「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

物事の本質には、常に人間の「思考」が磁力として関わっている。


日本ではあまり馴染みのない考え方ですが、
デール・カーネギーやナポレオン・ヒルなどの「成功理論」をはじめとする
心(思考)の力」は、経営や成功などの世界では”常識”の一つです。

勿論、怪我や病気も例外ではありません。

では、事故や災害は・・・・?


集合想念という大きな”磁力”が働くと考えられています。

戦争や天変地異も、根本的にはマイナスの集合想念が現象化したものです。


ですからこの度の震災にたいしても、国家単位の反省や鎮魂が必要であるはずです。
石原都知事も、同じ視点からの発言をなさっていらしたと感じています。


その上で、今一番怖いことは、「菅首相の言動(思考)」が私達の深層心理の中に
精神的エイズ・ウィルスとして忍び込んでいることです。


それも「復興」とか「生命の安全」など、さも親切そうな言葉にのせて、
その言葉通りにしないと「罪悪感」をいだくような手口です!!

今回の中部電力への指導は、とても卑怯で、そして危険です。

一部では「菅首相の英断」などと評価しているようですが、
このままでは一年後の日本経済=日本人の生活は、
ほとんど戦後のような苦しさを味わうことになるでしょう!!



震災自体に対する復興への治癒力はあっても、
菅首相のばらまく”精神的エイズ・ウィルス”は、
半年~一年の潜伏期間を経て、
気づいたときには日本の国力が「免疫不全」状態になる・・・・ほどの威力をもっています。


傷ついた日本と日本人が回復(復興)するために、本当に今が一番大切なときなのです。

日本国民として、私たちの免疫機能(善悪を判断する能力)をフル稼働させて、
ぜひ!首相をリコールしたいものです。
[PR]
by rolferK | 2011-05-12 22:22 | ニュース
先月26日募金を終了した「謝謝台湾計画」が
5月3日、台湾2紙に「ありがとう台湾」の謝辞掲載されました!

国として、国民として、きちんとお礼が伝えられたことに
心から感謝します。ありがとうございました。

d0065364_2342871.jpg



安倍元首相も菅首相の対応への指摘・批判をしてくれていました。

身体も、会社も、国家も、
「トップの能力の限界」が「幸せの限界」になることを痛感しています。

一日も早く、日本が本来のトップ(首相)をもつことができますように!

***以下、MSN産経ニュースより抜粋です******


震災支援の謝意表明にまで「?」の菅政権
2011.4.30 18:00 (2/3ページ)

日本政府が朝鮮日報に出した支援への謝意を示す広告

震災から1カ月後、政府は謝意を表明する手段として
各国民への告知効果が高い新聞広告を選んだが、
掲載されたのは米、英、中、韓などの主要紙だけ。

最大の義援金を集めた台湾には当局者へ感謝状を伝えただけで、
広告は出さず「二つの中国」を批判する中国への配慮を優先した。


安倍氏も台湾に出さず、中国には首相特使まで派遣して謝意を伝えたことは
「大きな間違いだ」と批判している。


    *rolferK・・・本当にどこまで「中国の腰巾着」なのでしょうか?
             日本を台湾のような立場にしてしまうつもりなのでしょうか?


広告には「絆に感謝」という英文の見出しと掲載国の言語で感謝文が記され、
末尾には首相の署名と「まさかの時の友は真の友」という言葉が添えられている。

実際、日本には米国や台湾のような「まさかの友」が存在することを
今回の震災は教えてくれた。

ただ、悲しむべきは菅首相に「真の友」がいないことまで証明されてしまったことだろう。
(森山昌秀)
[PR]
by rolferK | 2011-05-03 23:42 | ニュース