激を受けたのは、湿潤な日本の空気にとけこんだ「なにげない」土地のにおいだった。

飛行場から都会に向かうほど その「におい」は「臭気」であることに気づかされた。
排気ガス・汚水・人為的な臭いの複雑な混沌・・・そのなかで、多くの人が「楽しそうに」会話
をし、買い物をし、食事をしていた。

Boulderの友人が憧れの日本におりたった時、同じ印象をもたれるのがイヤで、来日は「冬」
だったらいいのにな・・と、勝手に考えたりした。

けれども、その日本にもすっかり慣れ、一年後の今 私の心に残るのは、夏の夜の花の香り
である。

「くちなし・ガーデニア」の強く・甘い香りは、子供の頃の上野・不忍池の納涼の風景と強く結びついて、それは年をおうごとにかえって鮮やかになっている。

そしてBoulderですごした夏の間中 思い出しては恋しく思っていたのは「夜香木」の沈香を
思わせる深く甘い香りだった。
その「夜香木」が 晩夏の夜という「陰影の世界」にふさわしい薄緑の小さな花を、夜毎
開き始めた。

花に顔をうずめても僅かな「香り」しか感じられないBoulderの友人に、この夏の深い香りを
届けたいと いつの間にか思っている。
ただその前に 一時のsmell(臭い)の門をくぐらなければ、この芳しいfragrance(香り)には
辿り着けないことが、唯一残念なのだけれど・・・。
[PR]
by rolferK | 2005-09-22 02:55 | 季節・ガーデニング