思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

カテゴリ:スピリチュアル( 88 )

念願の「スピリチュアル講座」を開催させていただきます。

Rolferというお仕事を始めて、
”いつか必ず・・・”と願っていた講座です。

神戸元町・ピラティス・スタジオSORAMAさんで生理学講座の折に
「真面目にスピリチュアルなお話をしたい」と口にしたことを
SORAMAスタッフのご協力とお客様のご要望で実現の運びになりました。

なんて嬉しい事でしょう!

日本は本来とてもスピリチュアルな精神風土を持っているのですが、
残念なことに内容的な整理がまったく手付かずで情報が混沌としすぎているようです。

これからは、WHO(世界保健機構)的見地からしても
スピリチュアルの情報抜きで健康や心理をかたることは
なくなってくることでしょう。

つまり、スピリチュアルとスピリチュアル的発想は科学の一分野になると考えています。

もうすでに始まってはいますが、例えば「倫理」のなかにも
スピリチュアルは当然反映するでしょう。

知らないからやってしまった・・・
知っていれば違う選択もあったのに・・・・

そうした後悔を残さないように。

そして、知ったからこそ・・の喜びを一つでも多く
皆さんと味わいたいと願っています。

開催の詳細はスタジオSORAMA
[PR]
by rolferK | 2009-05-23 00:06 | スピリチュアル

お風呂でもテレビ?

電気製品・・・は定番の扱いも”苦手”な方です。

それでも、主人のお供でときおり大型電気店にいく時があります。

たま~~に行く者にとっては、まるで”竜宮城”かなにかのようで、
色とりどりの新型機種がキラキラ・ピカピカと、賑やかに並んでいます。

その中に、ちょっと気にかかったものがありました。

「お風呂でもテレビが見られる・・・ワンセグ機能」とかいうもので、
さっきまで見ていた番組を、そのままお風呂で続きが楽しめますよ・・・と。

チョット待って!これは”誰かのたくらみ?”と感じてしまいました。

現代はストレス社会だ・・・とか
情報の氾濫だ・・・・・とか
思考の停止だ・・・・とか

いろいろなことが非難めいて言われている現代のなかで、
日本人が継続しているとてもすばらしい習慣は
(大方の方が)独り静かに「お風呂に入ること」だと思っています。

裸の自分が、裸の心で 
湯船のぬくもりを感じながら
深々と息をついたり
自分と向き合える
大切な 一時・・・・

そうした”お風呂の時間”をもつ事を、
少なくとも1日に1回 習慣的に行っていることは
ある意味で”瞑想や止観の予備練習”を習慣化していることではないかしら・・。

実際に、多くの著名人の方々が”お風呂”の時間を
ご自身のために大切にしておられるのは、けして清潔のためだけではないと
著書などからうかがうことができます。

インスピレーション・・・という”宝物”を受け取るための大切な時間だと
私も思っています。
[PR]
by rolferK | 2009-04-11 23:21 | スピリチュアル
何でも、”ある一定の思いの強さ”をもつと”実現化”が早まるって本当ですね。

産経新聞の記事に感激してブログにしたとたんに、
そのプラネタリウムにいけました・・・・。

感想は・・・「上質な落語」という感じです。
そのココロは・・・・翌日にフッとくるでしょう。

CGの内容と視覚的情報量は、凄いものがありました。

個人的には、正味15分くらいに思える”あっという間の”上映時間と
上映の間に聞かなければならない”解説”が、「感覚的」な満足感を目減りさせているように
思います。

終了後に、周囲から聞こえていた・・・「なんか、宣伝にだまされちゃったみたいだね・・・」
という会話も、実は私のその時点での”不満足感”を表しているようで
けして否定できないな・・・と聞いていました。

ところが・・・です。
一晩の間に、なんだか知れないのですが・・・・”凄い体験をした”んじゃない・・・?
という感覚がだんだんと強くなって、今に至っては
解説には耳栓をしてでも、もう一度ジックリあの世界に浸りたい!とも思っています。

泡のような”宇宙の始まり”・・・・
光の創造、光の集合、光の合体・・・・そして光から物質が創生され、
その「物質は宇宙と私達を形作っている。
そして、青い地球はまるで宇宙という生命体の一個の細胞そのもののようでした。

断じて、解説が悪いのではありません。
ただ、感性の世界だけでドップリと感じたい・・・・例えば「銀河鉄道の夜」のように。

CGにあわせてエンヤの曲が流れるあたりは、もうなんだか涙ものなんですが、
それもあっという間に解説にかき消されて、せっかく全天型の映像に全身が
包まれているような錯覚に引き込まれようとしているところを、
現実に引き戻されてしまうような残念感を幾度も感じてしまいました。

それがとても残念です。

でも、それを取り除ければ・・・・視覚からは、広大な宇宙の胎動が伝わってくるようで
三半規管が無重力に対応しているような・・・そんな感じもしました。
つまり、浮いているような、漂っているような。

もし、次回行く時は「強力・耳栓」を持参してみようと思います。
[PR]
by rolferK | 2008-05-17 20:49 | スピリチュアル

「心の声」を聞く”耳”

幼い子供や少し痴呆をおびたお年寄り・・・・

そうした”弱い、ナイーブな存在”は、なぜかしら
人の「心の声」を聞くことのできる”耳”をもっている様に思えます。

私達が「言葉」として発しなくても、「心の中の思い」として語っている言葉を
本当に聞こえているように反応してきます。

ガーデニングの植物や我が家のネコたちも、同じようにその声を聞き分けますが、
その声を聞いた後の人間の反応はとても複雑で、聞かれていることに気付けないほどです。

実際に音声として耳で聞いた言葉が物理的なパワーをもつように、
心に思った言葉も、繰り返されていく中で大きなパワーを持つようです。

そのパワーが、抵抗力のない「幼い子供や少し痴呆をおびたお年寄り」に
思わぬ影響を与えているのではないでしょうか?

もしそれが、否定的なマイナスの破壊力をもつような思いだったら・・・・・!

何よりも、そうした思いは語っている本人の身体の中で”こだましている”のですから、
体力があればこそ平気を装う事ができるようなもので、
もし抵抗力が落ちれば、本人自身の身体をも蝕んでいるに違いないのです。

「心の声」を聞く”耳”・・・があるということ。

それが、積極的なよき思いを出し続ける事の大切さを教えてくれていると思っています。
[PR]
by rolferK | 2007-11-11 01:29 | スピリチュアル
from TREES
I think that I syall never see
A poem lovely as a tree.

A tree that looks God all day
And lifts her leafy arms to pray.

木のような 美しい詩に

わたしは 出会ったことが

ないであろうと思う。

木は 一日中 神に向かい,

祈るために 葉で生茂った腕を 差し上げる。

・・・・・

そして,その木漏れ日を,

そよぐ風を,

ミドリの香りを,

私たちは感じながら,

吸い込みながら,

生きているんだろう。

・・・・・

一目見て、あまり美しい詩だったので、yutaさんから無断拝借しました。
これからご挨拶に伺います。
yutaさんのブログはコチラです。
[PR]
by rolferK | 2007-08-04 02:23 | スピリチュアル
7月18日(水)朝・・・・・。

仕事に出かける身支度や、留守宅への手配など・・・朝寝坊な私には、盛り沢山な朝が
過ぎる中、フっとよぎった言葉・・・・・

あなたの理想に近い人たちと交われ

その言葉が胸の中でこだましたまま、南森町からセッションルームへ
歩いていること自体が心地よく感じられました。
d0065364_0582572.jpg
そうしたら!帰宅した郵便ポストに
”ひらやま れいこ”さんから
郵便物が届いていました。

面識もな~~んにもない私達を、
小さな広告から拾い上げて
わざわざのご挨拶と”素敵なプレゼント・(あなたがいるだけでしあわせ)”
を送ってきてくださったのです。
*2枚の映像は「あなたがいるだけでしあわせ」の表紙と
 33番目のメッセージです。
 日めくり型の見た目に可愛い、でも内容はガッチリ濃い。
 ・・・・アレ?表紙のネコは「家のアマとタマ」?・・・・

この場を借りて、本当に有難うございました。
そして、皆様にも”ひらやまれいこ”さんのHPをご紹介させていただきます。

実は今日の今日まで”ひらやまれいこ”さんが、いかなる人物で、いかなる仕事を
なしている方か・・・存じませんでした。すこ~~し、お名前を聞いていたくらいです。
d0065364_0585599.jpg
HPをみれば、多方面にご活躍!!それも、とてもユニークで魅力的です。

いただいた「あなたがいるだけでしあわせ」を拝見していたら、
なんだか聞こえてきたんです。
子供の頃に大好きだった”森永エンゼル”のコマーシャル・ソングです♪
♪だぁれも いないと おもって いても・・・♪(著作権危ない)
♪ちゃんと、ちゃんと、ちゃんと、ちゃんと。ちゃ、ちゃ~~んと♪
♪ながめてる~~~~♪

本当に、私達は「独りぼっち」なんかじゃない。目にはみえないけれど、
きっと応援団がいてくれるのです。
[PR]
by rolferK | 2007-07-19 01:12 | スピリチュアル
久しぶりに妹から”凄い映像”というタイトルのメールが届きました。
d0065364_1194290.jpg
何が凄いのだろう・・・?と明けてみたら、本当に”凄い”と思う映像でした。
と同時に”あ、これは右目だな!”と思いました。
よ~~くみると、目じりと目頭がちゃんとあるのです。

(この地球は”神”の右目にあたる・・・ときいていますが・・・。
これからの地球にむけてAmazing Graceのメッセージでしょうか?)

以下、メールにあった説明の一部です。
NASAハッブル宇宙望遠鏡にて撮影の映像。
「神の目」とよばれ、3000年に一度といわれる大変珍しい現象。
”この目を見つめる者には多くの奇蹟が訪れる”といわれており、
見る者がこれを信じる信じないに関わり無く、
7つの願いが聞き届けられる・・・といわれている。

ふ~~ん、凄いんですね。
ハッブルの天体望遠鏡で写されるような現象を、過去の人々がどのようにして
知りうる事が出来たのか?・・には、なにも説明がありませんが、
こういう時私は・・・・いつも”そもそも・・・・・”と思い始めます。

つまり、今私達が学校教育をとおして共有している「歴史」や「一般常識の知識」
そのものが、本当に全て正しいのだろうか?という思いから始まるのです。

もし、不確実な”仮定”を”常識”として学んでいるとしたら(たとえば、天動説のような)
現状の科学的見地からはバカバカシイ!で片付けられてしまうものの中に、
”本来、常識であるべきもの”が数多くあるのではないかしら・・・?と思っています。

未来は常に”現在よりもよきもの”であって欲しいと願い続けていますが、だからといって
”過去はすべて今より劣っていた”という理由にはなりえない・・と思っているのです。

私達が知っている事は、ある方面では”過去最高のレベル”かも知れませんが、
全く別の方面から見たら”過去最低のレベル”になりうる危うさも知っているべきでは
無いでしょうか?

そうでなければ、私達は傲慢でエゴイストになってしまう可能性の方が多くなるのだ
と考えています。

この美しい「神の目」は、宇宙のかなたから私達”地球人”のなにをご覧に
なっているのでしょう。
今の地球上の様々によどんだものの中に、美しい「愛の輝き」をお目にかけることが
出来ますように!

7月7日七夕の夜・・・私の心を恥じることなく、空を見上げることが出来ますように。
[PR]
by rolferK | 2007-07-06 10:59 | スピリチュアル
先ほどから稲光と雨が続いています。

最近、地球環境問題とくに「温暖化傾向」への警鐘が強くなってきているせいか・・
今夜の”雷”は凄みを感じます。

ところで、私は地球は「生命体」であると感じています。

特にrolfingを学んでからは、人間の生理学的な要素を地球にもよく感じます。
逆に人間を地球に置き換えてRolf Movement的な理解を深めたりもします。

「地球温暖化」で取り上げられているCO2(二酸化炭素)を考えると、
地球自体が「自律神経的システム」をもっているように思えます。

人間の自律神経には、代謝促進の交感神経系と代謝抑制の副交感神経系がありますが、
地球を1人の人間の身体としてみると、現在人間がなしているエネルギー消費は
地球にとってのストレス過剰であり、これに対する生体反応が必ずあるはずです。

小学校の理科実験で、「CO2は水に非常によく溶ける」ということを学習しました。
食品では炭酸飲料ですね。・・・ちなみに、人が炭酸飲料を飲むと「副交感神経系」が
活性化します。ですから、安保先生曰く。ストレスの多い人は炭酸飲料が大好き!

地球は長い年月をかけてCO2を”固体”と”液体”に貯蔵・保存して、空気中のCO2濃度の
バランスをとってきました。”貯蔵・保存”は副交感神経系の反応です。
CO2の固体保存には主に”植物”が関与し、CO2の液体保存には”海”が
その殆どの役目を果たしてきました。そのほかに、”石油”という”地球の脂肪”にも
多く含まれています。

20世紀、人類はこの固化されたCO2である石炭(もと植物)と石油(地球の脂肪)を
ふんだんに消費してきました。”代謝・消費”は、交感神経系の反応です。
残念なことに、協調システムとしてあるべき回収(貯蔵・保存)システムを見落として来ました。
更には、有力なCO2固化の担い手である植物(特に森林や原始林)を伐採してきたために
地球の空気中のCO2濃度が急激に増えました。

現実では、このCO2の「温室効果」のために極地の氷が解氷して、世界規模の
水位の上昇を招いているのですが、けれどこれも逆転の発想で考えれば・・・
地球のCO2回収システムとしての”海”が、CO2の増加にあわせて”固体化した水・氷”を
”液体化した水”に変態させる必要があるからだとも思えます。
(固体化した水・氷ではCO2が溶解しませんから)

もし、そのまま地球の生体反応だけにまかせておけば・・・たぶん、CO2を吸い込んだ
水を固化するために”冷却”反応=極の拡大化・・・を起こしてくるのではないでしょうか。

だとしたら、地球の治癒のために・・・・ここで安保先生の理論でいきますと・・・・・・
まず、1:偏った生き方を改める。つまり、人間がCO2を多量につくるような偏った
エネルギー使用を改める。(こんな時間にPCを使っているようなことは
自分の健康上もよくありません!)
2:地球の生体反応を援助する。つまり、CO2の回収を手伝う。・・・ということになるでしょうか。

1:に関してはすでに様々な研究が進められていますし、特に太陽エネルギーをふくめた
クリーンエネルギーの開発は豊かな市場として有望で、すでにアメリカ・シリコンバレーは
グリーン・バレーと呼ばれているようです。

2:に関しては文字通り”グリーン・緑=植物”特に森林の復元というのがありますが、
これだけでは成長を待つ間の問題がありますね。

それで、以前に配布された宗教機関誌にのっていた当時”小学生”の素晴らしい発想を
思い出しました!

それは空気中のCO2を『ドライアイス』にして利用する冷房システムでした。

記憶が間違っていなければ・・・・、昼間の太陽エネルギーでドライアイスを作る
ビル全体の循環型冷房システムだったと思います。

今思うと・・・凄い!!!!発想ですよね。

もし、それがここ数年で実用化されれば、森林の成長を待つ間にも地球のストレスを
軽減すると同時に、わたしたちの生活の質の向上にも繋がるでしょうね。

どこかの家電メーカーさん!チャレンジしてください!
[PR]
by rolferK | 2007-06-09 02:24 | スピリチュアル
Rolfingのクライアント・Kさんから素晴らしい”詩”を
送っていただきました。
多くの方々と共有したい!!と願って送ってくださったのです。

私も・・同じ思いで、ブログに掲載させていただきます。

どうぞ、ご一緒に味わってください。

Kさん、本当に有難うございました。

**************************
Kさんのメールから~

主人がヨガの教室で貰ってきたフリーペーパーに載っていたのです。
昨年暮れに急逝したというサンディエゴのヨガのインストラクターの追 悼の記事でした。
彼がいつも皆に見せて回っていた一枚の布に印刷してあったそうです。

私もROLFINGを通してこうなりたいと思います。
(和訳はなくても・・・と思ったのですが、記事についていたものに修 正を加えてみました。)

OPTIMIST CREED
楽観主義者の信条

promise yourself
自分に約束しなさい

To be so strong that nothing can disturb your peace of mind
どんなことにもあなたの心の平和を乱されないように強くなること

To talk health, happiness, and prosperity to every person you meet
あなたの出会うすべての人と健康と幸福と繁栄について話すこと

To make all your friends feel that there is something in them
すべての友に自分には何かしらの特別なものがあると感じさせること

To look at the sunny side of everything and
make your optimism come true
物事すべての良い面を見てあなたの楽観主義を実現させること

To think only of the best, to work only for the best,
and to expect only the best
(物事を)ひたすら良い方にのみ考え、一番良くなるように努力し、
一 番良くなると信じること

To be just as enthusiastic about the success of others as
you are about your own
他人の成功を自分のもののように熱望すること

To forget the mistakes of the past
and press on to the greater achievements of the future
過去の失敗を忘れて未来のより偉大な達成のために邁進すること

To wear a cheerful countenance at all times
and give every living creature you meet a smile
常に機嫌良く、生きとし生けるものすべてに微笑みかけること

To give so much time to improvement of yourself that
you have no time to criticize others
他人を批判する時間がないほど自分自身を向上させるために時間を費や すこと

To be too large for worry, too noble for anger, too strong for fear,
and too happy to permit the presence of trouble
心配せずおおらかに、怒らずに堂々と、畏れずに強く、困難があっても 幸せでいること
[PR]
by rolferK | 2007-05-19 21:19 | スピリチュアル
美奈さんが、家具の移動・・・という日常生活の一こまの中で、
本当に深い深い「愛の形」を記していらっしゃいました。

あまりの感動に・・・・今回は、リンクの形でご紹介です。

でも、大切な一言をそのまま以下に写させて頂きました。

美奈さん、本当に有難うございました。

*******************
美奈さんのブログから

『お引越し』~より抜粋~

愛のかたちにこだわっていたのは私。
こんな愛情が欲しい、こんな愛情はおかしい、
私は愛されていない、そんなことを思って
不満ばかりでした。
でも、欲しくても欲しくても得られないと思っていたものは、
すでに自分の中にあった・・・
物質というかたちになって私のそばにいつもあった。
そのことに気づきました。
[PR]
by rolferK | 2007-04-19 23:08 | スピリチュアル