思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

レイチェル・ブライスさんの”長くて、伸びやかなお腹” ~ベリー・ダンス~

「長くて、伸びやかなお腹」

健康にも、美容にも、必須アイテムだと信じているのですが・・・

現代はどうしてか?「短くて、硬いお腹」がもてはやされます。


10年ほど前に知ったレイチェル・ブライスさんのベリー・ダンスは、
本当に「長くて、緩やかなお腹」が美しいダンスでした。

ベリー・ダンスをwikiで引いたら・・・こんな記事がありました。

ベリーダンスは女性の肉体の「丸さ」「ふくよかさ」を前面に押し出したスタイルを採り、
痩身であることを良しとするダイエット嗜好とは対照的である。
ベリーダンスで使用されるほとんどの基本的なステップやテクニックは、
体の部分ごとに分かれた円運動である。
つまりは腰や肩を床と平行に別々に動かすのである。
wikiより

*女性の肉体の「丸さ」「ふくよかさ」を前面に押し出したスタイル・・・
ファッション・モデル体型に憧れる拒食症患者を撲滅しようと、
ファッションの殿堂フランスでもファッション・モデルに対して痩身規制がしかれたようです。

規制そのものがよいとは思いませんが、現代の美の基準が「痩身」であることには、
ちょっと残念感があります。日本でも、”女性らしさ”として、
もう少し「ふくよかさ」が評価されると嬉しいのですが・・・。
洋服のサイズ表示などを含めて、現代の日本女性は体型維持のために、
ずいぶんストイックな努力を知らず知らずに強要されているように感じます。


現代のアメリカやヨーロッパの女性たちは、ベリーダンスを身体と精神、そして霊魂を鍛錬し強化するツールとして捉えている。自らの身体に対するイメージ、自尊心、性的暴行からの回復、女性としての同胞意識、そして自己決定に関する問題は世界中に存在するベリーダンスの愛好者たちが真摯に取り組んでいる問題である。wikiより

Rachel Brice


Rachel Brice - Drum Solo



Rachel Brice paris performance 2005

[PR]
by rolferK | 2015-05-04 02:31 | 舞踏・身体表現