「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3月に入って、Boulder~東京と引き続いた3週間の研修期間が終了しました。

大阪にたどり着いて・・ようやくホッと一息です。

さて、あまりに沢山の学びが一片に、それも主に英語で押し寄せてきましたから、
耳だけでなく全身で受け止めた情報をひとつひとつ整理できるのは4月いっぱい
かかりそうです。
そうして、そこから自分達なりの理解となると・・・さて、どれほどのものが残るのでしょう。

”器”という言葉が身に滲みます。

溢れんばかりの指導を頂いて、受け取れるものの少なさが
本当に申し訳なく思うのですが、それもまた次の学びへの原動力・・・と
思えたりします。

少しずつ、少しずつ・・・雨粒が岩を掘るように・・・。

50を過ぎて、こうした気持ちで時間を過ごせる事自体に”幸福”があるのだと
感じています。
時間を与えてくださった全ての皆さんに、有難うございます。
そして、これからもよろしく御願いします。
[PR]
by rolferK | 2007-03-30 01:32 | ワタシ

お休みのご挨拶

いつもお越しくださって、有難うございます。

明日3月8日~暫く研修のためにブログをお休み致します。

その間、皆様もお健やかでありますように。
[PR]
by rolferK | 2007-03-07 21:15 | お知らせ
上本町近鉄RMクラス中級「ヘザー・クラス」が、本日終了遠足を致しました。

寒さの残る晴天の中ノ島で、数名の修了者の方々と過ごさせていただきました。

「大人」でも楽しい・・・ですね、遠足。

といっても、あくまでも教室の学習の延長ですから、ちゃんと体験学習をしてきました。

以前ご紹介した事のある「目隠し」体験です。

身体から身体へ、人はどれほどの情報を伝え・取り入れることができるでしょう?
そして、どれほど信頼関係を伝え合う事ができるでしょう?

目で見てしまうと「ささいなこと」でも、新しい発見がいっぱいだったに違いありません。

もしこの次できるならば・・・・土と落ち葉のある環境がいいな~~~と、そう思いました。
[PR]
by rolferK | 2007-03-07 21:12 | Movement
昨年5月、シネマ歌舞伎という新しい試みをスクリーンで鑑賞した記憶が
覚めやらないまま、あっという間に1年近くが過ぎています。
第1弾シネマ歌舞伎・板東玉三郎「鷺娘」
そして、今年のシネマ歌舞伎は板東玉三郎・尾上菊五郎の二人による
「京鹿子二人娘道成寺」・・・・・。
d0065364_20593718.jpg

ひとりでも見ごたえタップリの歌舞伎踊りが、二人になって!さらにシネマで!
それが1,000円!と3倍お得感で、今からワクワクですね。
が・・・・・たった2週間しか上映期間がありません。

梅田界隈にお出かけのおりは、是非休憩がてらに鑑賞してみてください。

私は、娘の誕生日のプレゼントにしましょう。



d0065364_2103018.jpg
[PR]
by rolferK | 2007-03-07 21:00 | 舞踏・身体表現

Mr.コットン先生へ。

このブログを始めてから、幾度か文京区の懐かしい思い出を書かせていただきましたが、
今日その記事をたよりに、あの大好きな「Mr.コットン」先生から(poohさんをとおして間接的にでしたが)御連絡をいただけました。

英語の「成績」とは無縁の私が、いまだに英語が好きで、英語の世界への憧れや
親しみを失わずにいるのは「Mr.コットン」が、私にとっての最初の英語そのもので
いてくださったからだと、いまだに信じています。

たとえば、アヒルやカモなどの雛鳥たちの「刷り込み現象」のようなものでしょうか?

最初に身体感覚で覚えた「楽しさ」が、いまだに私の英語への興味関心の原動力なのです。

といっても、その大切な「種」をノンキに眺めているうちに51歳になってしまう自分が
「Mr.コットン」に対して申し訳なく思うところでもあります。

でも、やっぱり今日も英語にトライしている自分がいるところをみると、かなり長期戦に
もつれこんではいますが、なんとかそれなりのゴール目指してやる気でいることは
信じていいだろうと・・・・思っています。(ヒトゴトのようですが、時折自分でも
「本当にやる気があるのだろうか・・・?」と疑う時もありますから。)

生涯の恩師という言い方は、少し堅苦しく多分お好きではないでしょうが、
私は文京6中という稀有な中学で、「Mr.コットン」という稀有な英語の先生に
3年間を教えていただけた事を、心から大切なものだったと感じています。

遅ればせながら、ようやくその感謝を形にするための第一歩を歩み始めたところです。

「教育」という仕事は、本当に先の長い、そしてとても大切な仕事なのですね。

改めて、この2007年を私の英語強化年にシフトします!
[PR]
by rolferK | 2007-03-05 02:27 | ワタシ
この3月は、実父の3回忌になります。

3月生まれの父がその誕生日を迎えてすぐに亡くなったことが、
こうして生活していると「ウソ」のように感じたり、あるいはもうずっと以前から
いなかったような錯覚をしていたり・・・・。

「父」という大気圏から脱出するために、アレやコレやと大騒ぎをしていたはずが、
娘とはこんなものなのでしょうか。
d0065364_1551993.jpg
それでも父が亡くなったすぐ後に、父をしのんで買ってきた「熱海櫻」が何一つ世話らしい事をしてやるでもなかったのに、小さな枝ぶりイッパイに濃いピンクの花を満開につけていました。

通称・「熱海櫻」は、「河津櫻」という品種であるということで、大変に早咲きの、それでいて寒櫻のように花と同時に葉をつけることのない、正真正銘の里櫻です。

きっと、父のお気に入りだった家のある熱海では、すでに熱海櫻は梅園の梅と一緒に散ってしまっている事でしょう。

もしかしたら、「少し遅いお花見」を我が家の上から愉しんでくれているかしら・・?と、
ふと見上げてみました。

**********************オマケ**********************
2006年4月" 西行法師、終の棲家「弘川寺」~さくら・さくら
[PR]
by rolferK | 2007-03-02 01:55 | 季節・ガーデニング