「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Rolferになって、クライアントさんの嬉しそうなご様子に
出会えることが「ロルファーのご褒美」のように思えます。


今日は、お二人目のマタニティー・ロルフィングをさせていただいていたRolfer・宏実さんが、
産後9ヶ月のポストパータム・ロルフィング(産後ロルフィング)にいらっしゃいました。


さすが!流石!ママrolfer。

二人目の産後とは思えないほどの”自立的調整”が行き届いています。

”自分に気づく”力が、そのまま”調整作用”を促していることが伝わってきます。

それだけに、”あと少し”が見逃せなくなっていらしたのですね。


”新しい自分”にふさわしい ”新しい感覚”へ変化しようとできる自分

本当は、この小さな”変化することへの勇気”こそ大切だと感じます。


一般的な主婦(過去の私も)”忙しさ と 疲れ”を理由に、
「自分を正す」ことは後回しにして「そのまま」でがんばろうとします。

そして、いつしか・・・・”大変な思いをして やっていること”=”がんばっていること”だと
自他共に認めさせようとしてしまいますよね。


でも、その奥には
「変えなければいけないことを 変えたくない」自分が、
「私は これで ず~~っと やってきたのよ・・・」と
悲しい自己弁護を繰り返していたり。


私の場合、”ああ、こう変わりたかった!”って思っていたことに、
Rolfingが気づかせてくれました。


子供の体にも・・・・もっとも~~っと
「こんな風になりたい!!」という欲求があふれているように思えます。


思いがけず、許していただけたキッズ・ロルフィング(ちょっとだけ・・・ですが)
柔らかな肢体からあふれてくる”動き”に触れることができて、
本当に、心から幸せな時間でした。

ママであるrolfer宏実さんが、以下のようにブログに書いてくださいました。 
 (翌朝、娘の脚を見てみると、なんか一皮むけたような、さらにお姉さんの脚になったような、
  そんな変化が見られました。そして、普段歩くのイヤーっていうことが多い娘が、
  今日は結構、歩きました。)


そして、
しかし、Kidsロルフィングは、お母さんがやってあげられるのが一番ですよねー・・・
ベビマのようにお手軽じゃないけど、ロルファーじゃないお母さんにもお伝えできたらいいのにな。



宏美さん、私も全く同感です!

いつか、ママさんたちにWSしましょうね。
[PR]
by rolferK | 2011-09-24 21:03 | マタニティー&キッズ Rolfing
「デフレ経済」(物の値段が安くなる)が始まってマイナス・イメージばかりが
書き立てられて久しい日本ですが、
そろそろ「デフレ経済」のプラス面が「日本復興」への力になると考えます。


でも、そのための条件は「減税」と「規制緩和」!です。


このデフレ基調のなかで、もし本当に「増税」などしたら・・・・
経済的大震災が吹き荒れます!!!


東日本の震災や和歌山・奈良の台風被害など、政府にとって「増税」の「言い訳」に
うってつけな出来事がつづいて、「仕方ないかな~~~」と思う「国民の優しさ」に
付け込んでいるとしか、私には思えません。


高速道路だって、こんな時だからこそ!「高速料金無料化」にとりくむべきです。


自分ひとりでは”どうにもならないこと”で、なんだかプリプリしてしまっていましたが、
JAF(日本自動車連盟)が「自動車税・減税のための7500万人 署名運動」を起してくれました!

震災日本復興の本当の始まりですね

是非、お一人でも多くの皆さんの署名をネットで届けてください。←こちらから署名できます


ちなみに、アメリカは車検もありませんし、相続税もありませんよ。
・・・と、自動車税に関しては、アメリカの49倍!も支払っているそうです。
それに、<参考:現状計53.8円/Lがガソリンに含まれる税>1リットルにつき53.8円も税金!知りませんでした。
※ガソリン価格=(ガソリン本体+ガソリン税 53.8円+石油税 2.04円+原油関税 0.215円)×消費税


詳しい内容

*************
(記事抜粋)

日本自動車連盟(JAF)が自動車税制の改正に向けて立ち上がったようです。

JAFの発表によると、「生活必需品であるクルマに課せられている複雑・過重な税負担の軽減や、二重課税など不合理な税体系の是正を求める意見を『国民の声』としてとりまとめ、政府・与党等へ提出する為、インターネット署名サイトを設置するほか、各支部窓口やイベント等で広く署名を呼び掛けていきます」としています。

JAF資料によると日本の税収の約10%相当を自動車ユーザーが負担しているのだとか。

自動車関連税内訳

確かに改めて現状の自動車関連税の中身を見ると、取得段階で2種(自動車取得税、消費税)、保有段階で3種(自動車税、軽自動車税、自動車重量税)、使用段階で4種(ガソリン税、軽油引取税、石油ガス税、消費税)計9種類もの税金が存在します。

それを踏まえて、今回のJAFの主張は以下の4点。


1. 車体への課税(自動車取得税、自動車重量税、自動車税)は国際的に見ても極めて重い。
欧米諸国の中でも日本の自動車関連税額は突出しており、マイカーの車体にのしかかる税金はドイツの3倍、フランスの16倍、米国と比較すると何と約49倍!

2. 自動車取得税と自動車重量税は即時廃止すべき!

3. ガソリン税(揮発油税+地方道路税=28.7円/L)に上乗せされた旧暫定税(25.1円/L)は当然廃止すべき!(参考:現状計53.8円/Lがガソリンに含まれる税)

4. 二重課税などの不合理な税体系は是正すべき!
自動車の購入時と保有時に似通った税が二重に課税されており、ガソリン価格※に於いても更に消費税がかけられている。(タックス・オン・タックス) ※ガソリン価格=(ガソリン本体+ガソリン税 53.8円+石油税 2.04円+原油関税 0.215円)×消費税

以上の主旨でJAFが9月5日より自動車ユーザー7500万人の声が必要として署名活動を開始(こちら を参照)。

日本の代表が代わった今、高額過ぎる自動車税制の絶好の見直し機会と捉えての活動のようです。
[PR]
by rolferK | 2011-09-12 20:21 | ニュース
中国がオーストラリアに敗戦して、
日本代表「なでしこジャパン」の3大会連続4度目の五輪出場が決まりました。

おめでとうございます。

再び日本への「五輪招致」のためにも、
是非「なでしこジャパン」に大活躍していただきたい!と願っています。


そして・・・・「フクシマの英雄たち」にとスペイン皇太子賞の「共存共栄賞」授与が発表されました。

まだまだ悲しみの中にある福島ですが、
今までのご苦労を”ひとつ”ぬぐう事が出来るのではないでしょうか。

なによりも、スペインという客観的な視点から今回の原発事故現場の皆様方への
深い尊敬の思いが表されたことに、日本人として感謝しています。


今また台風12・13号の災害対応に、被災地域自治体の皆様、そして自衛隊の方々が
日夜奮戦努力をしておられます。


私たちの”あたりまえの日常”は、本当に多くの方々の努力の上に成り立っていることを
改めて思います。

ありがとうございます。

*************
2011.9.8 09:56
 
スペインのアストゥリアス皇太子基金は7日、今年の同皇太子賞の「共存共栄賞」を
福島第1原発事故の現場で、事故の拡大を防ぐため献身的な働きをした
東京電力やその下請け作業員、消防、自衛隊員らの「フクシマの英雄たち」に授与すると発表した。

同基金は授賞理由を「勇敢で模範的な行為」とし「自らの命を犠牲にしてでも
津波による原発の惨禍を避けようと闘った。
彼らは人間としての卓越した価値を示してくれた
」と評価。

彼らのなしたことは、日本社会に根付く義務感、逆境での品位、謙虚さ、寛容、勇気のたまものだ」と
称揚した。

「共存共栄賞」には8つの個人・団体がノミネートされていた。

授賞式は10月21日、スペインのオビエドで王妃や皇太子らが参加して行われる。
賞金は5万ユーロ(約540万円)。

(共同)
[PR]
by rolferK | 2011-09-08 22:29 | ニュース
台風が過ぎて、また改めて”自然の力”の大きさを思いました。

けれどもその自然は、”自然のまま”では私たちの生命・生活に
十分な環境として値しないことも、一つの事実です。


大震災、台風・・・・をとおして実感することは、
結局、私たちの知恵の向上が求められている・・・
つまり「与えられた自然を感謝をもって使わせていただく」ことを
より積極的に考える必要があるということだと思います。



その意味では、原子力も”自然から生み出したパワー”です。

ただ、その利用上の管理が未熟であったことが、
福島原発から学ぶことでしょう。

けれど、その未熟さは、チェルノブイリとは全く違います。
同じような報道や扱いを受けて、開発や運営に携わった方々は、
お辛いだろうと思います。

原子力のもっともっと安全な利用法を開発していく道を閉ざしてしまうことは、
未来から見ると とても残念なことではないか・・と思います。



そしてもう一つ。

原子力発電所で、(核融合の速度調整のため)原子炉の減速材として使われる重水(放射線治療にも応用されている)は、
おそらく未来の日本において大変有望なエネルギー源になるでしょう。

今は”ただの水”扱いの重水ですが、きっと期待される”エネルギー”です。

そうなれば、日本は”エネルギーの宝庫”です。


日本は”水の国”です。

スーパー堤防も、景観との調和の中で様々な工夫があるでしょう。
堤防はそのまま「波発電所」として機能するかもしれません。


日本には、まだまだ可能性が沢山!!


自然に感謝しながら、自由と繁栄の日本を築きたい!・・・そう、願っています。
[PR]
by rolferK | 2011-09-05 00:06 | ニュース

台風お見舞い

台風が過ぎ去って、和歌山県を中心に
本当に痛ましい被害が出てしまいました。

心からのお見舞いを申します。
[PR]
by rolferK | 2011-09-04 23:24 | ニュース