「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

嬉しい 誤差~2

”側湾”という”言葉”に執われていた私自身が、
Rolfingをとおして認識を大きく変換させる事ができたことは
本当に大きな喜びのひとつです。

その喜びをみなさんと共有させていただきたくて、
以前に以下の記事を書きました。

側湾・・・という言葉
誤差...?

そしてRolfingのプロセスに・・・・また側湾測定結果に”誤差”が生じたと
クライアントさんが教えてくださいました。


たとえ経験豊富な医師であっても、
いままで出会ったことのないような事実を受け入れる事が
本当に難しいことなのだな~~~と、今回も思います。

けれど、もしかしたら・・・・・
今まで出会う事がなかったのは、医師自身が身体の「可能性」を
信じなかったからではないかしら・・・?と思えてなりません。

Rolfingは素晴らしいワークです。
けれど、やはりすべてはrolferとクライアントさん自身が、
ともに身体の「可能性を信じる」ことから始まり、
「その変化を受け入れ続ける」ことで
”本来の自己”へ向かって変わり続けていくのだと思います。

いつの日にか全ての医師が、
このような”誤差”としかいいようのない”小さな変化”を”確かな前進”と認めて、
クライアントさんとともに喜び合って下さる日がくることを心から願っています。
[PR]
by rolferK | 2009-07-31 16:30 | Rolfing
そもそも・・・・Rolferになりたい!という主人に同伴して、
Rolf研究所のあるBoulderに来ることになった私です。

近年は海外から沢山の先生方が来てくださり、
日本でも素晴らしい研修が目白押しで、毎回時間と費用の算段に
アクセクしてしまいます。

それでも何故か定期的にBoulderの空間で学びたくなる・・・・というのが本音です。

Rolfingというフィールドをとおして”学ぶ”ことの楽しさに惹かれて,
2004年の卒業後、今回で3回目のBoulderになりました。

Boulderはコロラドの大自然に囲まれて、周囲には沢山の国立公園を有し、
本当に見所いっぱいの土地柄ですし、自然と親しむ・自然を楽しむために
さまざまな用意がされている有難い環境です。

当然出発前には、”時間があれば、あそこにも行ってみたいね~”などと
友人やお知り合いの体験ブログ記事にワクワクしているのですが、
いざ現地入りしてしまうと、行きたいところは全て”先生方の所”になってしまいます。

研究生だったころから私たちを見守ってくださっているLucyさんには、
決まって「Boulderにきて何処にも行かないなんて、You are crazy!」といわれてしまいます。
もちろん今回も聞く事になりました。

あと実質1週間の滞在中・・・「エステス・パークには行こうね」を合言葉に、
ついつい「先生のご都合は・・・?」のほうが気になってしまいます。

やはり、予定というものは”事前に”かつ”具体的に”準備しておかなければ、
なかなか実現するものではありませんね。
「できたらいいね~~~」くらいのことは、語って満足してしまうのでしょう。
物事は「是非やりたい!」のレベルからしか成り立たないのは、なんでも一緒なのですね。

・・・・と長い前置きでしたがTOMOKOさんのブログ「ボールダー三昧」July 24th
アリゾナ州まで南下してナバホ族の家庭に一晩だけステイさせてもらいました。という記事がありました。

今は、TOMOKOさんの体験記事でシュミレーションです。

素敵な刺激を沢山いただいて、「是非いきたい」ところを具体的にイメージできる日も
そう遠くないことを願っています。
[PR]
by rolferK | 2009-07-25 18:13 | Boulder

DORA-YAKI その2

リンク先の「ハッピーブログ」さんで、久しぶりに大好きな”よねぞうさん”ネタが
続いていて、うれしく拝見していたら・・・・・

コメントに「小豆あん」に関する和菓子情報がありました。
無断で拝借いたしまして、以下に部分コピーさせていただいています。

超・健康志向なBoulderですから、こうした情報がしっかりと広がれば
”和菓子”は立派に市民権を得る事があできるでしょう・・・・ね。

特に、和菓子のエネルギーは洋菓子のほぼ3分の1程度と低く、
    消化効率よく脳の働きを助けるエネルギーに転換される
    紫外線防止作用のあるアントシアニン豊富な小豆
というあたりは
”和菓子効果”として、とても説得力を感じます。

ただひとつ・・・・日本とまったく違うのは、あまりに気候がさわやかで
「夏バテ」がないことです。

このBoulderの夏に馴染んでしまった体は、蒸し暑い日本の夏に耐えられるような
”忍耐力”に欠けるのではないかしら?と思ってしまいます。

それにしても夏は夏。日中には肌を刺すように強い日差しを感じていると
なぜか”土用のうなぎ”が食べたくなってきます・・・・・日本人ですね~。

*****************(以下、ふたば菓舗 太秦庵より)

京都、金沢、関西や北陸の一部には、
夏の土用の入りにあんころ餅という土用餅を食べる習慣があります。

特にここ京都では、毎月何かしら食べる日があり、
あんころ餅もみなづきに続く、京の局所的な決定事項でしたが、
近年は関東にも波及し、うなぎと共に全国的な土用の習慣になってきました。

もともと宮中の公家の間でガガイモの葉の煮出汁(抽出液)で
もち米を練って丸くまとめた餅状のものを食すると暑気あたりをしないという、
民間療法ならぬ、公家間療法がありました。

ー江戸時代の餅屋に煽られたのでしょうか?ー

その風習に由来し、江戸中期ごろより京の町中で定着、
土用の入りには小豆衣の餅→転じて→餡衣餅を食すようになったといわれています。

お餅は体のエネルギー源となる炭水化物が凝縮されてますし、
小豆には鉄分が豊富、お餅とあんこの取り合わせ→最強の夏バテ予防!

となり、江戸時代の餅屋はたいそう繁盛したそうです。


ーでは平成の餅屋よりー


脳の神経細胞の唯一のエネルゲンは糖質で、
糖質は「ブラッド・ブレイン・バリア」(BBB)と存ばれる脳の関門を通過して脳の中に入り、
脳の働きを活発化!

疲れたときに甘いものを食べたくなるのは→脳がエネルギーの補充を待っているから。

40歳を過ぎたら、認知症の予防のためにも糖質の補充を!

和菓子のエネルギーは洋菓子のほぼ3分の1程度と低く、
消化効率よく脳の働きを助けるエネルギーに転換されるので、
ボケ防止にはケーキよりも和菓子がおすすめ、

できれば紫外線防止作用のあるアントシアニン豊富な小豆を、
皮ごと、つぶあん衣のあんころ餅が最強です♪
[PR]
by rolferK | 2009-07-24 14:11 | Boulder
どんな時でも”お土産”を考える事は、楽しさと難しさがありますよね。

特に海外のかたがたへの”お土産”は、やはり「日本自慢」に
走ってしまいがちです。

今回のBoulderへは、「お茶と茶菓子」のセットを考えました。

Boulderでは”緑茶”(Japanese green tea)はすでに定番ですが、
日本の茶菓子はありません。

アメリカ人の”甘み”の感覚は、私たち日本人にはきつすぎるほど
”甘い”(時には、甘・塩辛い)のが普通ですし、
缶入りやパック入りの豆乳や緑茶には、きまって砂糖が入っていて、
バニラやストロベリーのフレーバーがついていたりします。

私も間違って購入してしまった事がありましたが、
もったいない・・・とはいえず、捨ててしまいました。

そんな”甘党”のアメリカですが、(主に缶詰の)”煮豆”=”塩味”と決まっているようで、
「小豆餡(あずきあん)」や「甘納豆」のような食べ方は、未開発のようです。


LOHAS発祥の地Boulderと呼ばれていますが、以前Lucyさん(元・下宿先)が
アメリカで一番最初に”牛蒡(ごぼう)”を食した土地なのだと誇らしげに語っていましたので、
それなら「あんこ」はどうかしら・・・・?と思いつきました。

日本の食事やアニメなどが好まれているBoulder・・・・
ドラエモンの好物・DORA-YAKIをご紹介しようと、大阪・茨木市の和菓子店「蔦や」さんの
名物”どら焼き”に熨斗をつけて、あちらこちらにお配りさせていただきました。

今回、このDORA-YAKIを出発にあわせて作ってくださった「蔦や」の若旦那さんは
結婚を間近に控えて、とてもとても幸せで、とてもとてもお忙しかったはずです。

それで、お土産のカードには
     もし、このDORA-YAKIの小豆が甘すぎたら、
     それは彼が間近に結婚を控えているからでしょう・・・。
と添えておきました。
 
気になる感想は・・・・

Lucyさん曰く、
「Boulderを代表して、美味しい!」とおっしゃってくださって、
新婚家庭をスタートしたばかりの「蔦や」のお二人への祝福のように聞こえました。

おめでとうございました!

********
「蔦や」さんのお二人の挙式のご様子です。美しい花嫁姿ですね~~。
        さらっと日記
[PR]
by rolferK | 2009-07-23 16:17 | Boulder
7月13日付けでNew York Timesに寄稿された
”三宅 一生氏”の A Flash of Memory (英訳文)を見ました。

全文は NY Times.comのOpinion(以下アドレス)で読めます。
  http://tinyurl.com/labx9m

”A Flash of Memory” という言葉は、オバマ大統領が「原爆(の閃光)」を
意味して使われた表現のようです。


三宅氏はご自身が「原爆体験の生存者」(当時7歳)であり、
お母様も原爆投下後3年に「被爆症」でなくなられていたのだそうです。
けれども、ファッション界という”明るく・楽観的な世界”で働く彼にとって、
「原爆生存者のデザイナーというレッテル」を背負う事は、不快なことだったと語っています。

その彼が、今あえてNY Timesを通してオバマ大統領に
「原爆慰霊記念式典」への参加を訴えたのは、彼自身が「生存者」であることの
「a personal and moral responsibility (私的かつ倫理的責任・義務)」だと
確信したからだ・・・・そうです。

この結論と行為に 彼を急がせたのは、オバマ大統領の就任時の演説と、
現在進行中である「北朝鮮の核兵器開発」への危機感だと、文面から感じます。

In Japan, we live with the constant threat from
our nuclear-armed neighbor North Korea.


もし、彼の呼びかけにオバマ大統領が答えて広島・原爆慰霊記念式典に参加してくだされば、
おそらく世界中の人々の関心が「核兵器廃絶」へ大きく前進するとともに、
北朝鮮の日本に対する”脅迫行為”も少しは慎まれる事でしょう・・・・。

けれど、もしオバマ大統領が来られなかったとしても、
日本に対する北朝鮮の核兵器による”脅迫”を鎮圧することは、
「唯一の被爆国である日本の責務」だと、この寄稿を読んで強く感じました。

今の日本の憲法では、
・・・攻撃を受けない限り、相手を攻撃する事は許されない!・・・・。


けれども、三宅氏の心の奥に数十年(当時7歳)の沈黙を与えた
一個の核爆弾の悲しみと苦しみをさけることは、「攻撃を受けてから」では不可能です。

一個の核爆弾=10万人以上の死 と共に、
数限りない悲しみと憎しみと絶望を 一瞬にして招きます。

三宅氏は、たったお一人でオバマ大統領に広島訪問を呼びかけました。
If Mr. Obama could walk across the Peace Bridge in Hiroshima —
it would be both a real and a symbolic step toward creating a world that
knows no fear of nuclear threat.
Every step taken is another step closer to world peace.


まもなく近づく”衆院選挙”で、日本国民の民意として
「核廃絶」とともに「積極的自衛」に向けての憲法改正の必要性を
世界中に示す事が出来ますように!!!

今ほど「被爆国である悲しみ」ことを「未来への希望」に昇華できる瞬間はないと、
三宅氏の言葉をとおして、強く強く感じています。

ブログへ起こしくださる皆さんへも、
是非、三宅氏のメッセージが届きますように・・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-07-18 14:32 | ワタシ
Boulderに到着して6日が過ぎました。

毎回お世話になる現地のかたがたへの楽しいご挨拶も
ひととおり終えたかしら・・・?
今年は、今までになく”日本コミュニティ”のかたがたとも
お知り合いが増えつつあります。うれしい事です。

今年はBoulder150年祭の年にあったっていました。
私たちが見る限り、いつものBoulderに思うのですが
いろいろ特別な催し物があるようにも聞きました。

昨夜は7月28日~8月7日に開催するBoulder Music Festivalの
先駆けのようなコンサートに誘われて、行ってきました。

Joan Baez・・・ジョーン・バエズ。ご存知でしょうか?
有名な女性シンガーソングライターの一人で、
ご主人は、1960年代のベトナム戦争・反戦で投獄されました。

昨夜は、きっとウッドストック音楽祭のころからのファンだろうな~~と思えるような
当時青年だったろう、ご高齢のご夫妻方が、遅い夕暮れのChataqua Auditorium
(チャタクワ公会堂)に三々五々集まってこられました。

当日チケットがないはずのコンサートに
「会場の外で聞けばいいのよ・・・!」と誘ってくださったLucyさんの言葉が
本当にChataqua Auditoriumへ着いて理解できました。

なんと・・・・公会堂の後ろの壁、半分がない(開いている)のです。
つまり、公会堂の裏が屋根のないオープン席のような状態で、
まるでピクニックでもするように、敷物を広げて、バスケットにはワインとおつまみの観客が
公会堂の裏に広がっていました。

私たちも、そのかたがたのなかに混じって、日暮れの残照を眺めながら、
一時のコンサート気分を味わいました。
ただ、日暮れからの急激な冷え込みと、バスの最終(とても早いんです)のために
皆さんより大分早くChataqua Auditoriumを離れました。

現地のかたがたの薄着は、日本の夏使用の私たちの体には真似できません。
もしかしたら、”白熊さん”なみの耐寒性をもっているようです。



ところで、現地について一番初めに聞いた事が「歴史的景観保護が法令化された」という事でした。

そのお陰で?Chataqua Auditoriumも古き姿のまま使用されていて、
今回のような素敵な体験もできたのだとおもいますし、
きっと150年祭を機に、”美しい歴史的景観の街・Boulderを継続させよう”とした試みでしょう。
けれども、その事が実際の市民の生活に、かなりの不自由を生み始めているようなのです。

LOHAS(Lifestyles Of Health And Sustainability)発祥の地・Boulder
アメリカにありながら アメリカ的であることにこだわらず、常によきものを追求していこうとする
その気風が今のBoulderを築いてきたのだと思っています。
だからこそ、Rolfing創始者のアイダもBoulderへと導かれて、根を下ろしたのだと
確信しています。

LOHAS (健康と持続可能性のあるライフスタイル)を生み出した、そのBoulederの気風が
健康志向の観光客を対象に?形骸化していくような・・・
そんな危機感を、実際に生活してきた古き・よき市民たちは感じているようです。

流動的でありながら、方向性を見失わない

本当は、それがLOHASなのだと思っています。
[PR]
by rolferK | 2009-07-17 04:26 | Boulder
今アメリカでは、先日急死したマイケルジャクソンに関わるニュースが
連日流れています。

多くの大スターがそうであるように、私もマイケルさんが(その容姿も・・・)
なにか人間離れをした存在のように感じていました。

けれども、追悼式で語られた長女 Paris さん(11歳)の言葉を知って、
私が見ていたのは彼の見せかけのイメージだったように思えました。

  "I just wanted to say, ever since I was born,
  daddy has been the best father you could ever imagine,
  and I just wanted to say I love him so much."

  「ひとつだけ言いたいのは…私が生まれたときからずっと、
  パパは誰よりもすばらしい最高のお父さんでした。
  パパ、大好きだった」
[PR]
by rolferK | 2009-07-11 13:16 | ワタシ
神戸・元町のピラテス・スタジオsoramaで、
生理学講座・3回目を開催させていただきます。

「女性」であるという身体的事実を学ぶ事によって、
”いたわり”と”しなやかさ”を豊かにしていただければ・・と
願っています。

以下、sorama HPからのお知らせです。
どうぞ お越しください。

*********

生命の理を学ぶ生理学!第3回目です。

今回は「女性」をテーマに生理学をお伝えします。

女性特有の生命活動の奥深さを一緒に学びませんか?

ボディーワークに関わる方から、ご自身のお身体に興味がある方まで

ふるってご参加下さい。

男性の方も大歓迎です!!!


★日 時 8月23日(日)10:00~13:00

★講 師 川合 律子 (ロルフィング大阪)

★参加費 メンバー5000円

       ビジター6000円


詳しい内容はメール か電話でお気軽にスタジオまで
[PR]
by rolferK | 2009-07-09 02:56 | お知らせ
たしか・・ヘーベルハウスという住宅の宣伝だったと覚えています。

素敵な二階建ての家の映像に、お父さんと男の子の会話が聞こえています・・。

男の子はビックバンの前の”宇宙の始まり”をお父さんに尋ねます。

 お父さん:それはね・・・・・(会話が遠のく)・・・・(そのままコマーシャルも終わる)


”お父さん”の答えをききたい!と、
そのコマーシャルが流れるたびに思いました。
そして、今でも思い出しては そう思っています。

Rolfingにめぐり合って、身体というフィールドに立つと、
その根底には”宇宙”や”地球”と同じ「成り立ち」を感じずにはいられません。


小さな子供達は、時として「根源的な問い」を親に投げかけてきます。
私もそのような沢山の「問い」を与えられました。

それは、親が全てを知っている存在に思えるからなのでしょう・・か?
それとも、”遠い昔”を忘れかけてしまっている大人へのプレゼントなのでしょうか・・?

私にとっては、その子供達の”問い”の数々が、今の私を育てる原動力になっていたことに
気付くようになりました。

子供は、親を愛し 親の成長を助けるために 誕生してくるのだ


7月7日・・七夕の日に、私達がことさらに”宇宙(そら)”を思うのは
本当は”懐かしさ”からかもしれない・・・・・と昔感じたことを思い出しています。

************(7月8日0時 追記)**********
上の記事を書いて、約20時間後・・・
「Yahoo!智恵袋」というコーナーで「宇宙の始まり」についてのコメントを
特集していました。
(検索の欄に「宇宙の始まり」を入れてください)

7月7日・・・は、やはり「宇宙を思う日」だったのですね・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-07-07 02:09 | スピリチュアル
お知り合いの方々が出演される催しものです。

(1)in 大阪・難波

朗読劇団あめんぼ座 公演

「曽根崎心中」 近松門左衛門・作 宇野信夫・訳 
「ら抜きの殺意」 永井愛・作 

とき 7月3日(金)午後3時/午後7時 開演
    4日(土)午後1時 開演

ところ ワッハホール(ワッハ上方5Fホール)
     南海線 なんばから歩いて5分くらいのところ
     なんば花月の前です
     http://www.wahha.or.jp/ANNAI/koutuu/koutuuannai.htm

入場料 当日3000円 前売2500円

あらすじ

曽根崎心中:元禄16年5月7日竹本座初演の人形浄瑠璃。平野屋の手代徳兵衛は友人油屋の九平次に店の金をだましとられる。切羽詰まった徳兵衛はかねてなじみの遊女天満屋お初と曽根崎天神の森で心中をする。近松門左衛門の代表作のひとつ。

ら抜きの殺意:通信販売の会社「ウェルネス堀田」の事務所が舞台。人のいい社長、経理兼副社長の社長夫人、調子いい営業社員、いまどきの若い事務職員、夜の電話番に応募してきた謹厳実直な年配の男、取引先の女性社員、日系三世を自称する客などが織りなすてんやわんや。言葉は人格を変える、というテーマで現代を撃つ。永井愛作1997年劇団テアトルエコーが初演。その年第一回鶴屋南北戯曲賞受賞。

あめんぼ座HP
http://www.amenboza.org/


(2)in 横浜

「グリーンコンシャスピープルが創る持続可能な社会」
第1部.ボールダー発最新グリーンレポート
~ロハスのメッカ、コロラド州ボールダーとのオンライン中継セッション~
と題しまして、ロハスなトレンド情報満載でお届けします。

ナビゲーターはワタクシ、グッドマン知子と夫サム。
ゲストスピーカーは、雑誌「ソトコト」でもお馴染みの井沢敬さん、
グリーン建築VASTのブランディ&ジョセフ、
そしてBoulder’s Best Organicsのアロンです。

詳しくは、TOMOKOさんのブログ「ボールダーざんまい」6月30日の記事でごらんください。

******

(有料セミナー)会場:ホール内セミナー会場

7月4日(土)
10:30~11:30
LBA×ABCプレゼンツ
「グリーンコンシャスピープルが創る持続可能な社会」

第1部.ボールダー発最新グリーンレポート ~ロハスのメッカ、
コロラド州ボールダーとのオンライン中継セッション~


パート1.イントロ:ボールダーから始まったロハ
スムーブメント(20分)
スピーカー:井沢 敬さん(プロフィール)
Izawa&ASSOCIATES代表、『ソトコト』ボールダー通信員


パート2.グリーン建築とデザイン(20分)
スピーカー:ブランディ・ローメイ(Brandy LeMae)さん&ジョセフ・ビギル(C. Joseph Vigil IV)さん(プロフィール)
VAST(ヴァスト建築)代表/グリーンビルディング建築&デザイン


パート3.オーガニック&ナチュラルフード(20分)
スピーカー:アロン・マンシカ(Arron Mansika)さん(プロフィール)Boulder’s Best Organics代表


ナビゲーター:Boulder Lohas Guild共同創始者/サム・グッドマン(Sam Goodman)さん 知子・グッドマン(Tomoko Goodman)さん


参加費(A-1、A-3、A-6共通の通し券):5,000円(税込)

事前登録(※割引適用外)
ロハスビジネスアライアンス(LBA)オフィシャルサイトへ
オルタナビジネスコミュニティ(ABC)オフィシャルサイトへ
[PR]
by rolferK | 2009-07-04 00:19 | お知らせ