思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

母と子のお人形~写真集・「昭和のこどもたち」から

三月三日はひな祭り。(三人官女・婦人画法3月号より)d0065364_18441.jpg

「三日を過ぎてお雛様を飾っていると、お嫁に行き遅れる」・・という言い伝え?のせいか、
三日を過ぎるとすぐに片付けられてしまう雛の人形達。

家族が暮らすには狭すぎる借家住まいの私にとって、「雛人形」は浅草橋道沿いに並ぶ人形店のショウウィンドウに並べられた、沢山のお雛様達でした。

京風の有職の衣装をまとった立派なひな壇のお雛様より、小ぶりで控えめな木目込みの江戸雛が好きでした。

ひな祭りが「桃の節句」といわれるように、もしかしたら黒澤監督が映画・「夢」で表現したような
桃の精たちへの感謝の節句なのかもしれませんが、母から娘へ引き継ぐ「優しさ」や「優雅さ」のための節句でもあるかしら・・・と思ったりします。

そしてもうひとつ、浅草橋の何よりの楽しみは、時折飾られている人間国宝や人形師さんたちに作られた「創作人形」たちと出会えることでした。
そんなお人形に出会えると、ただただジ~~~っとガラス越しに見つめ続けていました。
きっとその中には、今でも人形の歴史に残っていくような素晴らしい作品があったに違いありません。でも子供ですから、作品の名前も作者もちっとも覚えてはいません。
d0065364_1111180.jpg
それから数えると40年ほどの年月が経った1999年の暮れに、「昭和のこどもたち」という創作人形の写真集を見つけました。

けして華やかではない人形達ですが、なにか温かな、素直な思いを伝えてくれるようです。
d0065364_1141965.jpg




d0065364_1122680.jpg

d0065364_1124572.jpg






人形作家・石井 美千子 
1995年 阪神百貨店にて「昭和のこどもたち」が開催される。
「昭和のこどもたち」第3集より抜粋
d0065364_116798.jpg

[PR]
by rolferK | 2006-02-22 01:26 | 季節・ガーデニング