思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

カテゴリ:スピリチュアル( 88 )

12月20日(日)10時~約3時間をいただいてd0065364_09330.jpg
神戸元町・ピラティススタジオ soramaさんとunit KANのコラボ企画、
Xmasチャリティー in sorama [映画で学ぶ スピリチュアルな世界]を
開催いたします。

映画のシーンをたどりながら、スピリチャルな常識を学びます

ちょうどウォルト・ディズニー映画「クリスマス・キャロル」の上映期間中でもあり、
この講座をきいてから もう一度鑑賞していただければ、
きっと感動や作品への理解も変ることでしょう。

そして、もう一つは映画「ゴースト~ニューヨークの幻~」。

企画するときに、偶然選んだ二つのストーリーでしたが、
講座の下調べをしているうちに・・・大きな共通点がありました。

約150年の時を隔てて書かれた2つの作品・
クリスマス・キャロル」の作家チャールズ・ディケンズ氏と
ゴースト」の脚本家ブルース・J・ルービン氏に
共通のインスピレーションを与えたのは、シェークスピア「ハムレット」でした。

先日テレビ放映されていた「大阪ハムレット」の主人公も
ハムレットから多くの人生観を学んでいましたね。
(映画の中の大阪弁の戯曲「ハムレット」・・誰か上演してくれないでしょうか?
最高に素晴らしかったです!!大阪弁は演劇に向いていると実感しました。)

”死後の世界を知る”ためには、やはり幽霊さんに語っていただくのが
一番確かなのですが、いかんせん夏場は”地獄編”になりかねない風潮が
あります。それも大切でしょうが・・・。

このクリスマス・シーズンは、世界中に”愛と慈悲”が広がっていて
お陰様で”天国の情報”が届きやすいのではないかと思っています。

ユニセフから世界の子供達へ、参加費を寄付させていただきます。
是非、お友達・ご家族とご参加ください。
d0065364_061761.jpgd0065364_063890.jpg




d0065364_065765.jpg

[PR]
by rolferK | 2009-12-14 00:10 | スピリチュアル
soramaさんとご一緒に、初めてのチャリティー勉強会をさせていただきます。

題して「映画で学ぶスピリテュアルな世界

お勉強の参考にさせていただく主な映画は、
「ゴースト/ニューヨークの幻」
「クリスマス・キャロル」

(一度、DVDでご覧くださいね。)

具体的な映画の場面を使って、
ご参加の皆さんの心が「愛」でイッパイになるような
スピリチュアルな世界の常識をお話していきます。

12月20日(日)10:00~13:00
参加費:自由 (ユニセフ募金に参加します)

どうぞsoramaへお越しください。
[PR]
by rolferK | 2009-11-25 01:31 | スピリチュアル
「つながる」というタイトルのブログで、私のブログと繋がってくださっている
MIZUKIさんのブログ記事に・・・

無い という環境が 有る

という言葉を拝見して、思わずご紹介させていただきます。

    MIZUKIさんのブログ記事 「やっと生まれた」


真摯に進んできたからこそ感じてきた”息苦しさ”から
一つ!大きな答えを見つけられたMIZUKIさんの
晴れ晴れとした息づかいが聞こえてくるような記事でした。

読ませていただいているうちに・・・

もしかしたら、生まれてきた赤ちゃんの”オンギャ~”という産声は、
無い という環境が 有る
と気付いた驚きかもしれないな・・・と思いました。

だとすると・・・・
生まれてくる前にあった環境って・・・・?

池川先生のご著書「覚えているよ。生まれる前のこと」を久しぶりに開いてみます・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-10-14 00:41 | スピリチュアル
神戸三宮・ピラテススタジオsoramaのkanaさんの記事を
ご紹介させていただきます。

目で見えなくても、手で触れなくても・・・・
心のどこかで”確かに”知っている感覚・・・・

「根っこでつながってる!」

kanaさんの文章のままに、共有していただきたくて。

どうぞ、 根っこで つながってる!」 クリックしてください。
[PR]
by rolferK | 2009-09-20 01:24 | スピリチュアル
まおライフデザイン研究所・・・ご存知でしょうか?d0065364_231483.jpg

放送作家、エッセイスト、セラピストなど
多才な活躍をされている 
ひらやま れいこ さんが
主催されている名古屋にある研究所です。



ある雑誌に
Rolfing大阪の記事が
紹介されたことをキッカケに、
研究所から時折”お知らせ”を
郵送いただくようになりました。

d0065364_2305831.jpg

今回はバリの少女の美しい祈りの姿に魅せられて・・・

思わず注文してしまいました・・・。

******
PR文より抜粋

般若心経の 「本当の意味」 をご存知ですか?

テーマは 「空」

「大宇宙には仏神のエネルギーが満ちていて、
         生きとし生けるものはずべては、
      同じエネルギーを内包している尊い存在であるのだ・・・・」
                                  (創作訳詩 ひらやま れいこ)
[PR]
by rolferK | 2009-09-17 02:40 | スピリチュアル
リンクさせていただいているyutaさんのブログ記事
2009-08-10 おばけなんてないさ」に
「絶滅危惧種」として”おばけ”が語られていました。
(青字はyutaさんのブログ記事より引用)

おばけは,人間の想像力が失われるとともに姿を消し,
今や絶滅危惧種となっているそうだ。

ファンタージェンみたいだ。

人間が死ぬことができるからこそ,育んできた大千世界がおばけの世界なのかな?
人間の世界とおばけの世界は矛盾せずに同じ場所に広がる。
人間の生が豊かであればおばけは復活,増殖するということだ。
想像力を失って生きる人々が増えると,おばけも住めない。

今や絶滅危惧種に指定された傘おばけや,とうふ小僧を,復活させたいものだ。


”おばけ”は”幽霊”ではありません。
なぜなら、オバケは肉体を持ったことがない存在だからです。

人間の想像の力が、かれらの生命源であり、
”幽体”とよばれているエネルギー物質がかれらのボディーです。

だから、
人間の世界とおばけの世界は矛盾せずに同じ場所に広がる。
人間の生が豊かであればおばけは復活,増殖するということだ。
想像力を失って生きる人々が増えると,おばけも住めない。

という事になるのですが・・・・

これはオバケだけではなく、もっともっと根源的な世界の”今”を
物語っているのだと思います。

”想像力”は、その「強さX時間的継続=総量」が大きければ”創造力”となり、
実際に3次元表現として現れてくるからです。

ビジネス・シーンや自己実現セミナーで頻繁にいわれている「引き寄せの法則」は
心に思い描く”想像”を”創造”へとシフトしていく方法を
経済活動などに応用しているのです。

私達は日々、一瞬一瞬にこの”創造”活動をしている存在だという事実を
気付いていない方が殆どです。

”何を考えたか?””何を思い続けているか?””何を信じているか?”の点検の
大切さを説かれた釈尊の教えは、仏教として2500年以上続いています。



今また、インフルエンザの流行が取りざたされ始めています・・・

私達人間にそなわっている”免疫力の強さ”を思い出してください。
そして、私達自身のインフルエンザを寄せ付けない”生命力”を想像をしてください。
最後に、ご自身の体への無理強いを改めて、適度な休養をとってください。
これが最強で確実な予防法になるはずです。


I bilieve fairy ・・・・ I do!I do!
(僕は妖精を信じるよ!・・・・僕も!私も!)
死にかけたティンカー・ベルは、みんなの信じる力で生き返りました。

私達の生命力も”よきことを信じる力”で復活することを
一人でも多くの方々が思い出してくれますように・・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-08-30 04:27 | スピリチュアル
たしか・・ヘーベルハウスという住宅の宣伝だったと覚えています。

素敵な二階建ての家の映像に、お父さんと男の子の会話が聞こえています・・。

男の子はビックバンの前の”宇宙の始まり”をお父さんに尋ねます。

 お父さん:それはね・・・・・(会話が遠のく)・・・・(そのままコマーシャルも終わる)


”お父さん”の答えをききたい!と、
そのコマーシャルが流れるたびに思いました。
そして、今でも思い出しては そう思っています。

Rolfingにめぐり合って、身体というフィールドに立つと、
その根底には”宇宙”や”地球”と同じ「成り立ち」を感じずにはいられません。


小さな子供達は、時として「根源的な問い」を親に投げかけてきます。
私もそのような沢山の「問い」を与えられました。

それは、親が全てを知っている存在に思えるからなのでしょう・・か?
それとも、”遠い昔”を忘れかけてしまっている大人へのプレゼントなのでしょうか・・?

私にとっては、その子供達の”問い”の数々が、今の私を育てる原動力になっていたことに
気付くようになりました。

子供は、親を愛し 親の成長を助けるために 誕生してくるのだ


7月7日・・七夕の日に、私達がことさらに”宇宙(そら)”を思うのは
本当は”懐かしさ”からかもしれない・・・・・と昔感じたことを思い出しています。

************(7月8日0時 追記)**********
上の記事を書いて、約20時間後・・・
「Yahoo!智恵袋」というコーナーで「宇宙の始まり」についてのコメントを
特集していました。
(検索の欄に「宇宙の始まり」を入れてください)

7月7日・・・は、やはり「宇宙を思う日」だったのですね・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-07-07 02:09 | スピリチュアル
***お礼とごあいさつ 6月25日記***
先日開催いたしました「スピリチュアル講座”病気編”」へのご参加に
心からお礼を申し上げます。

今回初めて、基本からスピリチュアルを学ぶ機会を頂き
伝える事の重要性と難しさと楽しさを一度に感じさせていただきました。

この秋からは、大阪スタジオで”ワンデー・ショップ”としても
開催して参ります。

丁寧に、十分な時間をかけて、スピリチュアルな理解力を
育てていただければ幸いです。

本当に、ありがとうございました。

************


前回のスピリチュアル講座”親子編” に続き、
スピリチュアル講座”病気編” を
開催します。

前回の”親子編”では、”魂としての繋がり”や”生まれてくる意味”など、
どちらかといえば哲学的・精神的な側面を
スピリチュアルな視点からお話させていただきました。

今回は、ずばり”病気”編と題しておりますので、
スピリチュアルの物質化現象もふくめて
「病気は何故できるのか?」という視点を主に学んでいきます。

”健康”であるということの意味を
あらためて感じ取っていただければ・・・
そして少しでも感謝の気持ちをより豊かにしていただければ・・・・

と、心から願っています。

6月21日(日)10時~13時 神戸・三宮 sorama
お問い合わせ・お申し込みは スタジオ・sorama

今回の企画をしてくださったsoramaスタッフの皆さん、
心からありがとうございます。

****

ところで、思いがけず・・・

昨日「臓器移植法 改正A案」が、衆議院で可決されました・・・。

前回の講座で、ふれようかどうしようか・・・と迷っていたまま、
時間切れで”資料”としてお渡しさせていただいたままの問題です。

今回の講座では、皆さんご自身が”提供者”になる可能性のなかで
(A案は日本国民すべての方々が、脳死=死亡=提供の可能性)
ご一緒に考えていただきたいと願っています。

本当のことを、当たり前の情報としていく勇気が
今こそ私たち普通の人々に必要なときがきたのだと思っています。
[PR]
by rolferK | 2009-06-19 21:32 | スピリチュアル
d0065364_1434718.jpg

待ち遠しかったDVDが、AMAZONから(4日)夕方届きました。

そして・・・4日~5日の日付変更を
私も大気圏外で過ごしていたように感じています・・・。

Ron Howard監督(映画:『アポロ13』監督)のメッセージ
d0065364_1422322.jpg
地球の中に育まれている時には
見ること(気づくこと)のできなかった”大切なもの”を
彼らは伝えようとしています。







もうひとつ・・・・
故・ジョン・F・ケネディー大統領のアポロ計画への演説に
今の日本にたりないものを強く感じました。

”100年先の夢:未来像”・・・明治維新に100年先を夢見た人々の夢は
すでに叶えられているでしょう。
そろそろ次の100年先を夢見ることが大切なのではないか・・と感じます。
[PR]
by rolferK | 2009-06-05 01:44 | スピリチュアル
思いがけず・・・・

スピリチュアル講座”親子編” という未知の講座に
10名以上のお客様がいらしてくださいました。

本当にありがとうございました。


皆さんのスピリチュアルな感性の確かさを
とても嬉しく・頼もしく感じさせていただきました。

未来・・・という、これからの世界を生きていく”若い女性”が
スピリチュアルな感性を豊かにもっていてくださることは、
もしかしたら”国の宝もの”といえるかも知れません。

女性(の心)が豊かである国は
きっと豊かに発展する・・・・のですから。

今回の企画をしてくださったsoramaスタッフの皆さん、
心からありがとうございました。


次回は6月21日(日)に”スピリチュアル~病気編”と題して
健康・病気についてお話してまいります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

*****今日の神戸は、人々の表情が”明るさ”を取り戻していました。
        豚インフルエンザも、きっと遠のいていく事でしょうね。
        
[PR]
by rolferK | 2009-05-31 19:01 | スピリチュアル