思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

高台寺・春の夜間特別拝観 (3月10日~5月6日)

4月下旬の夕方、仕事を終えた足で京都・高台寺へ参りました。d0065364_1274517.jpg

以前から”櫻の頃に・・・・”と招待券を頂戴していたのですが、
櫻の花の移ろいの早さに、
なかなか家族の時間を合わせることができないまま
すっかり櫻も若葉色になっていました。
d0065364_1281652.jpg
それでも、京都へ向う車窓からは
ときおり山の中に薄いピンクの色が
美しくて、十分にお花見の気分を味わえました。

関西に住んでいて、”ねね様”の”ええにょぼ”ぶりは
憧れでもあるのに、
高台寺が”ねね様”の終焉の地であったことなど
何も知らぬままでした。

小堀遠州作のこぶりで美しい庭園や千利休の意匠による茶席・傘亭などを
春の宵のライト・アップで愉しもう・・・という、なんとも趣のある催しです。
夜・・・7時も回った頃からは、すっかり別世界の風情を愉しみました。

特に、青々と新緑に彩られた竹林は、照明の光をフ~~~ワリとはねかえして、
まるで「竹取物語」の世界に迷い込んだような不思議な気持ちになりました。

そういえば・・・・1970年、大阪万博の日本庭園にしつらえられた竹林も
これに似た感覚を覚えています。

ご招待くださった奥様が、「櫻の頃には人で埋め尽くされていましたが、
こうして頃をはずれて、かえってよかったと仰る方が多いのですよ・・」と
お話してくださったことに納得です。

d0065364_1284963.jpgご招待いただきまして、本当に有難うございました。
[PR]
by rolferK | 2007-05-02 01:31 | 季節・ガーデニング