「ほっ」と。キャンペーン

思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Rolfing大阪のHPから”消えて!”しまって、ご心配いただいた皆様へ。

Rolfing大阪のHPから独立して、

my*HP<女性のために ロルフィング>をUPしました。

      *主人(新田)とは、仲良く暮らしております。
      *お知らせのため、5月中トップ記事にいたします。

帰国して以来、”女性のために・・!”と思い続けてきましたので、

これからも、もっともっと ”女性の本来の輝き”のためにお役にたてるよう

努めてまいります!!


これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by rolferK | 2012-05-31 23:59 | Rolfing
1999年、「ノストラダムスの予言」が地球規模の破滅を予言しました。

今年2012年は、マヤ暦で「地球滅亡の年」と予言されている・・・・と、
多くの方々が”アセンション”を口々に語っています。

そんな中で、私は10年先、20年先の明るい未来を積極的に創っていきたい!!と、
近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」に期待しています。



ところで「予言」ってなんでしょう?
「よげん」には「預言」と「予言」がありますね。

「預言」は、神様から”言葉(教えなど)”を預かること。
ですから、啓示型の宗教(キリスト教、イスラム教など)は預言者がいます。

「予言」は、未来を予測すること。
本来は”すでに、あの世では起きてしまっていること”を伝えることです。


”すでに、あの世で起きてしまっていること”・・・というところが「予言」を理解する難しいところです。

だから、「予言の価値は、外れた時に、本当の価値がある」といえるのです。

「(悪い)予言は、心底信じると、(改善の努力をするから)回避できる!!」のです。


この世だけの時間論では、理解も解決もできないのですが、
もし”タイムトラベル”が可能だとしたら・・・・と考えてみると、
”現状のままで未来に続けると・・・・その先の未来にはこんな事が起こっていた!!”
というのが、予言です。

救いは”もし、現状維持だったら”・・・・つまり、努力の余地がある!!ということです。


どれだけ日本人が心を一つに合わせる事が出来るか!?
繁栄への正しい方向性へ向けて、真摯な努力をするか!?
なのです。



もしこの映画を中国側からみれば、
日本侵略の手の内”をすべて公開されたことになるのではないでしょうか?

そのことだけでも、民主党政府より「国防の役に立つ」はずです。
[PR]
by rolferK | 2012-05-25 02:04 | 映画・音楽・書籍
d0065364_1952991.gif
今日は「金冠日食」で始まりましたが、ご覧になりましたか?

私達は[テレビで観るのが一番!・・・などと高をくくっていましたが、
実際に空が暗くなってみれば、やっぱり空を見上げました。

それから”大慌て”で家中のサングラスをかき集めました!

大阪の曇り空が幸いして、サングラス4枚重ねかけ
ようやく後半の観察に間に合いました。

何事も”備え あれば 憂い なし”ですね。



ところで、金冠日食の間、
我が家の3匹の猫たちは朝食をねだることもなく、
部屋の何処かでジ~~~~っと、息を潜めていたようです。

「動物の感」

きちんと「察知する力」が働くのですね。


それに比べると・・・・・
現在の日本の国防は、今日の私達と同じ!

「察知」どころか、教えられても「他人事」のようで、
いよいよになって・・・・・その時に慌てても、間に合わない事があるのです!

私達の大切な「日本という国」
子供達の大切な「明るく平和な未来」

それらが全部、今の私達の意思にかかっています!!

ノホホンと危機感をもたずに60年の「平和」を享受して、
後手後手にまわっている「平和ボケ」の対応が招く未来は、
今朝の「黒い太陽」が象徴しているように感じました。


同じ危機感が、この映画にこめられています。
****たった一人の勇気が、世界を変える。
****近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」


      杉本文さん、応援ありがとうございました!!!!
[PR]
by rolferK | 2012-05-21 19:56 | ニュース
自分という存在に自信がもてない・・・

周囲の空気が読み取れない・・・・

そうしたことは、立場を変えれば誰にでもある事なのですが、
不思議と”自分だけ”の欠点のように強く焼きついてしまうことがあります


Sさんも、そんな自分を変えたい・・・という願いをもって
Rolfing basic10を始められました。


3回目までは、まだまだ悲観的だった”自己像”が、
4回目を過ぎて、身体変化と同調していらしたようです

今日、とても素敵な気づきをメールしてくださいました。
本当にありがとうございました。

Sさん。これからも、どうぞゆっくりと前進してくださいね!

******** Sさんのメールから **********

前回(4回目)セッション以降、出来事があり、さまざまな種類のきづきがありました。

体の感覚も少しずつ良いほうに向かっていると信じています。

呼吸の大切さ、
心と体がゆるむことの大切さ、
固くなることの危険性、
ひとつのものに集中しすぎることの功罪、
関節の可動域を広げること、
脊椎と頭、足元のバランス、
重力を味方につけること・・・・

人間は結局やわらかい一本の管のようなもので、
天と他者と地続きになっていて、良いものを交換し、
悪いものは排出しながら変化し続け、
道を作りながら生きていく存在だと認識するようになりました。


*****************

Sさんの体感した「人間観」は、きっと神に創造された時の記憶ではないでしょうか?

きっと、私達すべての心にあるのだろう・・と、信じています。
[PR]
by rolferK | 2012-05-09 22:58 | Rolfing
東京都が4月27日に受付口座を開設した「尖閣諸島寄付金」へ
”気持ち”募金をさせていただきました。

      *尖閣諸島寄付金」の受付口座       
           都民以外からの寄付も受け付ける。

           振込先: みずほ銀行東京都庁出張所「普通預金1053860」
                  口座名義 「東京都尖閣諸島寄付金」

東京都HP「東京都尖閣列島寄付金について」の公式発表・・・
       5,428 件 76,007,211 円 (平成24年5月1日入金確認分まで)


こうした動きに対して、
「これだけの募金があれば、沢山の子供達を救うことができる。」
「お金の使い方を間違っている」という意見がインターネット上にみられました。
それは、どんな時にも当然のように語られる意見だと思います。


けれども現時点の私にとって、今回の尖閣列島の問題は「子供達の安全と未来」に直結しています。


「救う」という視点は、国家の安寧を基本として成り立ちます!

国家が自主独立し、国民としての自由と平和を確保できていなければ、
個人個人を「救う」ことなど、けしてできません。


尖閣列島問題は、沖縄の米・海兵隊基地と同様に、正規の軍隊をもっていない
現時点の日本にとって「独立国家としての安全」を確保するために必須の問題です。

本来なら政府が率先して解決しなければならない”最優先課題”であるはずです。



2011.03.11の東日本大震災のおりに現政府が見せた「台湾義援金に対する冷遇」に、
一般女性が立ち上がり「謝謝台湾募金」を遂行されましたが、
今回も政府の判断ミスに対する「国民の良心」の表れだと理解しています。


金額よりも「募金人数」に「国民の良心」が記されると信じています。
[PR]
by rolferK | 2012-05-04 23:38 | ニュース