思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

セガトイズ の ペット・ロボットの癒し効果 ~掌の触感 と 自律神経~

MSNニュースに先日来「ペット・ロボット」(セガトイズ)が登場しています。

見ているだけでも”癒し効果”がありそうですが、
実際の実験結果としてその”癒し効果”が実証されたそうです。
*****(記事、抜粋)

ペットロボットの“癒し効果”を実証、セガトイズ
セガトイズは、同社が販売しているロボット玩具「夢ふくろう」に関して、遊ぶことで癒し効果が得られるという実験結果を発表した。
実験では、心電図測定による自律神経機能評価を行った。これによると、緊張状態にあった被験者の2/3が、夢ふくろうで遊んだ後に副交感神経が活性化してリラックス状態になったことが確認できたという。またアンケート調査による感性評価でも「楽しい」「リラックスした」などの感情表現が増加することが分かった。被験者数は44名(有効データ数は15名)。
**************

ところで、このセガトイズ「夢ペット・シリーズ」ですが、
愛らしいリアリティーのある形状だけでも癒されそうですが、実際の操作には
”触れる””撫でる”など、「掌の触感」を心地よく刺激する効果があるようです。

Rolfing や Rolf Movement では、この、「掌の触感」から刺激を受けて
システマティックに連動してくる「コアからの動き」を重視しています。
また、コアからの動きが働いている時は、必ず副交感神経系の反応が
活性化してくるという事実も見逃す事が出来ません。

こうした関係性は、未だ実験的な証明を受けていないようですが、
Rolfingをとおしてクライアントさんの身体に起こる反応は、実証してくれています。

現代の私達は「掌の感覚が閉じたまま」で、多くの仕事に取り組んでいますが、
その事が原因となって派生しているだろうマイナスは多いと見ています。

そうした意味で、このペットたちが職場などのデスクで
一時のリラックスを提供してくれる事を期待しています!

副交感神経の活動は、”優しい刺激”を受けた”その時”にしか働かないのですから!
折を見つけては、ご自身の掌に何度でも優しい”刺激”を与えてあげてください。

***************
以下、セガトイズに関する”触る・撫でる”の説明です。

■夢のペットシリーズは、シンプルながらツボをおさえたリアルな動きが特徴。
ハムスターの場合は、手にのせて軽く握ると生きているようにモソモソと動き出す
(お腹にスイッチがある)。

■「夢のペット」シリーズは、開始当初から“本物に似せる”ことにこだわり、
外観はもちろん、その動きや音を可能な限り再現した。
たとえば、「夢ひよこ」は、羽根をパタパタ動かしたり、
手のひらに抱いたまま頭を撫でていると寝てしまったりする。

■「夢ねこスマイル」は、頭や頬、お腹など全身5箇所にセンサーを内蔵し、
撫でると嬉しそうな鳴き声を出したり、喉を鳴らしたりする。

■「夢ふくろう」は、頭、お腹、お尻の3箇所に光センサーを搭載していて、
胸のあたりを触ると胸が上下。
お尻を触るとパチパチと威嚇する。
機会があれば、玩具店の店頭で一度触ってみてほしい。その動きにきっと驚くはずだ。
[PR]
by rolferK | 2008-08-08 03:20 | 健康関連