「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お二人とも往年のミュージカル・スターです。(写真・左ジーン・ケリー、右フレッド・アステア)
d0065364_2152134.jpg
Rolf Movement(以下RM)で、よく対比されるダンサーでもあります。

RMで動きを語る時、その人固有の動きの中のパターンをみますが、そのひとつの捉え方として 個人のもつ「オリエンテーション・身体のもっている方向性」を「Ground とSky」の2つに分けて見るのです。
d0065364_21525534.jpg

先日も上六のRMクラスで、ゲームの一環として この実験をしてみました。
やってみて驚いたことは、ゲームの組み分けをするための「グー・パーじゃんけん」の段階からはっきりと「Ground とSky」のグループが出来ていたことでした。

本人は何気なく選択したつもりの「グーとパー」が、クラス単位でみれば、そのまま「Ground とSky」の組み分けになってしまっていたのです。
今回が偶然そうだったのかもしれませんが、もうひとつ同じようなことがありました。

それは、「Ground とSky」の異なったパターンをもつ人たちがいるにも関わらず、”That”と
指さしをするときの動きのパターンが全員「Ground」だったことです。

この”Thatの指さし”をBoulderのRolf研究所で行ったときは、東洋人と”武道”(太極拳・
カラテなど)をしていた白色人がGroundで、多くの白色人(特にダンスやバレエをしている
人)が「Sky」の動きでした。

「Ground とSky」のパターンは、けして生まれたまま定着しているのではないのです。
成長していく過程で獲得してきた「教育や訓練・文化」によって、個人としても一定のパターンとしての共通性を身体にもってしまっていることを強く感じさせてくれました。

こんなこと・・・とも思うのですが、自分という人間の「動きの前にある動き」(この場合はGround とSkyのこと)によって「個性」が生み出されているという面があることに気づくのは、
けして無意味ではありません。
それもまた、知れば自分の「資源」として理解することができますから。

で、ジーン・ケリーは「Ground 」、フレッド・アステアは「Sky」であるということが、どんなことか・・を 今日はDVDでじっくりと楽しみました。
RMクラスの皆様にも必ずご覧にいれますね。お楽しみに・・です。
d0065364_21584728.jpgd0065364_21591815.jpg
ところで、それではワタシが勝手に「日本のバリシニコフ・・」と思っている熊川哲也さんとミハエル・バリシニコフさんは どうなんでしょう・・?と次のお楽しみが出来てしまいました。
[PR]
by rolferK | 2006-01-30 22:03 | 舞踏・身体表現

女性の「生理」の時

ときどきクライアントさんからご相談を受けるのが、「生理中のRolfingセッション」について
です。

随分前に予約を入れて「さぁ、明日・・」と思ったら生理が始まってしまって・・・と、本当に
申し訳なさそうにお電話をいただきます。
今日もおひとり、ご連絡をいただきました。

大抵の方は、「痛みも少ないし、大丈夫だと思うんですけど・・・?」と、一応念のための
相談をしてくださいます。
日頃からの、私達のご説明が不十分だからですね。

そんなわけで、ブログに来てくださる皆さんにも「女性の生理」のことをもう一度お伝えしたくて
ここに書かせていただきます。

第二次成長からスタートして、もう10年以上もお付き合いをしていると、私達女性にとって
「生理」は病気でもないし、よほどの痛みがない限りは「特別扱い」はしないものです。
メンタル的にはそれでいいし、そうできるくらい普通に過ごせるのがなによりですね。
女性であるから「あたりまえのこと」であるのは、とってもいいことです。

でも、やっぱり「特別」な出来事でもあります。

第一に生理は「小さな出産」・・いずれ迎える出産のための身体的な練習の時間です。
ですから、女性の身体のあらゆるものが微妙にバランスを変えています。
骨盤といわれる構造もしかりです。

そして第二に、「出血」それもかなり多量の出血をし続けているのですから、「傷ついている」
のですよね。

ちょっとしたトゲが刺さっても、少しの切り傷でも、「傷」は痛いものです。

まして、出血がおさまらない状態でいるということは「現在進行形で傷ついています!」と
カラダが教えてくれているようなものですね。

それなら、私達女性の対応としては日頃以上に「自分をいたわる」ことが求められているので
はないでしょうか?

「いたわる」ということが 大袈裟になってはいけませんが、それでも「いつもより少し大切に
扱ってあげる」のは当然のことのように思います。
一生毎日続くのではありません。一月のほんの数日を「自分をいたわってあげる時間」にして
もいいですよね。

女性が家庭の中から、男性が築いた「社会」に進出していったことで「大きな損」をしている
ところは、実はこうした「本質的な身体の違い」を持ちながら「男性と同様の行動」を自分に
強いることを 当然のように思い込んでいることかもしれません。

「女性」はやっぱり「女性」です。
骨や筋肉自体だって、やっぱり「女性のもの」は「女性」なのです。決して同じではありません。

それに学校では教えてくれませんが、スピリチュアル(霊)的にみれば、「生理中の女性」は
霊的なパワーが衰えているのだそうですよ。
ですから、そんなときに心身ともにストレスフルな環境に出て行けば、普段ならなんとかこな
せるものでも、とてもダメージとして受けやすい状態になっているのですよね。

そんな自分が自分をコントロールしにくくなって、かえって自分も他人も辛い思いにしてしまう
ことも あるかもしれません。

それなら、一歩ひいて「自分をいたわることは、皆をいたわること」と思って、すこ~~し
ユッタリ気分で生活してみてはいかがでしょう。
・・・・ということで、セッションは延期になりました。(ようやく今日の結論です。)

昔から 女性の横たわる姿は芸術的な美しさがあります。
ということは、女性本来にそうした「体勢」がよく似合う「素質」があるということです!

百獣の王ライオンと同じ。だれてる・・もとい!くつろいでいる姿も「様になる」ような女性に
なりたいな~。
[PR]
by rolferK | 2006-01-29 21:59 | マタニティー&キッズ Rolfing
25日水曜日。

上六近鉄のRMクラスを終えて、梅田のセッションルームへ向う途中にハーゲンダッツに
寄り道しました。

最初からそのつもりではなかったのですが、銀行の用事でタマタマ通った道筋にお店が
あったのです。
気になりながらも、一回は通り過ぎたのです。でも、どうしてだか・・・いつになく「おいで~、
おいで~」と誘われているようで、なんだか無碍には断りきれない引力に引かれてUターン
してしまいました。

大好物の「ラムレーズン」と・・今日は「リッチミルク」をダブルのカップで注文したのですが、
これまた今日に限って「欲ばり」な私が、本人の断りもなしに「あ、もうひとつ・・オレンジも入れて、トリプルにしてください!」なんて気前のいいことを言ってしまいました。

その時、売り子のお姉さんがニッコリ笑いました!
(あ、やっぱり。おばさんがトリプルはちょっと恥かしかったかな~・・)と思ったやさきに、その
お姉さんがとっても優しそうに「あと10円足していただきますと、今日は5種類のアイスが
召し上がれますよ・・!」というのです。

「え、5種類ですか・・・・!!」思わず、「それじゃ~」と迷った挙句、もうひとつラムレーズンと
ミルクティーを足して、なんと650円!!!でした。

こんな一度に、たんとハーゲンダッツのアイスクリームを食べたのはBoulder生活以来です。
d0065364_37398.jpg
そういえば、大家さんの奥様のルーさんに
  「日本人は、どうして太らないのかしら・・・?」
と訊かれて、
  「日本ではアイスクリームが高くて、お腹イッパイ食べられないんです!」と説明したら、とても納得して同情してくれましたっけ。

5つで650円はまだまだ高めですが、日本では画期的な安さでしょう。
ハーゲンダッツさん、ありがとうございます。
ちなみに、毎月5日15日25日の5のつく日のサービスでした。

(Boulderのスーパーのチラシです。日本でいうホームパック・サイズが一個350円くらい。
大安売りだと、2個で600円くらいですから、ひとりでホームサイズを食べても大丈夫。
だから太るんですね~。アイスは高いほうがイイのかもしれません。)
[PR]
by rolferK | 2006-01-26 03:17 | 季節・ガーデニング
なんだか 訳の分からない題名になってしまいました。

今から20年以上も前になりますが 長男が未だ1歳を迎えていない頃、家のすぐそばを
通るJRの単線にそって、広々とした空き地がありました。

長男をお腹に宿して迎えた初めての春に、その空き地は一面の「レンゲ草とシロツメ草」の
絨毯でした。
それを見たとき、「子供が生まれたら、毎年の春を この空き地で遊ばせよう・・」と心がワク
ワクしたのです。
そして、その年の夏に長男が産まれ、ようやくお座りができる頃に「レンゲ草とシロツメ草」の
絨毯の上でキョロキョロと周りを見渡しました。「来年は、きっと遊ぼうね!」そういいながら
長男を抱きかかえたことを 覚えています。

けれども、それからスグに その空き地は「児童公園にする」ために しっかりと閉鎖され、
そして随分すぎて放置自転車の集荷場になり、そして十数年近くを経て「舗装された道のあ
る児童公園」になって 今に至っています。

そんな中で、無謀にも 私はこんなことをよく考えていました。

近くに、そう天王寺動物園くらいのところに、天王寺動物園くらいの大きさの、広々とした
「プー横丁のある森」があるといいな・・・。
いっそ、天王寺動物園が「プー横丁」になって、その中には「小川」が流れていて、裸足で
駆け回る草原や小山があって・・・向こうにはトラとゾウとキリンとカンガルーや小さな動物が
いて、子供の遊びを一緒に楽しんでくれるお兄さんやお姉さんもいて、ドロンコになって遊んでも 帰りにはシャワーですっきりお着替えが出来て・・・・一日を思いっきり「カラダ」で遊べるの!!!!

お受験中心の幼稚園では 叶わない夢をイッパイ描いては、一日一日の家庭での仕事に
追い立てられるばかりで、そうしてあげられない自分が悲しかったこともありました。

それでも、子供たちは「それなりに」立派にハタチになってしまって、もう「プー横丁計画」を
描くこともなくなりかけていたのです・・・。

ところが、本屋さんで「ナナムイびと・3」を何気なく手にして開いたページに、私が見たかった「幻のプー横丁」が写っていました。それは京都・朱七保育所という保育園の風景でした。

写っている全ての子供から発散された「生きる喜びとエネルギー」が、本当に素晴らしくてどうしても皆さんにご紹介したかったのです。
[PR]
by rolferK | 2006-01-24 03:45 | スピリチュアル
d0065364_3301249.jpg突然の英語ですが、このフレーズの日本語は「このよでいちばん すきなのは・・」というロングセラー絵本です。

「Cook and eat. Eat and cook.Yeah!」(「お料理すること 食べること」)
そうです、あのグリとグラが英語でお話するのです。

ゆったり、まったりとした優しさあふれる男性のナレーションに、可愛い二人の子供たちが
グリとグラになりきってイキイキとお話をしてくれます。

大好きな絵本の世界が またさらに大きく広がっていく感覚がしました。

日本語の世界を全て英語(外国語)に翻訳することは不可能ですが、グリとグラの世界は
初めから世界中の子供たちとつながっていたことを 「英訳」の輝きが改めて教えてくれました。

グリとグラがこの世に誕生して、すでに40年が過ぎています。
けれどもその後につづいたシリーズより、やっぱり一番初めのグリとグラはより大きな生命を
もっているように感じます。

そして、私はもう20年も前に子供と読んでいたときの「言葉のリズム」を、今もそのまま暗唱
することができます。
毎日、毎晩。子供たちにせがまれて読み聞かせたグリとグラの言葉のリズムは、きっと子供達の中にも流れているに違いありません。そうして、子供は心と言葉を蓄えていきました。

そして今、私は子供のように英語を蓄えているところです。
d0065364_3325246.jpg
My name is Guri. And my name is Gura.
And what do you think we like to do best?
Cook and eat. Eat and cook. Yeah!
Guri and Gura, that's us.

[PR]
by rolferK | 2006-01-21 03:33 | 映画・音楽・書籍
主人が50歳になったお祝いも兼ねて?娘と三人で「The 有頂天ホテル」に行ってきました。
d0065364_18583797.jpg
私が子供心に憧れた皇居前の「旧・帝国ホテル」を思わせる旧館と、その後ろにそびえ立つ新館がとても立派なホテルです。
その日は大晦日で、新年を迎える「カウントダウンパーティー」を前にホテル中がわきたっていました・・・・・。

というところから始まる三谷幸喜監督・脚本の映画「The 有頂天ホテル」です。d0065364_19262345.jpg
ストーリーは見てのお楽しみ・・ですが、今まで見た三谷作品「みんなの家」「ラヂオの時間」「笑いの大学」にもまして深い面白さが 心に残りました。

いい意味で「古きよき時代の笑い」がいっぱい詰まっているようで、私の中で「世界に知って欲しい作品」です。少なくてもアカデミー外国映画賞はどうかな~~~と思います。
きっとリメイクのお声がかかってくることでしょう。本当に人が「幸せ」になれる「笑い」ですもの。
会場のお客様も、日本の映画館にしては「明確に」「みんなで一緒に」笑い、静まりかえりました。その一体感も、映画なのに「舞台」のような感覚がありました。

アヒルさんも含めると、26人のメインの人物が大晦日の夜を織り上げていくのですが、
カメラワークがシーン毎に移動してしまっていても、それぞれの人物の「みえない存在」を感じ続けていました。もし、そのカメラがふっとターンすれば、いつでもそこに「別の主人公」が存在できるような、映画を見るということ自体にそうした眼差しを持ち続ける力がありました。

それは「人間の世界そのまま」なのだな~と、帰り道一番深く思えたことでした。
世界はいつでも「自分という名の主人公」がいて、誰一人「脇役」という役がない。
その主人公達が、それぞれの立場で存在し・行為をなしているのが、私達の知っている「世界」なんだな~~と、改めて思ったのです。
d0065364_19304372.jpg
ところで、ホテルにはとても素敵な4つのスウィートルームがありました。


d0065364_19313019.jpg





今日の私でしたら「クロフォード」がいいですね。



それから、「サンタ人形」と「オダギリジョーの配役」には、かなり「脱帽」です。
d0065364_19342094.jpg
今度ビデオで見るときには「ホテル・グッズ探し」に挑戦してみたいな・・と思っています。(写真は、大晦日のホテルロビーでプレゼントしていた携帯ストラップです。)
なんでも、撮影用にネームのはいったホテル・グッズを作ったのだそうですから。
[PR]
by rolferK | 2006-01-19 19:37 | 映画・音楽・書籍
毎年、冬になると必ず思い出す「ジャケット」があります。

今は「昔、昔・・」のお話になってしまいますが、学生の頃「LPレコード」を買うことは凄い
「贅沢」をしているような気持ちになったりしました。

レコードはレコード針で聴くのですから、扱いが悪いとすぐにレコードに傷がついてしまうので、
よほどなかの良い友達でも「レコードの貸し・借り」はとても難しいものがありました。
まして、レコード店に「お目当て」のレコードがないときなどは、今のように試聴はできません
から、ただただジャケットを眺めまわして、一日が終わってしまったりもしました。

そんな中で、ほんの僅かですが「ジャケット買い」をしたレコードが 今も手元に残っています。

レコードは高い、コレといって欲しいレコードはない、だけどなんだかどうしても「そのジャケット」が気になって仕方がない。・・・・もし、今日買っていかなかったら、きっとスグにまた買いに
来てしまいそうな気がする・・・でも、もし気に入らなかったらどうしよう・・・・でも、でも・・・。
d0065364_0572071.jpg
さして広くない店内をお目当てを探すようなフリをしながら、いつまでも立ち去れずに迷うのです。けれども、結局は「そのジャケット」の魅力に負けて 買ってしまったレコードです。

BRUCE COCKBURN(ブルース コバーン)カナダのシンガーソングライター。
1971年に制作されたアルバムでした。
ジャケットの雪に包まれた静寂な雰囲気が、そのままメロディーに漂っていました。
d0065364_059234.jpg
未だ一度も訪れたことのないカナダなのですが、彼のメロディーをとおして もうず~~っと以前から知っているような気持ちになっていたりしています。

ブログに音声機能のないことが残念な気がします。

ところで、国際結婚で今はカナダでお母様になられたRolferの真由美さんから聞いたカナダの寒~~~い話を思い出しました。
未だ彼だったご主人と過ごしたカナダのクリスマスの頃に、「納屋焼き」があったそうです。
真冬の雪の夜に赤々と燃える納屋の その炎から立ち上る水蒸気が、炎の輪郭にそって
白く結晶していくのですって・・・。
「炎が凍るんですよ!」と彼女はその時の興奮を話してくれました。

その時、私は「セイント聖矢」のキグナスを思い出していました・・・。
[PR]
by rolferK | 2006-01-16 01:00 | 映画・音楽・書籍

Thanks Giving Day

昨年の12月14日、日本を出発してBoulderのThe Rolf Institute でUnit1の研修に
はいったwinniepooh さんのブログ「Fly,you fools」で、リアルタイムのBoulder生活
風景をよんでいると、懐かしさと「もっと勉強したい!」という「学生ッ症候群」にも似た思いが
湧いてきます。
d0065364_20854.jpg
ちょうど1月11日付けのwinniepooh さんのブログに少し遅い「Thanks Giving」のディナーのことがのっていて、
2004年の滞在中に私達の大家さん夫妻がワザワザ開いてくださった「Thanks GivingDay」の温かなホームパーティーのことを思い出しました。
d0065364_21890.jpg
2004年の1月のその日は、学校から帰宅すると大家さんのCraigさん、奥様のLucyさん、Craigさんのお母様のMimiさんが、パーティーの支度の真っ最中でした。
メインのターキーは、必ずその家の主がカットするとか・・・Craigさんは「昔は父がやっていたんだよ・・」と懐かしそうに言いながら、電動式ナイフで上手に大きなターキーをスライスしてくれました。ターキーの肉汁は、バターを加えて美味しいソースにします。そのためのロースト・ターキー料理用特殊袋は日本にはない代物でしょうね。(とても上手に蒸し焼き状態になります)
d0065364_214923.jpg
本来のThanks Giving Dayは、毎年「11月の第4週目の木曜日」で「収穫祭」とよべるアメリカの祝日なのです。
小学校の先生である、Craigさんのお話によると、「新大陸にやってきたメイフラワー号の人々を待ち構えていた冬の困難を 先住民であったアメリカ・インディアンが食料をわけ与えて救ってくれたことへの 深い感謝を表す行事」なのだそうです。
だから、当時アメリカ・インディアンが差し出してくれた「ターキー・とうもろこし・芋類」を必ず食卓にだすのだよ・・とうことでした。

今ではThanks Giving Dayの由来も薄れて、遠方の家族が集まるパーティーの日であり、
クリスマスに匹敵する「プレゼントの交換日」になっているようですが、Craigさん一家が催して
くださった「少し遅れたThanks Giving Day」は、神への感謝と先住民への感謝につつまれ
ていました。

Boulderという土地は、もともとがアメリカ・インディアンたちの「暖かい風のふく土地」であり、
ゴールド・ラッシュに沸いた西部大移動の執着点ネダーランドの鼻先です。
そのせいか、高所得者の集まる白人の街ですが「ネイティブ」(アメリカ先住民)への憧れを
強く感じさせる雰囲気も持ち合わせています。LOHAS発祥の地・・の一要素であるでしょう。

それにしても・・・ターキー(七面鳥)は美味しくありません。特に「ダークミート」と呼ばれる
モモ肉は臭いがきつくて、なおさらです。
そのせいでしょうか・・?Boulderでは、チキンもモモ肉はとても低価格ですし、売れ残ること
が多いようです。Lucyさんも絶対に胸肉以外は買いません。
ケンタッキーフライドチキンの価格表さえ「ダークミート」は胸肉よりも1個の値段が安いのですよ。「ダークミートを下さい」といったら、凄く歓迎されました。
私達は「モモ肉党」でしたから、大変な恩恵を受けていました。たしか、けーじさんのブログで
も「ダークミート」
のことを不思議がっていましたっけ。ただ、「動物脂肪」の極端な削減を目指
しているBoulderならではの傾向なのかもしれませんが。
d0065364_2243099.jpg
ところで、奥様のLucyさんが可愛く写っているThanks Giving Dayの写真がみあたりませんでしたので、その後日に次女のAnneさん(女優)が帰省してきた時の写真と、今winniepoohさんが下宿しているJudyさんのお宅のテラスでの私達の写真をのせました。
d0065364_2232561.jpg

[PR]
by rolferK | 2006-01-13 02:31 | Boulder
梅田のセッションルームに通うようになってからは、書店「旭屋本店」が行きつけの本屋さん
になっている。
といっても、ついフラフラ~~~っと入っていくのが私流。
特に「目的の本」があることは少ない。d0065364_1151528.jpg

ちょうど一月ほど前に新刊コーナーの平積みで「この本」を見つけた。
幸せを「栽培する」というフレーズが、一目でグっときたのだ。

奥様である小栗左多里さんのマンガ「ダーリンは外国人1・2」などで、すでにトニーさんのお人柄は存じ上げているような気になっていたのだが<トニー初の まるまる一冊書き下ろし>といわれて、思わず手にとった。正直、買ってよかった一冊です!
d0065364_1261520.jpg
もしご興味のある方は、樹の章「6:自立してから結ばれよう」をご覧ください。こういうことは学校では金輪際教えてくれないんだから・・・・。

そして、その最後に偶然?にも「誰の言葉か捜していた」そのフレーズがそのまま載っていた!
サン・テグジュペリの言葉だったんですね。
「人生が教えてくれる。愛し合うということは、お互いの顔を見つめることではなく、むしろ同じ方向を一緒に見つめることだ。」

d0065364_1325182.jpg

[PR]
by rolferK | 2006-01-10 01:35 | 映画・音楽・書籍
先日、ようやく中古本で「THE DA VINCI CODE」(上巻)を買いました。
d0065364_2535723.jpg
2003年~2004年にBoulderでお世話になった下宿先の奥様・ルーちゃんは、大のミステリー・ファンです。そのルーちゃんの誕生日プレゼントに、娘さんのアン(女優)が選んだのが「ダ・ヴィンチ・コード」でした。

それからの暫くの間、ルーちゃんの楽しみは「ダ・ヴィンチ・コード」を読むこと。「おもしろいわよ~~~~」と言われても、分厚い英語のミステリーはとても読めません!
日本に帰って中古が出るまでは我慢だ!と、心に決めていたのです。

ところが正月休みで帰省していた娘が、たった一晩で読みきってしまって「続きが読みたい」
というのです。
親ばかとはよくいったもので「Boulderの誓い?」もあっさりと吹き飛んで、早速本屋に買いに
行きました。
d0065364_315159.jpg
当然、下巻を買いに行ったのですが・・・・?????「ビジュアル愛蔵版・Special Illustrated Edition」なる「ダビンチ・コード」が平積みになっていました。

そうなんです!「ダ・ヴィンチ・コード」の唯一の弱点は、文章による「ビジュアル化」の難しさというか、不足なのです。ダ・ヴィンチの絵画だけでなく、「コード」に繋がる「キー」がビジュアルのなかに隠されているので、そのものへの認識がないと「それがなんだかわかんな~い」ままにストーリーを進まなければならなかったのですから、娘のお陰ということのようです。

当然私は全てがこれからなのですが、私の読書の癖である「後ろから開く」でこんな情報を
拾いました。ちょっとお知らせいたします。
作者ダン・ブラウン自身の英語版サイトには、「ダ・ヴィンチ・コード」にまつわるクイズが用意されていて、これが実におもしろい。英語に自身のあるかたはぜひ挑戦してみてください。ラングドン本人から返事がくるかもしれません。

[PR]
by rolferK | 2006-01-09 03:19 | 映画・音楽・書籍