思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お二人の子育てをしながらRolferとしてご活躍のwinniepoohさん(大津在住)

来春から幼稚園にかよう”おねえちゃん”に
ママ(Rolfer)として「キッズロルフィング」をなさった感想を
皆様にもお知らせしたくて・・。(以下)

そして、もうお一人。
大阪・ウツボ公園に面した緑豊かなセッションルームをかまえていらっしゃるhiroさんの
「Kids Rolfing」の記事です。

キッズロルフィングによって子供たちの可能性がドンドン目覚めますように!

************
Fly, you fools
2011.10.21記事 「キッズ、ベビーロルフィング」
より抜粋


子供の体を触ってて驚くのは、その変化のスピード!

さっきチェックした時には、ここが張ってたのに、
あれ?もう張ってない。逆の脚だったかしら?
と、思うくらい。
とてもみずみずしく、素直なのです。
人の身体は変化し続けているなー。と実感します。

重力を味方につけて、心も身体も健やかに伸びやかに、
育って欲しいなー。

モンタナのリサのところで、
キッズロルフィングのWSに参加したとき、
子供たちは、動きの癖が、親御さんにとてもよく似ていたことを思い出しました。

果たせなかった、親の夢を子に託す、、、
身体についても、似たような思いを持ってしまうなー。

子の振り見て、我が振り直そー。

[PR]
by rolferK | 2011-10-25 20:36 | マタニティー&キッズ Rolfing
メールで#7へのご質問をいただきました。


世界中には数多くのボディーワークがりますが、
Rolfing basic#4 と #7は、Rolfing特有の意義深いセッションだと感じます。


クライアントさんの体験談(感想)をご参考いただければ・・・・と、
過去のブログを探してみました。


皆様の参考にもなれば・・・・と願っています。


     2007年12月4日 「#7へのご報告~口腔と鼻腔へのワーク~」
[PR]
by rolferK | 2011-10-18 23:52 | Rolfing
世界中で活躍しているロルファーの中には、
動物たちにロルフィングを施術している方々もいます。

たとえば・・・・

サラブレット(競争馬)!
由緒正しい 受賞ドッグ!

彼らは人々に喜びを与えるものとして、
時として人間より大切に扱われる時がありますね。


d0065364_2342328.gif
我が家の3匹のネコですが、
そのうちの若い1歳オス・MA(マー)は、
生後2ヶ月ほどで我が家に来た時から
「ハウンド・ドッグ」のようなヒョロ長い脚と硬いお腹で、
ネコらしい跳躍が苦手です。

それに加えて、例えるとヘンな表現ですが、「突き指」をしたときの関節のように
尻尾の付け根が太くて硬いのです。

そして、それらを「MAらしい~」個性として愛してきました。


でも最近は、その”尻尾の付け根の太さや腹部の硬さ”が、
MAの”個性”を通り越して”害”のように感じてきました。



紺屋の白袴・・・・ハタと思い立って、MAの腹部にロルフィングを(ちょっと)数日施しました。


今日になって、あきらかに腹部に弾力が出てきたこと。そして、
直接には触っていない”尻尾の付け根”の腫れがひいたような柔軟性が出ていました。

d0065364_1933930.gif
生命の表現形が「柔軟性」かもしれません。

次の変化を楽しみに、もうしばらく続けてみるつもりです。
[PR]
by rolferK | 2011-10-16 23:44 | 猫たち

キンモクセイの香り

通勤の行きかえりに、団地のキンモクセイが甘く、甘く香っています。


我が家の”キンモクセイ”は、庭の剪定の時期がずれたせいで、
可愛そうに・・・・・花目をつけていません。

物干しの折に”芳香”を楽しむことができない今年の秋です。




でも、”香り”とは何て豊かなものなのでしょうか・・・。



真夜中に目覚めた廊下は、ほんのりと柔らかな”キンモクセイ”の香りで
満ちていました。


目で確かめることの出来ない”どこか”に、
でも確かに”在る”ことを 信じさせてくれました。

d0065364_1443112.gif

我が家の三匹のネコたちは、もうとっくに知っていたのでしょうね。






このところ、しきりに天国のアマ(右メス)が
           懐かしく思い出されます。
[PR]
by rolferK | 2011-10-12 01:45 | 季節・ガーデニング
Rolfingという素晴らしい体験のなかでも、
Kids Rolfingは、「本当に大切なこと」を明確にしてくれる
Giftのような機会です。

まだその機会は少数で、一般の方々に知れるものはないのですが、
Kids(幼稚園~小学生6年生くらいまで)としてRolfingに出会うことができることは、
その後の成長の方向性を より”本来”へといざなってくれる機会だと信じます。


でも、ひとつ・・・・

子供は生まれる前から「人格」をもっている。

そう考える私にとって、
Rolfingに連れてこられた子供が、
Rolfingに来た子供になってくださる瞬間を見ることが
Kids Rolfingの大切な要素だと思っています。

少なくとも、私が知りうるビデオや写真のなかの
Rolfingの創始者アイダ・ロルフ女史は、
Babyにも Kidにも、「人格に関わる」という態度を崩していませんでした。


先日Kids Rolfingに来てくださった小6・T君のお母様が
息子さんのRolfing体験をとおして”気づき”(以下)をコメントしてくださいました。

   「つながる瞬間まで待つ」ことが、今の世のなかで、不足していると感じました。

   あと少し待てば… というニアミスで、大切なチャンスを失ってしまう。

   そして、「つながる瞬間まで待つ」ことは、イコール「信頼」なのですね。


本当に、本当に・・・・そうだな~~と思います。
ありがとうございました。
[PR]
by rolferK | 2011-10-10 13:32 | マタニティー&キッズ Rolfing
d0065364_0385915.gifアップルの創始者。
ピクサーの創始者。

スティーブ・ジョブス氏  
2011年10月5日 死去 56歳

先のCEOを退いたという報道につづく、突然の訃報でした。


なぜか、当然面識もないのに、
昔の先輩の死・・・のように感じられて
心から ご冥福を祈りました。

          「夢」をありがとうございました。

          光あふれる世界への帰天を 祈ります。
[PR]
by rolferK | 2011-10-07 01:02 | スピリチュアル