思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お休みのご挨拶

今年最後の出張で、お休みさせていただきます。

12月5日から、またご一緒できる事を楽しみに帰ってまいります。

今回は横須賀でのRolf Mobement(5回コース)の最終になりますが、
この数ヶ月で横須賀クラスの皆様がどれほど豊かな感覚と出会ってくださったことでしょう。

きっと、今回も素晴らしいクラスになるに違いありません。

そして、チョッピリお楽しみは・・・・・

初めて見るだろう横須賀のクリスマス・イルミネーションです。

学生時代。日本のクリスマスが今ほど美しくは無かった頃、横浜の山手の
家々の”聖夜”を迎える支度は、とても外国の香りがしていました。

最近では、個人の家々にイルミネーションが賑やかに光っていますが、
きっといまでも横浜や横須賀には”ちょっと外国風”なニュアンスが
ただよっているように思えるのですが・・・・・。

素敵な写真をお土産にできますように。
[PR]
by rolferK | 2006-11-28 22:12 | ワタシ

11月27日

d0065364_095882.jpg私たち夫婦にとって「母」は”おかあさん”なのですが、子供たちが生まれて”おじいちゃん””おばあちゃん”と呼ぶようになって以来、家族の間では「母」は”おばあちゃん”です。

今日はその「おばあちゃん」の誕生日でした。

にもかかわらず・・・・今日の義母の誕生祝は救急車になってしまいました。

といっても、お陰さまで”呼んだ”だけで、何も用事がないまま帰っていただけましたが、
それなりに母には大変な一日になったことでしょう。

こういうときに、”仕事”という変更しがたいお約束を抱える事のない「主婦」という立場の
有難さが身に滲みます。
もし今日”仕事”が入っていたら・・・・・。
きっと、どれほどの困惑を抱えて”仕事”をしなければならなかったことでしょう。

それを思うほどに、「主婦」という存在が「家庭の土台」として常に求められている存在で
あることを実感しました。

そして、なによりも私たちが平生”あたりまえ”のように”仕事”をさせていただけるのも、
”母”がいつものように”元気”そうにしてくださっていること、そして”母”の力添えを
してくださる方々のお陰様であることにも、改めて気付かせていただけました。

本当に、皆様のお陰です。有難うございます。

そんな中、救急隊の方が調書を取られる折
「ところで・・あなたとご本人のご関係は・・・?」
と尋ねられて、私はいつものように
「嫁です。」と答えたのですが・・・・・・・
「え~、義理の娘さんですね・・・。」
と言いながら、調書の欄に『義理の娘』と記入されました。

正直”義理の娘”という言葉は、とても新鮮に聞こえました。

大阪に嫁いで二十数年が経っていますが、気がつけば”嫁”であることを忘れた事は
ありませんでしたが、”娘”であると思えたことは一度もなかったことに気付けたのです。

そして”娘”という響きを心地よくも、少し気恥ずかしくも受け止めている自分に
「自分自身」が目を細めて喜んでいるようにも感じられるのです。

私にとって、今日は生涯の”家族の思い出”の一つになることでしょう。

本当は私たちが差し上げるはずなのに・・・・”お母さん”
”大きなプレゼントを有難うございました”
[PR]
by rolferK | 2006-11-28 00:10 | ワタシ

電磁波

以前から、チョクチョクあったのですが・・・・。

PCをあけてもインターネットに接続が不能になってしまうアクシデントが続いています。

その度にケアしてくれる旦那様に感謝・・です。

今夜も不通続きの状況をみかねて、ずいぶんと長時間の対応をしてくださったお陰で
こうしてブログの更新が出来ました。

”おまえの使い方が悪いのだろう・・・・”と、その都度にご注意を受けていても
内心は”ちゃんと使っているのに・・・”と半ば「原因はPCにあり!」と決め付けて
自らを振り返るのも気持ち半分でした。

でも・・・・・・・ちょっと待てよ!
と、遅ればせながら思いつくことがありました。

「人間」という存在は、生理学的・解剖学的視点でみれば確かに物質ですが、
これをもう少し広い意味での物理学的視点でみると「電磁波」であり「エネルギー」
としての純粋な存在としてみる事も可能です。

そうすると・・・・、当然電気エネルギーによって作動しているPCのような精密機器は
「電磁波」に感応しやすい機能を持っていますから、今回の故障?の原因が
私である可能性は十分ありえることになりますよね。

つまり、”心”や”精神活動”という目に見えない活動も、「電磁波」という視点に置き換えて
考えると、十分に様々な説明を試みる事が出来るはずなんです。

コノアタリがトーマス・エジソンが未来的発明として取り組んでいた(未だ完成して
いないそうですが・・・)”霊界との通信”ができる装置を解明していくヒントになりそうです。

そういえば、UFOもの、心霊もの、SFもの・・などの映画の中には、注意深く見ていると
そうした”目に見えない電磁波的存在による電気製品への操作”シーンが映っています。
何気なく見ていると、ほとんど見過ごしてしまうくらいのシーンがほとんどですけれど。

でも・・・・よく”念”の強い人がイライラしながら使おうとした途端に、電気製品や
車(最近の自動車は精密機器が満載ですから)を故障させてしまった話を
聞いたことがあります。

一昔前なら”出掛けに鼻緒が切れた”とか”霊柩車と出会ってしまった”とか・・・
そんなことで自分の今日一日の行動により注意深くあろうとしたのでしょうが、
これからは、”精密機器や電気製品の故障”が自分の精神的「マイナス・破壊電磁波」の
可能性を考えてみるのも悪くないかもしれません。

こんな波動が溢れて外に出るほどなら・・・その同じ波動が自分自身によからぬ影響を
与えていてあたりまえでしょうから・・・・。

ただ、ちょっと言い訳がましくなりますが・・・

心や精神的コントロールが上達してくる事で、この電磁波エネルギーはその効力を
増幅していくようですから、ある意味では”諸刃の剣”として受け止めたいな~~とも
思います。

よりよいものを育てたら、それをよりよく使う・・・Rolfingでもそんな感覚がします。
[PR]
by rolferK | 2006-11-27 02:38 | スピリチュアル

Thanks Giving Day

リアルタイムにBoulder留学中のwinniepooohさんのブログは、毎日がBoulderの
懐かしく、充実していた留学生活の香りでイッパイです。

ちょうど11月23日はアメリカの”Thanks Giveng Day”だったのですね。

以前にブログの記事にもしましたが、昔はインディアンの快適でのどかな居留地だった
Boulder にとっても、大切な行事です。

メイフラワー号に乗って新大陸に渡ってきた”白人”にとって、希望の地”新大陸”は
けっして初めから住みやすい土地ではありませんでした。
まだ白人にとって馴染みづらい生活の中での”飢餓”の苦しみを、
ネイティブのインディアン達は”大陸原産の食料”を差し出して救ったのだそうです。

七面鳥・とうもろこし・・・・・その心へ”感謝”するための記念日が”Thanks Giveng Day”

「情けは人のためならず」という言葉と共に、ほんの少し「ほろ苦い」感覚が同居する
”Thanks Giveng Day”です。
[PR]
by rolferK | 2006-11-24 22:38 | Boulder
誕生して50歳もお陰さまで半ばを通過し、”心身ともに”いよいよ人生の後半に
大きく前進していく準備を進めていこうとしていると・・・・・

なぜか”女性の生理”という話題に自然とたどり着くことが多くなったような気がします。

”物忘れ”やら”記憶力の低下”やら・・・
肉体年令に伴うであろう”順当な変化”を毎日のように受け止めながら、
「若いとき」のようにはいかないよ!という身体からのメッセージに、
ちょっとした”変化と工夫”を試みています。

その中で、まるで呪文のように時折響いて聞こえるのが”更年期障害”という言葉。
ですが、お陰さまで”更年期障害”という自覚を認識しないままに今日に至っています。

それでも、世の中のあまりに多くの情報が、”更年期障害”がごく普通の女性達の
イニシエーション(通過儀礼)のような印象をあたえるので、その認識のない私は
”普通じゃないのかしら・・・・”それとも”明日、その障害が訪れるのかしら・・・”と
一物の不安が無いわけではなかったのです。
d0065364_1172763.jpg
そんな私に、2つのとても力強い”情報”が揃いました。
d0065364_1174845.jpg
1つ目は、「健康な女性なら55歳まで規則正しい生理があって当たり前」という
新谷弘実先生(「病気にならない生き方」より)のご発言。

2つ目は「昔のやまとなでしこ(95歳以上の日本女性)は月経血(生理の体外排泄)
コントロールができた」(「身体知」より)という三砂ちづる先生のご発言です。

RolfingやRolf Movementでは”骨盤底筋”という認識が大変重要視されていて、
その為のセッションやムーブメント・ワークがあります。

BoulderでRolf Movementを教えていただいたHeather先生からも
Ritsuko、ほら 私のここに触れて御覧なさい・・・。
(とても力強い印象を感じました)
私は、このお陰で”失禁”も知らないし、大好きなタンゴも踊り続けるし、
そしていつまでも”Boy Friend”と楽しいときを過ごす事ができるのよ・・・・・!!!

と、それはそれは明るく・あでやかな微笑みで”骨盤底筋”の底力を語ってくれました。
(参考までに、当時彼女は70歳を1~2年すぎたところ)

それ以来、私なりにも日常的な努力の効果をいろいろと折に触れては感じています。

が、上記した2つの明確な言葉をいただいたことは”勇気の源”になりました。

年令に関係なく、私たち女性が本来の女性に備わった「能力」としての”生理”を
よりよく理解し、よりよく経過させていけるように日常的な小さな努力を積み重ねる事が
女性としての身体の質の向上に直接的な威力を発揮することでしょう。

女性が女性であることを、心身ともに誇らしく思える精神をもう一度復活させたいですね。
アマテラスの国民ですから・・・・。
[PR]
by rolferK | 2006-11-20 01:19 | 健康関連
d0065364_220126.jpg米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授である
新谷弘実先生の「シンヤ・ビオジマ」理論を中心に、
安保徹先生他数名の先進的な執筆で充実の1冊でした。

エドガー・ケイシーのリーディングから、すでに多くの貴重な情報が収集されていますが、
やはりこうした「現代のケイシー」といえるような医師が多くを語り始めてくださった事は
とても有難く、嬉しく思います。

大判で、図解も多く掲載された読みやすい冊子ですので、家庭の1冊としていかがでしょうか?
d0065364_223921.jpg
掲載されていた”綺麗な腸内 と 汚れた腸内”・・・。
ウ~~~~ン・・・・・危ないな~~~~~(実感!)

*同誌中、松永敦 医師による「粘膜、腸と乳酸菌の密接な関係」(アレルギーにも
効果を発揮する乳酸菌)というレポートには、これからの医師が取り組むべき
方向性についての示唆が多く見られて、こうした”本来の医療を目指す医師”の
誕生が近いことを予感して、ワクワクします。

******* 新谷医師 「はじめに」 ~より抜粋***********
私は約40年に わたって胃腸の内視鏡検査を行い、その臨床数は焼く35万例を
越えますが、その中でたどり着いた結論は、「健康な人の胃腸は美しく、
健康でない人の胃腸は汚れている」ということです。
それほど、腸をきれいにしておくということは、健康維持に欠かせない条件なのです。
(中略)
最近は・・・・・「自己免疫疾患」が増え続けています。・・・その原因は、現代人の誤った
食生活と生活習慣に他なりません。・・・・・・・病院にいけば、悪いところを取ったり
つらい症状を鎮めることはできても、根本的に治すことはできません。

最近の研究では、腸内細菌と免疫細胞のはたらきには、密接な相互関係があることが
明らかになっています。

あなた自身の腸内環境を整えることが、健康長寿を実現するカギなのです。
本書を通じて、よい胃腸を取り戻していただければ幸いです。
******************************* 
[PR]
by rolferK | 2006-11-15 02:21 | 健康関連
出掛け前の一時に、ちょと立ち寄った美奈さんのブログ・静夜思。

そこに「ハグ」の一文字が見えました。

Boulderで初めて味わった”幸せなHUGたち・・・”を思い出します。

そして・・・・・動画を見ているうちに、本当に優しく・素敵な気持ちになってしまいました。

HUGの輪を、ブログに載せてお伝えします。

皆様の一日も、幸せになりますように!

******** そして ・追記 ********

10日。今日は、奈良RMクラスの生徒さんのお一人のお誕生日だったのです・・・。

クラスの終了後に初めてご一緒した”お茶”の席で、彼女から聞きました。

奈良近鉄の地下にある”飲食コーナー”の一郭が、ささやかな”誕生会”の場に
なりました。

♪~HAPPY BIRTHDAY TO YOU ~♪
生徒の皆さんの”かわいいコーラス”を、テレながら・・でも、嬉しそうに
受け止めてくださった彼女を・・・・・・HUG!!!!!!

こんな時には、HUGはとても”素敵なプレゼント”になりますね。
[PR]
by rolferK | 2006-11-10 11:16 | スピリチュアル
miru、ミル、みる・・・・Oさん家のmiruがどうしてmiruなのか・・・?

どちらかのおばあちゃまが名前を呼びやすいように・・・と、うろ覚えなのですが・・・・

この可愛いmiruが「柴犬 と ハスキー犬 の雑種犬」というお話を聞いたとき、
??????????????
更に、「体が柴犬で、顔がハスキーなんです。・・・」といわれて、ますます
??????????????

是非一度、miruに会ってみたい!!見てみたい!!!

とお願いしたら、早速メールでmiruの写真を送ってきてくださいました。

そしたら・・・・

「柴犬 と ハスキー犬 の雑種犬」・・・って、こんなに可愛いの~~~~!!

と、娘共々嬉しい驚きでした。

実は、写真を見るまでは「小さめな短毛の体に、ゴッツイにらみの利く強面、
長毛」の雑種犬しか想像が出来なかったのです。

miru,ごめんなさいね。
d0065364_0375034.jpgd0065364_0381119.jpg
[PR]
by rolferK | 2006-11-10 00:40 | 猫たち
d0065364_19333460.jpg
パラパラめくって・・・・・本当に!!??・・・と思う情報がイッパイ。
特に、「靴修理屋さん情報」や「靴作り教室情報」はとても嬉しいものでした。
d0065364_19335771.jpg

私にとってデパートや専門店の”靴売り場”は長~~~い間の「タブー」でした。
今も殆ど行きませんが、でも見ていることを楽しめるようになりました。

自分の足への”コンプレックス”が、いつのまにか”障害”になってしまっていて、
マジメに自分の靴を考える必要ができてしまったお陰で、最近は靴の情報にも
気を配るようになったのです。

本当は・・・・自分の足にフィットした心地よさや、自分の足がすこ~~し
綺麗に見えるような喜びを味わってみたいのですが・・・・・これは、未だ
とっても難しい事の一つです。

随分前ですが、香港や上海に「どんなデザインも、安く(といっても2~3万円)
オーダーメードで作ってくれる靴屋さんがいる!」と、何かの情報誌で見たときは、
・・・・・・ああ、いつかそこで私の足型をつくって・・・・履きたいデザインの靴を
作ってもらえたら・・・・と思ったりした事がありました。

特に、数年前までの日本では「足に楽な靴=ダサイ靴」の図式が殆どだったので、
それでなくてもコンプレックスの足を、さらに靴まで悲しいデザインなのは何とも
辛く思えたのです。

それがBoulderで出会った海外の「健康志向・靴」たちは、デザインも機能も履き心地も
それまでの自分が知っていた「健康志向・靴」へのイメージを一新してくれる、ステキな!
そしてお手ごろな!靴ばかりでした。

最近はポチポチと海外の健康志向靴がファッションに取り入れられていますが、
それでもなかなかお高くて・・・・・ちょっと高値の花・・・・。

日本人の足型に合った、そしてデザイン性の高い、お手ごろ価格の靴が
もっと沢山でてきてくれますように!

********************

日本初『ペドオーティスト(足矯正技師)』の資格者・福田よしこさんの
ステキなアドバイスを2~3ご紹介いたします。(婦人画報no.1236より)
合わない靴を買わないために、これだけは。
靴の試着は、「足踏み15回」。
・・・・15回の足踏みは7メートルの歩行に匹敵します。
健康のためにウォーキング?
正しい歩行ができないなら、歩かないほうがましです。
靴は履いて慣らせ、なんて言語道断!
「靴選び」が健康を左右しています。

[PR]
by rolferK | 2006-11-07 19:54 | 健康関連
”天高く・・・”といわんばかりの青空に、イガイガの栗が輝く表紙につられて
d0065364_0584619.jpg買ってしまいました。

中を覗くと・・・・あら、買って正解の”ちょっと日帰り、近場情報”がいっぱい。

”いけるか、いけないか・・・”と悩む前に、あれやこれやと情報を楽しみました。
d0065364_165313.jpg
その中に・・・ドクター・フィシュ・・・!!??
というなんとも可愛らしいお魚が登場していました。

海の中で大きな魚の口の清掃係をしている小魚の映像を見たことはありましたが、
”皮膚の角質を食べてくれる魚”というのは初耳・初目です。

雑誌の写真を見ているだけでも、足の辺りが刺激されているような、嬉しい気分です。

実際に、ドクター・フィシュが角質をついばむ刺激が皮膚の新陳代謝を促進する・・・
そうです。
さらに、お魚からは”微弱電流”もでていて、癒し効果もあるそうですから、
アニマルセラピーの一つになるのかもしれませんね。

・・・・・・という話を帰宅した主人にしましたら、
「それなら、君の実家の鯉の池に足を入れたら、どうだい・・・・・?」
という、なんとも名案な発言が返ってきました。

なるほど・・・・たしかに、実家の鯉なら太い親指もパクリと一口で吸い込んでくれるでしょう。
よってたかって、パクパクしてもらったら、角質どころか水虫(私はありません!が・・)
だって綺麗にお掃除してくれるかもしれません。

それに、チョット「ぬるみのある体を摺り寄せられると、フフフ~~~という気分に
なるのは、決して”愛鯉家”のおじ様方だけではありません。
その癒し効果はです。

でも・・・・やっぱり、この小さなドクター・フィシュがいいな~~~。

いつか、連れて行ってくださいね。
*********
ドクター・フィシュのいる温泉
[PR]
by rolferK | 2006-11-05 01:11 | 健康関連