思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

紅葉 と ムーブメント

御堂筋のイチョウが日々に
鮮やかな黄色を見せてくれます。


今日は、Rolferの卵さんお二人をお迎えして、
ムーブメント・ワークをさせていただきました。

最近は年柄か・・・・若い方とのセッションがますます楽しくなってきました。



からだから湧き出る動き・・・・と表現したくなるムーブメントは、
その感覚に出会うこと自体が小さな喜びの体験です。

普段は”自我の動き”の中に隠されてしまっているのでしょう。

ゆったりと、静かに、深く、自我の意識下に隠れていた”色”が
滲み出てくるような時間です。


そういえば、「紅葉の色は、葉緑素が抜け落ちて現れる本来の色」だと聞いたことがあります。

だとすると、自我の身体感覚が抜け落ちて現れた本来の動きが
私たちを喜ばせてくれることは、
紅葉を愛でる喜びのようなものなのでしょうね。
[PR]
by rolferK | 2010-11-24 22:23 | Movement
たかじん氏の「そこまで言って委員会」 番組連動のネット調査です。

前回の同番組で取り上げられていた「尖閣ビデオ問題」に関する
以下の質問への調査締切りが迫っていました!

ご意見のある方は、以下へアクセスください。
アクセスは→たかじんの「そこまで言って委員会」国民調査 No.352

なお、この調査では以下の質問が挙げられています。

また、この質問・回答覧の右上に(調査結果を閲覧する)という項目も
あります。ご一読ください。→ 閲覧する********<調査No.352 >***********

いったいなぜ、政府は映像の流出にここまで慎重になったのでしょうか?
今回公開された映像はわずか6分50秒。
海上保安庁が撮影したビデオは10時間に及び、
その中には日本国民が激高するような衝撃シーンがあったとの噂も
まことしやかにささやかれています。

そもそも民主党は「政治決定のプロセスの透明化」と主張し、
政権交代を実現したのではなかったのでしょうか?


そこで皆さんに質問です。
あなたが、尖閣ビデオの公開問題で「ちゃんと知りたい」と思うことは何ですか?


<調査期間 2010年11月14日(日) 13時30分まで>
[PR]
by rolferK | 2010-11-12 22:15 | ワタシ
以下は、倉橋英樹 氏(豊川市民オンブズマン)が立ち上げ、
つい先程”公開審査”を通過して開始されたばかりの「ネット署名」です。

このネット署名に対する倉橋氏のコメントは氏のブログ「一月三舟」に記載されています。

私も参加させていただきました。

特に、海保職員の仕事場がある兵庫・神戸の皆様、関西の皆様に、
ご参加・ご協力をとおして、海保へのエールを送っていただきたいと願っています。

*********************

プロジェクトの企画者 倉橋 英樹さんからのメッセージ

 【尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件」ビデオ流出者に対する
 告発免除を求める嘆願署名】に是非ご参加いただけませんか。

 私たちは、正確な情報を知る権利の為、内部告発者を守ることを目的に署名を集めています。  ぜひご検討をよろしくお願い申し上げます。

【署名プロジェクト名】
「尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件」ビデオ流出者に対する告発免除を求める嘆願書

【署名プロジェクトURL】
http://www.shomei.tv/project-1642.html

【提出先】
内閣総理大臣
[PR]
by rolferK | 2010-11-11 19:00 | ワタシ

激励!!沖縄の皆様へ

沖縄の皆様へ

海上保安庁と思われる「尖閣ビデオ流出」問題の論点が、
本来あるべき「中国側の故意による衝突」であった・・・という真実への対応ではなく、
外交問題の回避操作と思われる「流出者(犯人)は誰だ?」という論点への露骨なすり替えが
あまりにも”ズル賢く”て、個人的にやりきれません。

沖縄の皆さんの生命の危機感に対して、
申し訳なく思います。


今回のビデオ流出は、
本来、政府によって速やかに「世界に全公開」されるべきビデオです。
ところが、それを大幅な情報操作・修正したうえに、一部への限定公開にしたという
”歪曲情報”に対する「やむにやまれぬ正義感」からの勇気ある行動です。

日本を存亡の危機から守りたい!!という動機に、心から感謝を感じます。


本来、菅首相を核とする政府が決定すべき「米軍基地問題」を
沖縄県知事選挙の結果に「全託」・・・・
つまり、「だって、沖縄の人たちが、それがいい!って言うんだもん!!」というつもりの政府が、
沖縄の人々の幸せなど、何も考えるつもりがない!と言っていることを思うと、
本当に申し訳なく思います。

今までも、そして日本にしかるべき軍隊が整うまでは、
沖縄に米軍(海兵隊)基地があるから、本土の私たちは”当たり前の毎日”を
戦争や侵略の心配なしに暮らさせていただいてきました。


今回の「尖閣問題」に端を発する「中国問題」と「米軍基地問題」は、
沖縄の皆様にとって「即・生存問題」であることを知り・・・
日本という国家の「解体問題」であることも知り・・・・

それら全てが、たった1回の「沖縄知事選挙」に全責任が丸投げされている事実を知り・・・

もし、今回の沖縄知事選挙で米軍基地が廃止決定されたら
→台湾が中国の軍事力で中国になり、日本への石油シーレーンが閉ざされ
→尖閣諸島が中国の軍事力で中国になり、
  その海底にある埋蔵量・世界第3位の石油はすべて中国のものになり、
→軍事力のない日本は、全く無力化して、
 日本経済は株が紙切れになり、壊滅状態になるしかありません。

その後にやすやすと進行してくる「中国」の姿は、容易に想像がつきます。


それら全ての未来が、今回の沖縄県知事選挙結果ひとつにかかっています!!


どうか、沖縄の皆さん、日本の未来の為に最善を選択してください。
どうか、「米軍基地の沖縄県内存続」を選択してください。
どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
by rolferK | 2010-11-09 01:04 | ワタシ
ブログをリンクさせていただいているMIZUKIさんから教えていただいた講演会情報です。

うっかり・・・忘れそうになっていました・・・来週早々に入金申し込みします!

講演会「クスリのいらない体」開催日2010年11月13日(土)
時間13:30~17:45(開場13:00)
会場大阪産業創造館 4Fイベントホール
定員300名
参加費3,500円

お申込み詳細は申し込みフォームへどうぞ。
[PR]
by rolferK | 2010-11-06 01:41 | 健康関連
学校で優等生にならなくても
人間としての優等生には、なれるのです。

d0065364_0243470.jpg

幸之助翁の笑顔の脇に添えられた言葉に
励まされて、購入しました。

<目次 より>

第1章:子供は磨けば必ず輝く
第2章:親が教えてあげること
第3章:しつけ次第で子供は育つ
第4章:素直な心で学べば子供は育つ

ここまででも本当に素晴らしい内容です。
けれど、幸之助翁はこの先を述べてくださいました。

いろいろな”子育て(親育て)”の本がありますが、
その多くは第4章までに述べられた内容で終わっていると思います。

第5章:正しいことを教えれば 子供は育つ     
     *真実を教えよう
     *日本の歴史と伝統を大事に
     *国を愛する子に
     *権利の前にまず義務を
     *人間として大切なこと

特にp.108~の”真実を教えよう”は、全ての大人が
今こそ真摯に考えるべきことだと思います。

翁曰く、
    「 いくら素質が立派でも、
     真実を教えられなければ
     ものの本質を知らない人間になってしまいます。

     子供には真実を教える・・・・
     そう心したいものです。」

そのためにも、まずは私たち大人から「真実」を求めるムーブメント
起こしていきたい!ものです。
[PR]
by rolferK | 2010-11-06 00:24 | 映画・音楽・書籍