思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブログ・「ここにいること」で、Rolfing体験・回想録が始まりました。

そのRolfingへの回想イメージがとても印象的で、
”ひとりにひとつのRolfing”がまた豊かになったことを心から嬉しく思います。

これからも、どうぞ”本来の自由”を取り戻しつづけてください。
************************

以下に一部抜粋させていただきました。

「ロルフィング回想はじめ」 ~ブログ・ここにいること~より

今、振り返って自分の身に起こったことの印象で
喩えるなら・・・フレスコ画の復元作業のようでした。
”修復”のために長い間に何度も上から塗り重ねてあった
絵の具を慎重に剥がし、失われていた原画の色を
取り戻す作業に似ていると思うのです。

セッション毎に思い込みが剥がれて、
自分の”頭”は変化に追いついてなくても、
カラダと心は本来の自由を取り戻せることを
喜んでいたからあんなに楽しかったのでしょう。
[PR]
by rolferK | 2008-01-29 01:01 | Rolfing
人間は今日も進化しているのだろうか・・・・
晩年のアイダ女史は、よくそう自問していたそうです。

その質問の真意を知ることは出来ませんが、今日同じようなタイトルの
スポーツ関連記事を見つけました。
スポーツライター・小林信也氏の記事”箱根駅伝のランナーは「進化」しているか?”です。

要点は
(欧米式のトレーニングは日本人には合わないのではないだろうか?)という
そんな簡単な発送の転換を受け入れる事ができない状態に、現在のスポーツ界は
「科学的トレーニング」という幻想に居着いている。

というもので、日頃から日本人の身体の特徴は欧米人とは大きく違っている事を実感し、
指導させていただいている私は”そのとおり!!!”と心からの賛同をしました。

小林信也氏は以前にも”相撲界の故障多発問題と自主筋トレの関連性”についての記事に
おいても同様のコメントをしています。
たしか、・・・親方の完全な管理下に置かれていた伝統的な”稽古”方式から、
現代人の自由性を受け入れ”自主的筋肉トレーニング”を相撲協会が受け入れたことで、
結果年々怪我人が増加し続けている事実を受け、相撲界が見直しに入っている・・・・と
いった内容でした。

私はrolfingやRolf Movementを通して、日本古来の鍛錬法のなかに
日本人(もちろん全世界の方にも)に最適な身体訓練のリソースがあると信じています。
ただそれは、その学習方法において時間がかかりすぎていたことが最大の欠点だったと
思っています。アイダ女史はその”時間短縮”を開発したといってよいのではないでしょうか?

是非多くのスポーツ指導者の方々が、日本人の身体の特性に誇りを取り戻し、
最も身に合った訓練法を探るなら、きっとRolfingやRolf Movementが提案する
方法にもご賛同いただけると思います。

いつか、そうした可能性に役立っていけますように。
[PR]
by rolferK | 2008-01-29 00:26 | Rolfing

英語的奇病?

「ペラペラの日本人の前だと英語話したくないし、話せなくなるんです」の病

ああ、私も・・・・と思いました。

きっと自己保身がそう思わせるのでしょうが、気付けばいつのまにか
その思いが自分の思考と言語能力のすべてに覆いかぶさっているのですよね。

易しい表現でいい。
”話す”=”コミュニケーション”できること自体を楽しめる自分を
保ち続ける事が出来ますように!

本当に、今こそ「赤裸々に」「天真爛漫に」なれるチャンスです!

と、まもなくやってくる英語付け生活を前にして思いました。
[PR]
by rolferK | 2008-01-24 00:42 | ワタシ
本日、友人から送信されました。
d0065364_0184716.jpg送ってくださって本当にありがとうございました。

すでに2007年7月ごろから、多くの方々のブログにこの写真が出ているようですね。

感想も様々で、素直に「ステキ・・・」というかたも、「合成写真の疑い」をおっしゃる方も、
皆さんそれぞれの受け止め方をしていらっしゃいました。

私は・・・。至極単純に「ホ~~~、空もやるもんだ!」と嬉しく拝見しました。

この写真がホンモノかどうか・・・という事には何も申し上げられる事がありませんが、
ただ「空」というもの、あるいは「自然現象」といわれるものには、かなり強いメッセージ性が
現れることがあることだけは、事実であるといえます。

ただ、そのメッセージを本当に正しく聞き取れるか・・・?は、個人的な差が大きくあるようです。

人を愛している時や、幸福感に包まれているとき・・・・そんな時は誰でもメッセージを
聞き取る力が増幅しているように感じています。
[PR]
by rolferK | 2008-01-19 00:21 | お知らせ
2007年9月で全クラス終了したRolf Movementクラスでしたが、
2008年4月より”神戸新聞・神戸三宮教室”(三宮ミントビル)で初級・中級を
再開させていただくことになりました。

また、多くの皆様と出会えることを楽しみにしています。

まずはその前に、Brazilでの海外研修をしっかりがんばってきます・・・・。

*************
 期間:2008年4月~9月
 クラス(初級) 第4土曜日: 9:30~12:30  全6回 ・・・・月2,500円
 クラス(中級) 第2土曜日: 9:30~12:30  全6回 ・・・・月3,000円
 
 *2月より神戸新聞文化センター三宮教室で、問い合わせ・受付け等が
   開始の予定です。
[PR]
by rolferK | 2008-01-17 22:33 | Movement
いよいよ1月12日から、映画「earth」が封切られます。d0065364_2352580.jpg

Rolfingや Rolf Movementをとおして
「身体とearth」の深い絆を実感します。

その地球46億年の軌跡を、映画館で体感できることは、
今からとても待ち遠しく感じています。

     *予告編がみられるそうです。
[PR]
by rolferK | 2008-01-11 02:38 | 映画・音楽・書籍
私がBlue Bookと呼んでいるアイダの著書があります。

まだ、翻訳の予定も立っていない・・・とても残念な著書です。

そして、もうひとつとても残念な事は、1977年当時アイダがあえて添えた中表紙の
メッセージが、すでに現在では抹消されている事です。

偶然・・・というよりも、見つけるべくして(・・・と、私は信じています)
私はロルフ研究所の本棚にあった一冊の古いBlue Bookから
このメッセージのページを見つけて、コピーしてきました。

現役のほとんどのRolferが、このメッセージの存在を知らないかもしれません。

それが、とても残念です。

なぜ、アイダからのメッセージは削除されてしまったのでしょう?

せめて日本の片隅でも、彼女の遺志を伝えていく事ができれば・・・・
こんなに嬉しい事はありません。

2008年。アイダのメッセージから10年が経っていますが、
新年の7の日にこのメッセージを復活させましょう!!!

以下、英訳されたゴータマ・ブッダの言葉(涅槃経の「法灯明・自灯明」の一説です。)
私のつたない翻訳では間違ってしまうといけませんので、
そのままを掲載いたします・・・・・。
d0065364_027146.jpg

[PR]
by rolferK | 2008-01-07 00:29 | Rolfing
大好きなハトサブレをお土産にいただきました。d0065364_1453926.jpg

それも、”キョロチャンの缶詰”のようなオマケぎっしりの缶入りです。

「たぶん、今年から新発売のようよ・・・」ということで、
縁起物をいただけたような
嬉しい気分です。
d0065364_1461796.jpg




縁起・・という言葉は仏教用語で、「因縁承起」からきているそうですが、
こうした仏教用語を起源とした言葉が
わたしたちの生活には随分沢山根付いていますね。

d0065364_1464370.jpg




Rolfingもそんな風に、生活に根付いてくれますように・・・!


*赤い鳥居がズラリと並んだ”風呂敷”は、
   京都RAAKのお品です。 
   そういえば、以前に”根津の権現様”のわきにある赤い鳥居の写真を載せました。
    お名前は「根津・乙女神社」というのだそうです。
    子供の頃私達は、”コックリさん”だと思っていました。
[PR]
by rolferK | 2008-01-06 14:08 | 季節・ガーデニング
d0065364_22225330.jpg

明けましておめでとうございます。

皆様と共に、今年も本当に
「学び多く、よき年」になりますように!

そして、美しい笑顔を育んでいけますように・・・・・。

本年も、どうぞよろしく御願いいたします。

   *追記・・・・
         机の目の高さに、このオードリーの笑顔を飾っています。 
         フっと見上げると彼女の笑顔に出会えるように!
         心がざわついていると、私の目線がその彼女の笑顔を見過ごすのです。
    
         私の心の鏡がわりになっています。
[PR]
by rolferK | 2008-01-01 22:23 | 季節・ガーデニング