「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

思いがけず・・・・

スピリチュアル講座”親子編” という未知の講座に
10名以上のお客様がいらしてくださいました。

本当にありがとうございました。


皆さんのスピリチュアルな感性の確かさを
とても嬉しく・頼もしく感じさせていただきました。

未来・・・という、これからの世界を生きていく”若い女性”が
スピリチュアルな感性を豊かにもっていてくださることは、
もしかしたら”国の宝もの”といえるかも知れません。

女性(の心)が豊かである国は
きっと豊かに発展する・・・・のですから。

今回の企画をしてくださったsoramaスタッフの皆さん、
心からありがとうございました。


次回は6月21日(日)に”スピリチュアル~病気編”と題して
健康・病気についてお話してまいります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

*****今日の神戸は、人々の表情が”明るさ”を取り戻していました。
        豚インフルエンザも、きっと遠のいていく事でしょうね。
        
[PR]
by rolferK | 2009-05-31 19:01 | スピリチュアル
念願の「スピリチュアル講座」を開催させていただきます。

Rolferというお仕事を始めて、
”いつか必ず・・・”と願っていた講座です。

神戸元町・ピラティス・スタジオSORAMAさんで生理学講座の折に
「真面目にスピリチュアルなお話をしたい」と口にしたことを
SORAMAスタッフのご協力とお客様のご要望で実現の運びになりました。

なんて嬉しい事でしょう!

日本は本来とてもスピリチュアルな精神風土を持っているのですが、
残念なことに内容的な整理がまったく手付かずで情報が混沌としすぎているようです。

これからは、WHO(世界保健機構)的見地からしても
スピリチュアルの情報抜きで健康や心理をかたることは
なくなってくることでしょう。

つまり、スピリチュアルとスピリチュアル的発想は科学の一分野になると考えています。

もうすでに始まってはいますが、例えば「倫理」のなかにも
スピリチュアルは当然反映するでしょう。

知らないからやってしまった・・・
知っていれば違う選択もあったのに・・・・

そうした後悔を残さないように。

そして、知ったからこそ・・の喜びを一つでも多く
皆さんと味わいたいと願っています。

開催の詳細はスタジオSORAMA
[PR]
by rolferK | 2009-05-23 00:06 | スピリチュアル
2週続きの”週末DVD鑑賞”ですが・・・

今回は「マルタのやさしい刺繍」。

スイスの山間にある本当に美しく・小さな村でおこった”勇気”の物語・・でした。

長年連れ添った夫を失ったショックを抱えた老婦人・マルタを中心に
3人の友人と計・四人それぞれの”夢をあきらめない”生き方を
とても”やさしく”さわやかに綴ってくれています。

50歳を越えて・・・今だからこそ、実感できる”夢を諦めない”ことの
本当の大切さを、マルタの姿から学びました。

更年期の女性こそ見ていただきたい・・と思っています。

*Amazonに掲載されていた広告文をご紹介
内容紹介
【作品概要】
“夢みるパワーとは、あきらめないココロ!”
80歳のおばあちゃん、マルタの夢は、自分でデザインして刺繍をしたランジェリーのお店を
オープンさせることだった!
遅咲きの乙女たちが繰り広げる、ハートフルでチャーミングな物語に、みんな勇気を貰えるはず。

◆2008年、ミニシアターランキング洋画部門堂々の第1位獲得!!

◆シネスイッチ銀座1館から始まり、公開1週間にして、
なんと2008年の興行収入1位が確定した超超超大ヒット作!!

◆本国スイスでは、同年公開のハリウッド超大作、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ダヴィンチ・コード」を抜き、社会現象を巻き起こした話題作。

◆マルタを演じるのは、本国スイスで“グレート・レディー”と呼ばれるほど、
人気のある大女優シュテファニー・グラーザー。
[PR]
by rolferK | 2009-05-18 16:09 | 映画・音楽・書籍
Pandemic Fears Grow over Swine Flu

The outbreaks of swine flu, that killed as many as 81 people in Mexico, have the potential to lead to a global pandemic, the World Health Organization warned on Saturday.

4月末にこの記事があってから約半月ほどに間に
関西でも学校を中心として、広がっています。

空気感染・・・ですから、”人ごみ”や”換気不足”のところでは
感染の可能性が大きくなります。

基本的には”インフルエンザ”として軽度のもののようです。
が、ワクチン対応などの準備が遅れているための警戒心が
大きいようです。

ただ、その発生プロセスに豚が介在していたことで
過去の狂牛病や鳥インフルエンザの記憶が「恐怖心」を
増幅しているようにも感じています。

本来人間に備わっている「免疫力」は
とても頼りがいのあるタフな存在
ですが、
さすがの「免疫力」も「恐怖心」には勝てません!!
ある意味で、報道を通じてひろがっている善意の警戒心が
個人においては「恐怖心」に変化してしまったとしたら
それが感染流行を招く事も、十分考慮する必要があるでしょう。

学校などでは学級や学校閉鎖もあるようですが、
薄暗い部屋でファミコン三昧・・・ではなく
5月の晴れ晴れとした外気と日光のもとで
のびのびと遊んでくれることを願っています。

どんな凶悪なインフルエンザでも
本当の意味で、人間の免疫力に勝てるものではありません。
そして、地球の大気の浄化力は
人工の空気清浄機の及びもつかない力を持っています。

それから、なによりも”明るい気持ち”をもつ事。

鏡に向って”ニッコリ”笑ったら
窓をあけて!
こもった部屋の空気を
自然の大気と十分に交換することが
もしかしたら一番の”予防”になると思います。

それにしても、本当に交通手段の多くが
窓を閉鎖しています・・・・ね。
[PR]
by rolferK | 2009-05-18 11:45 | 健康関連
週末、久しぶりに・・・主人の好みにあわせてハードなDVDをレンタルしました。

ランボーシリーズ「RAMBO 最後の戦場」

あらすじは・・・・

軍事政権下、内戦と虐殺の続くミャンマー。
特にキリスト教徒の多い少数民族:カレン族への
激しい殺戮が報道される。

アメリカ・コロラド出身者数名の民間キリスト教徒ボランティアが
その激戦地へ医療ボランティアとして河沿いに潜入するため、
ランボーの船を利用する。

現地到着直後に襲撃・捕縛されたボランティアを救出するために
アメリカから送られた”傭兵部隊”とランボーが
死力の活躍をする・・・・。

というようなストーリーなのですが、
次々と繰り返される処刑・暴行・乱射・・・そしてゲームとしての殺戮・・・・

無口なランボーの無言のなかに
”平和ボケ”への強い警鐘が、ガンガンッ響いてきました。

私もいつのまにか平和ボケだったのですね。

先日北朝鮮から発射された「ミサイル」にさえ
なにも抗議しないような”優雅な”人になっていました。

リンクさせていただいているブログ「ボルダーざんまい」では
遠くアメリカにいらして、ご両親の住む故郷・日本の安全を
真剣に憂慮していらしたのに・・・・。
(政治経済2009.04.05記事「安保不感症」からの卒業)

オバマ政権になって、アメリカが軍事力縮小路線をしいた以上
今までのように、憲法改正・反対!・・・ということは
本当の意味では日本を危険に晒すことを意味しているのではないか・・?と
つくづく感じています。

Rolfingをとおして知った”人体”のシステムは
深層心理の不安に最も敏感に反応し、強い緊張と心身の不調を
生み出す事を実感しています。

国が平和であることは、私たちが、そして子供達が
健康で幸福でいるために
死守するべき”最低ライン”だと、気付きました。

そのために、「戦争を呼び込まないための強さ」というものの必要を
映画・ランボーは教えてくれたと実感しています。
[PR]
by rolferK | 2009-05-11 19:47 | ワタシ
最近リンクをさせていただたブログ「ボールダーざんまい」の記事に
嬉しいニュースが載っていました。

5月4日付けのフォーブス誌で、Rolfingの故郷・ボールダーが
「アメリカで住みやすい町」NO.1に選出された・・そうです。

私の親戚さえ住んでいませんが・・・やっぱり嬉しいニュースです。
詳しくは「ボールダーざんまい」2009.05.07付けの記事へ。


砂金を求めて西へ西へ・・・と進撃していった西部劇の舞台の
終着点でもあったBoulderは、古きよき”裕福な”アメリカ人が住み着いた
穏やかで、ちょっとマニアック?な文化的な街です。

と同時に、フロンティア精神がリアルタイムで息づいてもいます。

日本の街なら・・・京都に似た立場にあるように感じています。

そんな”素敵な街”であるにもかかわらず、日本の書店に並ぶガイドブックでは
名前を見つけることができませんでした。

最寄のデンバー空港へ、日本からの直行便が未だ無い事が残念です・・・ね。
[PR]
by rolferK | 2009-05-09 18:25 | Boulder
d0065364_23143447.jpg今年もバラが咲いています。

ほとんど、手入れも行き届かない飼い主ですが
屈することなく、素直にノビノビと
今年もバラが咲きました。

どうもありがとう・・・。



d0065364_23153670.jpg
d0065364_23161488.jpg












d0065364_23184971.jpg

d0065364_2319980.jpg
d0065364_23194565.jpg
[PR]
by rolferK | 2009-05-04 23:23 | 季節・ガーデニング
もうすぐ”幻”の存在になってしまうらしい・・・文京六中。

文京区とか、本郷とかの地名をきくと
未だに大好きだった”六中時代”がよみがえってきます。

その六中・名物先生のおひとり、ビートルズ信者のミスター・コットン(先生)の
隠れたご趣味が”茶花”だと知ったのは、ブログをとおしてです。

毎日、ご自宅の庭に咲く、初々しい”茶花”を
溢れんばかりの愛情で撮られた写真の数々を
拝見することは、日々の楽しみの一つです。

今日のお気に入りは”豆殻の花入れ”と”ルリ起こし”です。

先生には無断ですが、写真をリンクしてみました。
先生、ありがとうございます。
[PR]
by rolferK | 2009-05-04 23:04 | 季節・ガーデニング