思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

皇室典範報告書・提出~女性天皇へ

 
女性・女系天皇の容認という皇室の長い歴史に転換を迫る報告書が24日、提出された。「皇室典範に関する有識者会議」の報告通りに法律が改正されれば、皇太子ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さま(3)が皇太子さまの次に、歴史上9人目の女性天皇となる。毎日新聞の世論調査では、87%が女性天皇を支持している。 男系男子継承の維持を求めて活動している団体は、それぞれ有識者会議の報告内容に反対する声明を出した。毎日新聞

という記事を見ました。

私はこうしたことに詳しい身ではありません。が、「子を宿す身」として、何故「男子継承のみ
が曇りなき伝統を守る」ことになるのか・・・とても悲しく思います。

「子は天からの授かりもの」。けして、男女の別をこちらから所望してかなえられるものでは
ないようにも思うのです。
確かに、そうした「強い願い」が天に聞き届けられて「男子出生」の任をまっとうされた多くの
「やんごとなき」后妃方がおられたでしょう。

けれども、その裏にどれほどの「悲しみと苦悩」が隠されているだろう・・と思うと、それは
「宿す」立場にならなければ分からない「重圧」なのです。

「子を期待されることの喜びと光栄」は女性にとって、大変に有難いことであるでしょう。
が、それが「義務・責任」に転じた時の「苦悩」は、どんなささやかな家庭にある妻や嫁で
あっても実感としてお分かりいただけるのではないでしょうか。

ましてや、それが「日本開闢以来の曇りなき伝統」という「重圧」のなかにあって、心安らかに
「懐妊」を受け止めることは、どれほどに困難なことでしょうか・・。
私だったら(ありえませんが・・)その前にノイローゼになって、まともな夫婦生活もままなら
なくなるのではないかしら・・・。

「男子継承」の御旗のもとに、過去多くの側室と呼ばれた女性が「男子懐妊の任」を分担して
きました。けれど、それは「正室」である「妻」の立場にとってどれほどの悲しみであったろうか
・・と思います。
そしてもうひとつ、もし男子が誕生しないとしたならば、そこには「それなりの必然」がきっと
あるのです。人間の視点だけでは計り知れない何か大切な意味があるのです。
心清く、正しく生きて、その上で「与えられない」ならば、そこにはもっと「大きな意思」が
働きかけているのだと、私にはそう思えてなりません。

男であれ、女であれ、天から日本にめぐまれた「子供」であるなら、継承の力が備わっている
に違いないとも思います。
それに、もし実現すれば「9代目女性天皇」といいますが、そういえば「女性天皇」の時代は
日本は豊かに栄えた時代が多かったようにも記憶します。
だとしたら、日本の未来は明るいぞ!というメッセージのようにも聞こえませんか?
[PR]
by rolferK | 2005-11-25 02:16 | 季節・ガーデニング