思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

歌は 引き伸ばされた言葉 である

門前啓子先生が イタリアで師事しておられた
マエストロ、アンドレア・バランドーニ氏のレッスンでの口癖だそうです。

身体・・・という”智恵深い創造物”を探っていく過程で
この言葉に出会えたことが
これからの学びをいっそう深めてくれるだろうと直感します。


この言葉を聞いたとき、ちょっとひらめいた”迷言”です。

息は 言葉の 乗り物である(rolferK)
[PR]
by rolferK | 2009-04-30 23:58 | 発声
東大阪のある小学校では、もう数年以上まえから”門前式発声法”が
音楽教師によって高学年の子供達に伝えられていたのだそうです。
d0065364_0321922.jpg
その子供達のビデオの歌声を聞きました。

なにもこびない・・・

なにも求めない・・・

ただ、湧き出るような澄んだ歌声だけが
小学校の講堂に満ちていました。

ビデオなのに・・・その歌声だけで、涙が止まりませんでした。


子供達はその後、地元の中学に進学していったそうですが、
残念ながら地元の中学には、門前式発声法を指導する”音楽教師”が
おられないそうです。

それでも子供達は、音楽の時間になると
各自の首に”エンゼル・ボイス”(門前式発声法の道具)をぶらさげて
音楽室に通うのだとききました。

子供達が自ら求めるような”よきもの”が
まだ多くの方々の認識に上っていないということを
大変残念に思いました。
[PR]
by rolferK | 2009-04-30 00:33 | 発声
あいにくの雨の中を 早朝から通ってきてくださるクラスの皆様、
本当に有難うございました。

昨年4月の開講時には殆どのかたが”?”だったMovementも
一年の時の中で、ゆっくりと身に付いてこられて

感じることへの身体の反応が
豊かになっています。

Rolfingも Movementも、”時間”の中で確実に
よい蓄積効果をうみだすことを
今日も実感させていただきました。

一年間・・・・

これからがまた楽しみです。
どうぞよろしくお願い致します。

d0065364_20454411.jpg
帰り道、ミント北側の道路では
山から吹き降ろすような雨のなかを
チューリップの花びらなどを敷き詰めて
”花の絵”を描く作業が続いていました。
出来上がりが見れないことが残念ですが、
まだ摘まれたばかりのような さわやかな花の香りに
出会えたことが とても印象に残りました。


d0065364_20521312.jpg






以前なにかに掲載されていた
ブリュッセルのと~~っても大規模な”花の絵”です。
[PR]
by rolferK | 2009-04-25 20:51 | Movement
BoulderのInstituteにかよう田舎道沿いには、ラマを飼っている
お家がありました。

ショールやストールでは、軽くてしなやかな
アルパカやベビー・アルパカを愛用していますが、
まだアルパカに会った事がありません。

”クラレちゃん”でとってもおなじみになったアルパカ・・・

それが、那須高原に日本唯一のアルパカ牧場があって
アルパカと遊んだり、レンタルで来てもらったり、最後には
購入までできる・・・・という事を知りました。

早速、興味本位で「那須ビッグファーム」のサイトへ。

あまり可愛いので、ついご紹介したくなりました。
[PR]
by rolferK | 2009-04-24 00:24 | 猫たち
おかげさまで・・・・

今年も神戸三宮ミント(神戸新聞・文化センター)にて
4月25日(土)Movementクラス(年間10回)が開始いたします。

今年は少し趣向をかえて?
伸びやかなクラスを目指していこうと思っています。

テーマは勿論、「呼吸」と「歩く」ですが、
このテーマはRolfingにとっても「始めであり、終わりである」テーマ。

これからもコツコツと・・・・
どうぞよろしくお願いします。

      PR:神戸新聞三宮・文化センター(17階)
         前期4・5・6・8・9月 毎月第4土曜日 9時30分~13時30分
         
         後期10・11・12・1・2月・・予定
[PR]
by rolferK | 2009-04-23 01:46 | Movement

光とともに

4月22日。今日からまた心新たにスタートします・・・。

テーマは”光とともに”・・・

という事で、イメージを”自宅の薔薇”から”田沢湖の輝き”に
変えてみました。
本当にキラキラと綺麗です。

この4月から「門前啓子発声教育研究所」での発声練習を始めました。

Rolfing や Movementをとおして感じ取り、取り組んできた”呼吸”が
本当に”よきもの””正しいもの”であることを自分自身をとおして実感し、
証明していきたいと願っています。
[PR]
by rolferK | 2009-04-22 19:50 | ワタシ

一重の白いモッコウバラ

10年余り前、今自宅としている家の屋上(ベランダ)で、
”コッソリ?”とガーデニングを始めました。
d0065364_1928505.gif
”コッソリ”だから、お手入れは”夜”・・・
その頃を思うと
今のベランダは見違えるように”緑”です。

様々な緑色と香りを愉しみたくて
小さな小さな苗を大きなポットに植えたまま・・・
年が経って、それなりに大きく育ちました。

その過程で枯れてしまって、その後の入手経路の
ないままの植物たちは、
「逃がした魚の法則」どおり、なかなか忘れられません。

たとえば・・・
”キリマンジャロ”という名前のマリー・ゴールド。
1メーターほどの草丈の先に、大きくま~~るい薄緑色の花をつけました。

”キャンパス・イエロー”という名前の黄色いコスモス。
日本で開発され、本当に淡~~く透き通るような黄色が
晩秋まで咲き続けました。
時々種を見かけるのですが、初めの頃とは色の濃さが違っているように
思うのです・・・。

”ブルガリアのバラの谷のダマスクローズ”
正式名称は知りません。が、本当に濃いバラの香りが
むせるようでした。
カミキリムシに幹をあらされて、翌年に枯れてしまったのです。
d0065364_23195644.gif
今年の春は、サクラ・・水仙・・月桂樹・・と花が咲いて、
今は一重の白いモッコウバラが満開です。
これも、正式名称を忘れてしまったのですが、
「日本のバラの父」といわれた故・鈴木省三さんの記事の中で
出会った”強い芳香をもつモッコウバラ”です。

ただ、芳香の強さが”クチナシ”のそれとは違って、
花ひとつひとつはほのかなのに・・・・
まだ2,3本の枝の広がりですが
這い上がっていく枝のもとに佇むと、
まるでベールで包むように香りがただよってきます。

私の鼻には、少し”スン”とした”お香”のような香りに感じます。

いつの日にか、この枝が日陰を作るようになったら
どんなにか風がかぐわしいことか・・・夢のようです。
[PR]
by rolferK | 2009-04-17 19:29 | 季節・ガーデニング
4月15日・・・                                           千里香d0065364_2174446.jpg
昨日の雨がすっかり上がって、
大阪名物の”造幣局・サクラの通り抜け”に
初めて行ってきました。

平日の午前中とはいえ、
老若男女(ちょっと平均年齢が高め・・・でしたが)
見事に咲きそろった”八重サクラ”の花を見上げては
「きれいな~~」「きれいやわ~~」と
思わず歓声を上げてしまいます。

あれだけ丁寧に鑑賞され、誉められて・・・・
サクラもさぞご満悦なことでしょう。

ウコンd0065364_2225949.jpg

とはいえ、

私としては、折角の”銘木”の数々が
所狭しと並べられていることが
残念なところでした。

やっぱり、サクラの枝ぶりや配置など
日本の風情を織り交ぜて愉しみたい
・・・のは贅沢でしょうか。









普賢象                         鐘きd0065364_225482.jpgd0065364_2291976.jpg


















千里香・・は、本当に強い芳香のする大振りのサクラ。
普賢象・・は、とても優しいアプリコット・ピンクの色が忘れられません。
[PR]
by rolferK | 2009-04-16 02:28 | 季節・ガーデニング
名古屋でご活躍のRolfer・yukiさんが、先日の私の記事に共感して
わざわざお知らせをくださいました。

yukiさんの視点から共感してくださったことが、とても嬉しく思っています。
本当にありがとう・・・。

以下は、yukiさんのブログ記事です。

筋筋膜性疼痛症候群

誤差…?(ロルファーりつこさんブログより)

yukiさんお薦め本:トリガーポイントブロックで腰痛は治る! (単行本)
             加茂整形外科医院院長 加茂 淳 (著)
[PR]
by rolferK | 2009-04-12 23:47 | 健康関連

お風呂でもテレビ?

電気製品・・・は定番の扱いも”苦手”な方です。

それでも、主人のお供でときおり大型電気店にいく時があります。

たま~~に行く者にとっては、まるで”竜宮城”かなにかのようで、
色とりどりの新型機種がキラキラ・ピカピカと、賑やかに並んでいます。

その中に、ちょっと気にかかったものがありました。

「お風呂でもテレビが見られる・・・ワンセグ機能」とかいうもので、
さっきまで見ていた番組を、そのままお風呂で続きが楽しめますよ・・・と。

チョット待って!これは”誰かのたくらみ?”と感じてしまいました。

現代はストレス社会だ・・・とか
情報の氾濫だ・・・・・とか
思考の停止だ・・・・とか

いろいろなことが非難めいて言われている現代のなかで、
日本人が継続しているとてもすばらしい習慣は
(大方の方が)独り静かに「お風呂に入ること」だと思っています。

裸の自分が、裸の心で 
湯船のぬくもりを感じながら
深々と息をついたり
自分と向き合える
大切な 一時・・・・

そうした”お風呂の時間”をもつ事を、
少なくとも1日に1回 習慣的に行っていることは
ある意味で”瞑想や止観の予備練習”を習慣化していることではないかしら・・。

実際に、多くの著名人の方々が”お風呂”の時間を
ご自身のために大切にしておられるのは、けして清潔のためだけではないと
著書などからうかがうことができます。

インスピレーション・・・という”宝物”を受け取るための大切な時間だと
私も思っています。
[PR]
by rolferK | 2009-04-11 23:21 | スピリチュアル