思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

カテゴリ:Movement( 89 )

2016年、今年は「丙申ヒノエサル」・・革命の年といわれる縁起のよい年だそうです。

2004年〜Rolferとしてお仕事を始めてちょうど12年。

ということは、丙申の年からRolferの仕事を始め、2度目の丙申に
また新たな世界へ出発することになりました。

Rolferとして沢山の女性の身体と出会う中でいただいた経験と知識から
”新しいムーブメント・メソッド”をうみだしました。

名前は<Botania/ボタニア>

ギリシャ語「牧草」から発生した英語Botany(植物学)を語源として、
特に女性の身体にある植物性を象徴して名づけました。


膜組織はもちろん人体共通の全身を支える支持構造物ですが、
女性こそ生涯をとおして膜構造へのエデュケーションをつづけることが
「優美さ」と「健康」と「智慧」を身につけるための力強いツールになることを
クライアントさんへの施術をとおして繰り返し実感して、Botaniaに辿りつきました。

Botaniaを植物にたとえるなら、今はまだほんの小さな”種”です。
でも、種はその小さな始まりに”未来の全ての可能性を秘めている存在である”ことが
今の私の生きがいでもあります。

Botaniaが、世界中の女性のための「身体教養」として広がっていくことを
心から夢見て・・・・・Botania2016年6月から養成クラスがスタートしています。

そして、来年2017年春 Hawaii島Kona研修の夢も育ち始めました。

ご一緒に”夢”を育ててくださる仲間と沢山、沢山出会えますように!!!


これからも、どうぞよろしくお願いします。

川合  ritsukonkawai@gmail.com




[PR]
by rolferK | 2016-07-01 13:28 | Movement
6月20日(木)「sorama5周年ワークショップ」終了いたしました。


台風の近づく雨の中をお集まりくださった皆様、
そして素晴らしい機会をくださったsoramaの皆様に、心からの感謝を申します。


皆様の未来が素晴らしいものとなりますように!


rolferK

***************



すっかり!季節が変わり、今はバラの蕾が重たげです。


神戸・元町のピラティス・スタジオ「sorama5周年ワークショップ」を
担当させていただくことになりました。

スピリチュアル胎生学からのムーブメント

久々のsoramaでのWSですが、ご依頼いただいたテーマが本当に素晴らしく、
このテーマを自分自身のものにしたい!と願って、励みます。

皆様のお役に立てれば、心から嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

***************

☆「スピリチュアル胎生学からのムーブメント」☆

私達はどのようにして人として形創られてきたのでしょうか?

意識、魂をどのようにして肉体へと宿して生まれてきたのでしょうか?



今回の勉強会では、胎生学という肉体が人間として創造されてゆく

プロセスをさかのぼりながら、私達の存在、意識というものを考えてゆきます。

また、一つの細胞から、組織や器官がどのように創られてきたかを知ることは、

身体が起こす、よりスムーズな本来のムーブメントへつながるのです。

ボディーワークに関る方にとって、より大きく身体をとらえるヒントとなるでしょう。



存在の源へと記憶をたどる学びの中で、今現在まとっている殻を破り、

あなた自身の自由で豊かな本質に出会うための

ほんの小さなきっかけとなれば幸いです。


★日 時:6月20日(木)13:00~16:00

★講 師:川合 律子 ロルフィング大阪

★場 所:スタジオsorama
★参加費:6000円

★対 象:ご興味がある方はどなたでもご参加ください。  

★申 込:「氏名」「電話番号」(あれば「指導種目」)を下記アドレスまでどうぞ

★info☆sorama-kobe.jp(☆は@にかえてください)

勉強会に関するお問い合わせ、ご質問なども上記アドレスまでお気軽にどうぞ



★講師紹介★

川合 律子

日本女子大学家政学部食物学科卒

米国Rolf Institute(ロルフ研究所)公認Advanced Rolfer

日本Rolfing協会 会員

ロルフィング大阪所属
[PR]
by rolferK | 2013-06-20 23:59 | Movement
幼い頃から、善き指導者にめぐり合うことは”とっても大切!”と考えています。

最初に何を覚えるか・・・・・

できれば、それは「喜び、と、正しさ」であって欲しいと願ってもいます。


2012オリンピックが近づいてきて、陸上や体操など話題は高まっていくでしょうが、
それらの裏にある激しく厳しいトレーニング風景が、沢山公開されていますね。

そんな中で、”私達は、生まれたときから動くことが大好きだったんだ~~”と信じられるような
映像がありました。

特に3分経過ごろにトランポリンで見せる”反射”の動作は、
”立つ”ことを考えすぎて見失ってしまった大人たちにとって、
新鮮な気付きになると思いました!!!

カーソルを早送りして、是非3分頃だけでも見てください!!!


ミセス・トレーシーのような善き指導者が増えますように。
そして・・・お母さんと子供のリトミック・クラスがもっと沢山できますように。


1 year old Baby Coco first year in Gymnastics

[PR]
by rolferK | 2012-07-15 23:28 | Movement
デパートのエレベーターで、生後数ヶ月?の”赤ちゃん”が
バギーに乗っていました。

左手には、自分の手の何十倍もありそうな
A3サイズのカラー・チラシを持っています!
d0065364_0363471.gif
デパートの立派なチラシは、紙も上質で
柔らかな赤ちゃんの手を切ってしまいそうな硬さに見えます。

そのチラシの一端を 小さな小さな指で”つまむ”ように、持っています。


小さなアリが、大きな葉っぱをくわえているような・・・・


その時、お母さんがチラシのもう一方を持って
グ~~っと引き離そうとしました。

チラシは赤ちゃんの手と一緒に、少し動いただけ。

慌てたお母さんは、もう1回・・・・2回・・・・・

「お母さんが勝つか?赤ちゃんが勝つか?」

結局、赤ちゃんはチラシを”つまんだまま”エレベーターから降りていきました。

私も含めて、その光景を見守る周囲の大人たちは
赤ちゃんリキの凄さに、思わず笑顔でした!


もちろん、お母さんの手加減もあるでしょう。

でも、他人目には「恐るべし!赤ちゃんリキ!!」



そういえば、”声が出なくなる恐怖”におびえていた若き日のパバロッティーも、
宿泊先のホテルで一晩中泣き明かす”赤ちゃんの声”を聴きながら、
発声法の真髄に気付いた・・・・という話を読んだことがあります。


継続に耐えることの出来ない方法では、
けして成功へたどり着くことはできません。

赤ちゃんリキ”は、すべての人が最初に使った生来のムーブメント効果です。



年寄りの赤ちゃん返り・・・といわれますが、
それが”赤ちゃんリキ”への原点回帰だったら、大歓迎です!
[PR]
by rolferK | 2012-07-11 00:33 | Movement
youtubeをとおして初めて男子・団体「新体操」を見ました。

本当に”素晴らしい”演技です。

一人一人の動きが、男子体操よりバレエに近い印象を受けました。



[PR]
by rolferK | 2012-06-29 01:15 | Movement
ブログでリンク仲間になっていただいている”リコさん”


彼女の中で、なにか”豊かさ”が動き出したようです。

嬉しくて・・・以下、書き抜きご紹介させていただきます。
(全文はコチラ

*********
「からだの気持ち」より抜粋

(略)
競技ですから、勝たなければならないと、いつも思ってきました。
が、そのことを止めることにしました。
何を表現したいのか、どんなふうに演じたいのか
それだけを思うことにしました。


勝敗という結果では、負けたことになったのですが
なぜか、とても気持ち良い感覚が残っていました。
そう・・・身体に 


『身体の気持ち』を聞いたような気がしました。
身体が気持ち良いという状態であることが
今の自分に
必要なことだと感じました。


動いていない
動きがきたない
身体がかたい

この思いを打ち消したくて必死にがんばってきました。
もっと動こう、きれいに見せよう、やわらかくしようと。

(略)

ようやく“身体が教えてくれる”ように
なってきたのではないかと思います。


自分の意思で、意識で動かすことも必要ではありますが
本来、身体が“仕事=動き”を教えてくれるのです。


そして『身体の気持ち』を受け止めることができた時
心がオープンになり、素直な気持ちになることができるのかも・・・
そんな気がしています
[PR]
by rolferK | 2012-01-25 00:00 | Movement

紅葉 と ムーブメント

御堂筋のイチョウが日々に
鮮やかな黄色を見せてくれます。


今日は、Rolferの卵さんお二人をお迎えして、
ムーブメント・ワークをさせていただきました。

最近は年柄か・・・・若い方とのセッションがますます楽しくなってきました。



からだから湧き出る動き・・・・と表現したくなるムーブメントは、
その感覚に出会うこと自体が小さな喜びの体験です。

普段は”自我の動き”の中に隠されてしまっているのでしょう。

ゆったりと、静かに、深く、自我の意識下に隠れていた”色”が
滲み出てくるような時間です。


そういえば、「紅葉の色は、葉緑素が抜け落ちて現れる本来の色」だと聞いたことがあります。

だとすると、自我の身体感覚が抜け落ちて現れた本来の動きが
私たちを喜ばせてくれることは、
紅葉を愛でる喜びのようなものなのでしょうね。
[PR]
by rolferK | 2010-11-24 22:23 | Movement
人は、学び、知識が付いてくると

なぜか ネガティブな考え方が強くなるようです。


Rolferとして体に関わる仕事をとおして、すぐれた方々に沢山お会いします。
そして、その優れたかたほど自分の未熟に気づき、それを指摘します。

「向上を目指す」ゆえの不足(未熟)感ですから、悪いものではありません。


けれど、なぜか・・・・知ったことで、かえってネガティブな感覚を強く持たれるのは残念です。



「ああ、知らなかった」という自分を、受け止めて、許してくだされば・・・


その「知らなかった」という”気づき”は、温かな日差しのように体の隅々にさし込んできて、
そのぬくもりが 自分の中の”思い込み”を溶かしさってくれると実感しています。


その瞬間に、すでに身体は変化・向上しています。


だから、どうぞ勇気をもって、「ああ、知らなかった」という自分に気づいてください。
[PR]
by rolferK | 2010-10-23 00:41 | Movement

体が”楽器”

楽器にむかう”身体の関わり方”が、ほんのチョッとした
良い変化をしただけで、その瞬間に”音”が変わる!”響き”が変わる!!

ああ、本当に”体が楽器”なのだと実感します。

多くの名器といわれる楽器も、奏者の”身体”と共鳴してこその”音”なのだ・・と、
今更ながら納得します。
d0065364_0235757.jpg
このことを実感できたことで、
声楽家の方々、そして演奏家の方々に
Rolfingを体験していただきたい!!!と強く願っています。


特に、Advanced Trainingが終了してからは、
それまで自分自身の身体に漠然ともとめていた感覚を
かなり具体的に、そして的確に求めることができるようになってきました。

約2ヶ月に渡るTraining期間に、与えられ・受けいれた
様々な”知識”が、身体に定着し始めているように感じています。

Rolfingを体験している身体は、身体自体の”理解力”が
本当に向上しています。

Rolfingによって物理的な身体表現の可能性を開かれた身体は、
内的な感性や理解の変化をそのまま素直に反映させることを
自分の体で確認できることは、Rolferとしてとても楽しく・興味深いものです。


そのせいか、昔”苦手”と感じてしまっていたことが
今なら無理せずに”できる”ような気持ちが、何気なくわいてきます。

”できる”ような気がするから・・・・
”やってみる”・・・・と、
”できている”・・・・
以前の自分(の取り組み方)ではあんなに難しく、大変なことだったのに・・・

そんな自分自身の可能性との出会いを
沢山の方に体験していただけますように。

  *白黒写真は、
   unit KANで2010年用に作成したカレンダーの10月「身体は楽器」です。
   去年の今頃、何も知らずに選んだ写真のテーマがそのまま今の私です・・。
[PR]
by rolferK | 2010-10-21 00:30 | Movement
2010年8月10日に出版された Rolfer・藤本氏の「身体のホームポジション」です。

今日仕事帰りにようやく購入しました。
d0065364_23475257.jpg

Rolf Movementの原理や知識の上に、藤本氏の真摯な研究成果が
積み上げられ、整理され、すでに新たなメソッドとして完成されていると思います。

本当に素晴らしい内容です。

身体に携わる、あらゆる方にお薦めいたします。
[PR]
by rolferK | 2010-10-06 23:48 | Movement