「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

リンクさせていただいているyutaさんのブログ記事
2009-08-10 おばけなんてないさ」に
「絶滅危惧種」として”おばけ”が語られていました。
(青字はyutaさんのブログ記事より引用)

おばけは,人間の想像力が失われるとともに姿を消し,
今や絶滅危惧種となっているそうだ。

ファンタージェンみたいだ。

人間が死ぬことができるからこそ,育んできた大千世界がおばけの世界なのかな?
人間の世界とおばけの世界は矛盾せずに同じ場所に広がる。
人間の生が豊かであればおばけは復活,増殖するということだ。
想像力を失って生きる人々が増えると,おばけも住めない。

今や絶滅危惧種に指定された傘おばけや,とうふ小僧を,復活させたいものだ。


”おばけ”は”幽霊”ではありません。
なぜなら、オバケは肉体を持ったことがない存在だからです。

人間の想像の力が、かれらの生命源であり、
”幽体”とよばれているエネルギー物質がかれらのボディーです。

だから、
人間の世界とおばけの世界は矛盾せずに同じ場所に広がる。
人間の生が豊かであればおばけは復活,増殖するということだ。
想像力を失って生きる人々が増えると,おばけも住めない。

という事になるのですが・・・・

これはオバケだけではなく、もっともっと根源的な世界の”今”を
物語っているのだと思います。

”想像力”は、その「強さX時間的継続=総量」が大きければ”創造力”となり、
実際に3次元表現として現れてくるからです。

ビジネス・シーンや自己実現セミナーで頻繁にいわれている「引き寄せの法則」は
心に思い描く”想像”を”創造”へとシフトしていく方法を
経済活動などに応用しているのです。

私達は日々、一瞬一瞬にこの”創造”活動をしている存在だという事実を
気付いていない方が殆どです。

”何を考えたか?””何を思い続けているか?””何を信じているか?”の点検の
大切さを説かれた釈尊の教えは、仏教として2500年以上続いています。



今また、インフルエンザの流行が取りざたされ始めています・・・

私達人間にそなわっている”免疫力の強さ”を思い出してください。
そして、私達自身のインフルエンザを寄せ付けない”生命力”を想像をしてください。
最後に、ご自身の体への無理強いを改めて、適度な休養をとってください。
これが最強で確実な予防法になるはずです。


I bilieve fairy ・・・・ I do!I do!
(僕は妖精を信じるよ!・・・・僕も!私も!)
死にかけたティンカー・ベルは、みんなの信じる力で生き返りました。

私達の生命力も”よきことを信じる力”で復活することを
一人でも多くの方々が思い出してくれますように・・・・。
[PR]
by rolferK | 2009-08-30 04:27 | スピリチュアル
東京にいる娘から、珍しくメールが来ていました・・・・

急いで開けると・・アドレスだけ・・・???


毎日新聞社・毎日ボートマッチ・えらぼーと」でした!
    毎日ボートマッチ「えらぼーと」は、
    あなたが衆議院選挙の立候補者と同じアンケートに答えると、
    その回答と各政党候補者の平均回答との「近さ」が数値で分かり、
    政党候補者の考え方の違いを知ることができるツールです。

    この「近さ」は、候補者から得た回答を手をくわえずに利用し、
    あなたの回答から機械的に計算します。
    もちろん、毎日新聞として特定の政党や候補者への投票を勧める意図はありません。

    ぜひこのボートマッチを活用し、投票の参考材料の一つとしてお役立てください。

                 全20問

早速質問に”もし私の身体が直接クリックしたら”という視点で答えてみました・・。
なにより”身体”が大切にすることは2つ!
1:生命・存在の安全性
2:選択・対応の自由性
です。

Rolferになることで気付いた生命活動とは、
実は”選択の間違い=生命の危機”であり、
それををいかに回避するかの膨大な知識と多重装置であり、
それゆえに”正しさ”の基準を明確にもっている存在だ
ということです。

私はこのあたりのことを、”生理学講座”で繰り返しお伝えしています。

ですから、この2点に重点をおいて、20の質問事項を考えてみました。

わざわざブログでご紹介しようと思い立ったのは、
まず質問の具体性と、その比較方法の明確さが
大変よいものだったからです。

Rolfingをとおして気づく事は、身体が「今、自分は何を大切に思っているか?」という問いかけを
繰り返し、繰り返し、点検する大切さを教えてくれている
ということです。

なぜなら、私達という肉体存在(未来)は
現在只今の選択の積み重ねによって形成されるからです。

だからこそ!の自己責任が伴うのも、身体のいさぎよいところです。

この「えらぼーと」の一つ一つの質問も、
”なんとなく”・・ただ”感性的に”捉えていた自分の認識を
今、現時点でいかなるものか・・?
本当に明確にするために大変役立ちました。

私の結果は、大変保守・硬派な傾向をハッキリ示していて、
(自民党55%・改革クラブ65%・幸福実現党89%)
朝日新聞の調査結果?とは、正反対の指示傾向を示していました。
(民主党31%・公明党28%・社民党16%)

国民の民意である選挙の結果が、国民の生命の安全を守れるものであることを
本当に願っています。
[PR]
by rolferK | 2009-08-28 02:13 | ワタシ

デフレ経済 

Rolferになってから身体をとおして”本来の当たり前”・・・に
気付くようになりました。

私達の生命活動は、そのまま消費活動です。

ですから、世の中の消費のシステムを見ていると
身体と似ていることを沢山発見して、いろいろと考えます。


今は衆院選挙で、いろいろな公約を聞きますが
どうしても????なのは「増税しなければ、国家の財源がなくなる」という
マコトシヤカな一般説です。

もし、消費活動に”増税”が加圧されたら、私達は自然と消費活動を控えざるを
得なくなるでしょう・・・でも、そうしたら”お金(血液)”の循環が滞って
国家の細胞である”私達”が冷え切ってしまいます。

そうなったら、”免疫力(GNP)”が激減して、最後はありとあらゆる
病気(国家的危機)が蔓延してくる・・・のは、自然の摂理です。



「消費税・相続税・贈与税をなくしましょう!」

なんて嬉しい!!お話でしょう・・・・

これで老後への心配が半減するわ~~~・・・と

思わず、喜んでしまいました。


”風が吹くと、桶屋が儲かる”のは、

どういう経緯だったか忘れてしまいましたが、

今、所得税以外の余計な税金がなくなれば、

私達の”お買い物気分”は本当に晴れ晴れとした楽しみを味わう事ができます。


そうした”嬉しいお買い物”自体が、商店や会社の売り上げをUPさせれば、

必然的にお給料もUPして、またまたお買い物が愉しみになりますね。


こうして、皆が楽しく”お買い物”をしていると、

いつの間にか”所得税”が国家財源としてタマってくるというシステムを

新聞もテレビも語りません。


デフレ経済に関する・・”情報不足”かもしれません。
[PR]
by rolferK | 2009-08-26 00:50 | ワタシ
8月23日(日) 神戸元町・soramaさんのスタジオにて
生理学講座 ”女性の生理”を開催いたしました。

ご参加くださいました皆様、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

     *ご参加くださった感想をブログに載せてくださいました。
        ありがとうございました。
        sorama Voice
        つながる
  

女性と生まれて、50年余の時を経る事で
ようやく気付けた様々なことがらも
”生理学”と”スピリチュアル”いうフィールドでたどれば、
因果関係が理解できるものばかりです。

今回ご参加の皆様方は、私の娘に等しいほどの若々しい方々でしたが、
それぞれの立場で”更年期”への”恐れ”を感じておられることに、
更年期の私が驚きを感じたほどでした。

情報過多・・・といえるほど情報の溢れている今でも、
”更年期”という時期を正しく迎えるための”本質的な情報”
不足しているのだな~~と感じました。

今日は脱線ばかりの講座になってしまいましたが、
その中でもご自身にとって大切な情報を受け止めてくださった皆様へ
改めて感謝いたします。

ありがとうございました。

もっともっと多くの方々に必要な情報をお伝えしたいと
切に願っております。
[PR]
by rolferK | 2009-08-24 02:26 | 健康関連
皆様のご協力をいただいて、モデル・クライアントへのお問い合わせが急増し、
まもなく定員に達しようとしております。

本当に、ありがとうございました。

今後とも、Rolfing普及に努めて参ります。

どうぞよろしく御願いいたします。

*************

お問い合せ:日本ロルフィング協会 教育担当 宮本      
メール:rolfer@rg8.so-net.ne.jp

◆開催期間: 2009年10月13日~11月24日        
期間中の月~金曜日(週2回ペース) 
[PR]
by rolferK | 2009-08-20 02:34 | お知らせ
WSやブログのリンクで、いつもお世話になっている
神戸・元町ピラテス・スタジオsorama のインストラクターchonoさんの記事
     2009年08月13日 「目の後ろ側」
身体感覚が日々の研鑽のなかで、徐々に澄んでいらしたことを
明確に知ることができる貴重な体験記事です。

是非、皆様もご一読ください。

私達の身体は、私達が日常認識しているよりも
はるかに繊細で、そして可能性に富んだ素晴らしい人生のパートナーであることを
一人でも沢山の方々が、ご自分の身体で感じていただきたい!と
強く願って、これからもRolfingやムーブメントをお伝えしています。


ほんの少しの”身体との出会い”に、
私達は不思議と心が癒され
未来や希望が自然に芽吹いてくることを
誰もが実感されますように。
[PR]
by rolferK | 2009-08-16 00:37 | Movement
エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)・・・・ご存知ですか?
自動体外除細動器(AED)・・・は?

と訊かれて「はい!」と応えられる人は、代替医療従事者でも少ないと思います。

実は私もその一人でした・・・。


地下鉄や駅の改札近くにある”あの赤い箱”には、確かにAEDと印されています。
もちろん、海外の飛行場でも何度も見かけました・・・・。

でも、本当にどれほどの人が”使い方”を知っているのでしょう。

もしかしたら、AEDを必要とするご本人やご家族さえ”AEDの使い方”を
知らないのでは・・・?と思うほど、その講習会はポピュラーではありませんね。

ところが、この使用方法を英語(勿論日本語もOKですが)で講習できる方が、
私のすぐ身近にいらしたので
西天満スタジオで講習会を開催していただくことになりました。


本当は、”身体”と”健康”に従事される方は、
そのトレーニング過程に、こうした講習を経験し、
全員が基本として身につけておきたい知識ではないか・
・・と思っています。

詳しくは EFR講習 in English

講師:Owenさんは元・オーストラリア特殊部隊で、隊員としての様々な実践と
特殊部隊員へのインストラクターとしての現役経験をつんでいる”心優しい”方です。

講習会では、ダミーを利用してAED即実践可能な体験も予定。
ライセンスは世界通用です。
[PR]
by rolferK | 2009-08-15 01:59 | お知らせ
以前このブログでご紹介した、朗読劇団「あめんぼ座」公演・演出を担当された
” ♪表現教育家 岩橋由莉さんのWS”が開催されるそうです。

残り少なくなった夏・・・・を惜しんで、お知らせです。
************************

風と波の間に湧き出てくるあなたのお話を紡ぎます

◆ 日時 2009年8月22日(土)     10:00~12:30 ワーク     
ワーク終了後 ~ 昼食交流会 (14:00解散)
◆ 場所 和歌山 新和歌浦浜 海岸  和歌山市新和歌浦2-2∮南海電鉄「和歌山市駅」よりバス 約25分(9・10番のりば「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停下車)∮JR「和歌山駅」よりバス 約25分(2番のりば「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停下車)
◆ 参加費用:5,000円(昼食代込み)現地までの交通費は、自己負担  ワークのみ参加の方はご相談ください。
◆ 定員15人 ◆ 雨天も結構(決行) ◆ 服装:楽チンな格好でお越しください。
◆ 持ち物:ビーチサンダル、水分補給用の飲料、帽子、あればカメラ(携帯でもOK)  
◆ 申し込み  ①~④を明記の上、yuki***aloha-yuki.com までメールご送付ください。
 ①お名前、②ご連絡先の電話番号、③ご到着場所(JR和歌山駅かバス停か海岸) 
④参加のきっかけ、動機や期待することなど簡単に。FREE STYLE yukiまで。
お問い合わせ・・・mixiメッセージで、お気軽に。メールをくださるときは、アドレスの***を@にかえてください。昼食手配の都合上、お申込みは8月20日までにお願いします。

<スケジュール> 9:10 JR和歌山駅 集合できる人はここに集まってね。 9:20 2番のりばから新和歌浦行きバスに必ず乗る。遅れたらタクシーできてね。  9:45 不老橋 着 バス停集合の方はここで。10:00 新和歌浦浜にて 朝の海辺の夏語りワークショップスタート11:00 海の家『木村屋』さんへ移動して、ワークのつづき12:30 ワーク終了12:45 昼食交流会14:00 現地解散(木村屋さんがJR和歌山まで、送ってくださいます)           

~ ♪表現教育家 岩橋由莉さんについて 演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していく「ドラマ」をベースに「コミュニケーション・アーツ」として日本人向けのプログラムとして独自に開発する。その時にひらめく素材や身体、声などを即興的に用いてユニークなワークショップを展開するのが特徴。 乳幼児から高齢者まで、対象者も幅広くワークショップを展開中。 拠点の和歌山を中心に、全国各地で学校などの教育機関、地域でのコミュニティづくり、高齢者との演劇活動など、その実践活動はとどまるところ知らず、多岐にわたっている。http://www.hpmix.com/home/haraiso/ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ♪FREE STYLE yukは、 表現教育家 岩橋由莉さんが繰り広げるコミュニケーション・アーツの独特な世界に出会い、魅せられ、共感しました。以来、より多くのみなさまに、この世界に触れ、楽しんでいただきたく、不定期にワークショップを開催しております。 みなさまとこのワークを共有できますことを楽しみにしています。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by rolferK | 2009-08-15 01:18 | お知らせ
8月10日早朝にBoulderの下宿先を経ち、
デンバー空港・出発~ミネアポリス経由~成田経由~関西空港・到着
そしてJR+タクシー・・・・しめて22時間の移動でした。

今年は例年になく雨天の多かったBoulderは、涼しい夏を通り過ぎて、
私達がデンバー空港へ向うシャトルの窓から見る景色には
そろそろ初秋の香りが立ちはじめていましたから、
関西空港のドアを出たとたんに”ム~~~”っと立ちのぼるような
息苦しい”蒸し暑さ”に出会って、”あ~~、日本の夏!”と思わず深呼吸してみました。

Boulderはロッキー山脈の麓(西側)という地形に恵まれて、
年間降雨量が大変低く、夏・冬の体感温度差が少なく、
その上LOHASとブディズムが根付いた”非・アメリカ”的な街で、
夏の形容詞としては「さわやか・おだやか」がよく似合うように思います。

帰国した大阪の夏は、打って変わって「コテコテ」の夏!

それでも、私の体には「コテコテ」の暑さが染みて来る事が
嬉しい事のように思えるのは、あまりにもBoulderが冷夏だったからでしょうね。

日本人の身体には、日本の季節と日本人の季節感を感じる”ニーズ”が
あるのではないかしら・・・・と、今回は強く思います。

Boulderは豊かな起伏と標高が高く・酸素濃度が薄いため、
マラソンや自転車競技の選手達が高地トレーニングに励んでいます。

が、関空のドアを出たときの”蒸し暑い空気”は、あきらかにBoulder以上の酸欠状態でした!

日本の夏の蒸し暑さの中をトレーニングに励んでいる”選手”の皆さんのほうが、
もしかしたら身体能力が向上するのではないかしら・・・・・と思えます。

人間の身体が「ここち悪さ」や「痛み・苦しみ」を通して向上していくシステムを
生まれたときから持っていることの妙味を、日本の季節は教えてくれるように感じています。
[PR]
by rolferK | 2009-08-12 20:43 | 季節・ガーデニング

Mimi 2009.08.08

まもなくBoulderを離れる私たちを、元の大家さんだったLucyさんCraigさんご夫妻が
週末(土曜日)の夕食に招いてくださいました。

来週(13日ごろ)にあらわれる”流星群”をキャンプで楽しむために帰省している
お二人のお嬢さんのために、LucyさんCraigさんご夫妻の”心をこめた手料理”が並ぶ
素敵な夕食でした。

「今日のランチ・タイムには、24人分のランチを作ったのよ!」とLucyさんが
嬉しい悲鳴を上げていました。

Boulderのランチ・タイム(breakfast)に大繁盛しているLucile'sならぬ
Lucy'sが開店できるはね!と楽しい冗談もでました。が、
私にはLusile'sよりズーーーっとLucy'sの方が美味しいと思います。

この本当に素敵な素敵なランチとディナーに
もうひとつ素敵な素敵なエピソードがありました。

MimiはCraigさんのお母様。今年の春に亡くなりました。
敬虔なクリスチャンで、明るく・快活な・よき妻、よき母、
そして、私にはエイジングの”理想的な先輩”のお一人でもありました。

そのMimiが、ちょうど今日8日に”灰になって”帰宅した・・・・・のだと
Lucyさんが話してくださいました。
そして、ランチの写真には、沢山の若者たちのなかに
Craigさんに抱かれた”箱”が写っていました。

Mimiは”献体”(医学に貢献するために、死後の身体を解剖に差し出す事)を
希望して、葬儀の後”遺体”はそのまま病院に保存されていたのだそうです。
その”献体”が終了して火葬された”灰”が、”ちょうど今日8日”に
CraigさんとLucyさん家族のもとに戻ってきたのです。

にぎやかで楽しい事が大好きだったMImiさんらしい”帰宅”のタイミングに、
思わず涙ながら、嬉しい気持ちがわいてきました。

Craigさんにとって、流星群のなかのどれかが、
きっとMimiさんなのだろうな・・・・と、そう思います。

******************(以下、”Boulder探検隊”より)
Lucile's
【エリア】Pearl Street Mall
【住所】2124 14th St Boulder, CO 80302 >> 地図
【電話】(303) 442-4743
【料理】アメリカン/ブレックファースト
【営業時間】月〜金7:00am-2:00pm、土・日8:00am-2:00pm
【価格帯】$
【駐車】路上駐車
【HP】www.luciles.com
【コメント】多くの新聞記事などで、ボルダーのブレックファーストレストランでナンバーワンと紹介されている。
[PR]
by rolferK | 2009-08-09 14:07 | Boulder