思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

2006年 01月 16日 ( 1 )

毎年、冬になると必ず思い出す「ジャケット」があります。

今は「昔、昔・・」のお話になってしまいますが、学生の頃「LPレコード」を買うことは凄い
「贅沢」をしているような気持ちになったりしました。

レコードはレコード針で聴くのですから、扱いが悪いとすぐにレコードに傷がついてしまうので、
よほどなかの良い友達でも「レコードの貸し・借り」はとても難しいものがありました。
まして、レコード店に「お目当て」のレコードがないときなどは、今のように試聴はできません
から、ただただジャケットを眺めまわして、一日が終わってしまったりもしました。

そんな中で、ほんの僅かですが「ジャケット買い」をしたレコードが 今も手元に残っています。

レコードは高い、コレといって欲しいレコードはない、だけどなんだかどうしても「そのジャケット」が気になって仕方がない。・・・・もし、今日買っていかなかったら、きっとスグにまた買いに
来てしまいそうな気がする・・・でも、もし気に入らなかったらどうしよう・・・・でも、でも・・・。
d0065364_0572071.jpg
さして広くない店内をお目当てを探すようなフリをしながら、いつまでも立ち去れずに迷うのです。けれども、結局は「そのジャケット」の魅力に負けて 買ってしまったレコードです。

BRUCE COCKBURN(ブルース コバーン)カナダのシンガーソングライター。
1971年に制作されたアルバムでした。
ジャケットの雪に包まれた静寂な雰囲気が、そのままメロディーに漂っていました。
d0065364_059234.jpg
未だ一度も訪れたことのないカナダなのですが、彼のメロディーをとおして もうず~~っと以前から知っているような気持ちになっていたりしています。

ブログに音声機能のないことが残念な気がします。

ところで、国際結婚で今はカナダでお母様になられたRolferの真由美さんから聞いたカナダの寒~~~い話を思い出しました。
未だ彼だったご主人と過ごしたカナダのクリスマスの頃に、「納屋焼き」があったそうです。
真冬の雪の夜に赤々と燃える納屋の その炎から立ち上る水蒸気が、炎の輪郭にそって
白く結晶していくのですって・・・。
「炎が凍るんですよ!」と彼女はその時の興奮を話してくれました。

その時、私は「セイント聖矢」のキグナスを思い出していました・・・。
[PR]
by rolferK | 2006-01-16 01:00 | 映画・音楽・書籍