思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

中学生くらいからUFOの夢を沢山見ました。

さすがに”アブダクション”はNOですが、
怖くないSF映画は大好きです。

リュックベッソン監督の『The 5th Element(フィフス・エレメント)』の”宇宙の歌姫”を
youtubeで見つけました。

注)この記事の後日に「本当の歌姫は、インヴァ・ムラ(Inva Mula)という名の
    オペラ歌手だとわかりました。
    1997年の映画『フィフス・エレメント』ではマイウェン・ル・ベスコ演じる
異星人のオペラ歌手"ディーバ"の歌唱部分の吹き替えを行っている。」

    曲は前半の「ルチア・ディ・ラメルモール(ラメルモールのルチア)」と                          後半の「The Diva Dance(ザ・ディーヴァ・ダンス)」です。
    「ラメルモールのルチア」は、ドニゼッティ作曲による曲で、
    ベル・カント・オペラの代表作だとされています。

     (門前式発声法は、ベルカント唱法の発声を正統に受け継いでいますから、
      いずれの日にか!を夢見ています。)

この吹き替えにあたって約20%が”サンプリング”という技術で補ったということですから、
EVGENIA LAGUNAのフルバージョンは”凄い!”のですね~。

自分の楽しみのためにブログに移しておきました。
よろしければ、ご一緒に・・・。


映画のシーン
The Fifth Element Music Video (1997) (RyoDrake Productions)


EVGENIA LAGUNA
Fifth Element Diva song - full version. SINGING - EVGENIA LAGUNA.

[PR]
by rolferK | 2012-07-30 23:24 | 映画・音楽・書籍
とにかく・・・美しい映像です。

撮影に入る前のフェリとスティングの それぞれの表情や動きの中にも
すでにドラマ性があります。

そして・・・映像 最終にみせたSTINGの”しぐさ”に、
思わず笑みがこぼれました。

始まったばかりのロンドン五輪に共通する”人の喜び”です。


目と耳の楽しみとして、大切にしたい映像のひとつになりました。

Alessandra Ferri, Sting music video


[PR]
by rolferK | 2012-07-26 23:10 | 舞踏・身体表現
映画『アイ アム ナンバー4』の中にも、宇宙人の存在を信じるがゆえに、孤立する青年がいました。

映画『ヒア・アフター』の中には、霊と交信できるがゆえに、孤立する青年がいました。
d0065364_22452.gif
でも、宇宙は本当に豊かで、広いのです!この広大な宇宙に、”地球人”しかいない・・と
考える方が、かなり”偏屈な思考”だと思っています。

UFOをスピリチュアルとするのは、
「神も、霊も、宇宙人も、容易には目に見えない存在」という点で共通だからです。

そして同時に、「神も、霊も、宇宙人も、その存在否定の証明は未だできない」という点でも共通です。


でも最近は頻繁にUFOが目撃され、世界的にはごく一般のニュースになっています。
(以下youtube1、メキシコ・テレビ局「福島上空UFO群」ニュース )



THE DISCLOSURE PROJECT
Washington DC May 9, 2001
すでに10年も以前のことですが、2001年5月9日に米国・首都ワシントンDCにおいて、
CSETI((地球外知的生命体センタ-)による歴史的な「UFO秘密の公開 会議」(約2時間)が行われました。
UFO/ET(未確認飛行物体/地球外知性体)に関する直接体験をした証人20余人を集めて、
政界人や世界の著名なメディアの参加のもとで行った記者会見を録画したビデオです。
(以下youtube2  記録を#10にわけて日本語翻訳編集をされた)

このyoutube 10/10冒頭・3分25秒~3分50秒で、ジョン・サイファー氏(俳優)の
記者質問に対する発言が頼もしいのです。
d0065364_1083662.gif
世界で何千ものUFOの目撃が起こっています。

その中で ただ一件だけが真実であればいいのです。

なぜなら その一件の真実によって 
すべての件が真実ではないという事実が崩壊するからです。(拍手)





1969年7月16日 アポロ11号月面着陸・初成功 
当時、私は文京6中・1年生の臨海学校に参加していた先生方や同窓生達と
ドキドキしながらテレビ画面に見入っていました・・・そして、有名な名言を聞きました。

アームストロング船長・公開部分
「私にとっては 小さな一歩だが、人類にとって大きな一歩だ」

この直後、交信が2分間途絶えるのですが、
もし中学1年のその時に、全世界の人々が
この2分間を聞くことが出来たら、
今の常識は、もっともっと大きく未来に近づいていたことでしょう・・・残念ですね。

アームストロング船長の 非公開・通信内容
その後の約2分間の非公開部分
船長「何なんだ?  アレは一体何だったんだ!?」
NASA管制センター「そこに 何があるんだ?」
船長「別の宇宙船がいるんだ。 クレーターの向こうに並んでいる。 月から我々を監視している・・・」

その後、アポロ20号が撮影したと言われている「月面・裏側の建造物」の情報は、
映画『トランスフォーマー3』によって、うまく一般公開されました・・・ね。
youtube3



【和訳】凄いUFO! 福島上空、2011年4月(解説付).mp4


The DISCLOSURE PROJECT (UFO会議)-10/10-日本語翻訳.mp4



アポロ20号が撮影した月面・裏側の建造物

[PR]
by rolferK | 2012-07-24 22:04 | スピリチュアル
UFO と ヘリコプターしか”垂直航行”できないと思っていましたが、
オスプレイ・・という輸送機を知ったのは、以下の記事でした。

   オスプレイ12機を載せた船、岩国に向け米出港  
   読売新聞 7月3日(火)20時18分配信

   防衛省は3日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備される
   垂直離着陸機「オスプレイ」12機を載せた貨物船が1日(現地時間)に
   米カリフォルニア州を出港したことを明らかにした。

   同省幹部が3日、自民党国防部会などの合同会議で説明した。
   船は24日にも山口県岩国市の米軍岩国基地に到着する見通しだ。


何故今、米国側がオスプレイ配備に踏み切ったのか・・?を語る人は殆どいません。

今の日本中は、オスプレイ墜落事故をうけて”安全性”だけに関心を集中させるような
”意図的な情報操作?”があるように見えます。原発問題と同じ”意図”を感じます。



日本は「個人への影響」を配慮します。

ですから、日本製の食品や医薬品・化粧品など、直接”個人”に影響するものは
本当に安心して使えます。

これは、私達・国民の関心が「個人」に強く向いているからでしょう。


ところが、 「国家への影響」・・・
という視点が国民意識から欠落してしまいました

本来は、「国の安定」あればこその「個人の自由(権利)」だったはずです。


これに関しては、故・吉田茂首相の”判断の罪”と思っています。

吉田茂氏は、戦後・経済復興へ財力集中をさせるために、
日本が自国の防衛(軍隊)をつくることを放棄したのです。
そしてそれ以来、米国に”肩代わり”をさせ続けてきました。
お陰で、アメリカに次ぐ経済大国になりそうな成長をしました。
(後ろめたさで、すこ~~しペースダウンするつもり・・のバブル崩壊だったのですが・・・)
そして今・・・・”もういらないから、出て行って!!!”と言い始めたのです。

もし今、日米間に亀裂が生じて、本当に米軍が日本から撤退したら・・・・

日本は、”自分の得意なことで飛び級で大学生になった子供”のような状態でしょう・・・
たしかに並外れた才能と努力があったと思います。
けれども、本来の”おとな”(自分を自分で守ることが出来る立場)にはなっていません。


昔の人は「人の褌(ふんどし)で相撲をとる」・・・といいました。
  
     *意味(教えて!goo ベスト・アンサーより抜粋)
      「自分よりも強い者(力士)のふんどしをしめて相撲をとる」ということで、 
      相撲というのは自分の実力で相手に挑むものです。

      自分は弱いのに、強い者のふんどしをしめて、
      さも自分が強くなったかのように思い 
      (また、相手に思わせ)相手に挑むのです。
      それによって自分が利益を得るわけですが、
      本当は自分はそのふんどしに見合う実力がないのです。    
       それを、他人は冷静に見抜いているのです.。 
     
       だからこのことわざは、他人が誰かの振る舞いを見て、 
             上記のように判断した時に使うものです。


オスプレイとはどのようなものなのか?
そして・・・
何故今、米国側がオスプレイ配備に踏み切ったのか・

是非、以下のコメントをお伝えしたいと思いました。






[PR]
by rolferK | 2012-07-21 02:40 | ニュース
今目の前にある一つの物事を成り立たせるために、
多くの目に見えない事柄が関係しあって存在していること

     A→B→C→D→・・・・・・・Z
お釈迦様は、<諸法無我>とおっしゃいました。

昔の人は、<風邪が吹けば、桶屋が儲かる>と洒落たことをいいました。

最近知ったカオス理論の始祖・米気象学者のエドワード・ローレンツ氏の
有名な講演「予測可能性」では、<蝶の羽ばたきが台風を起す>と話されたそうですね。
これは、「バタフライ効果」といわれて、映画『バタフライ・エフェクト』の構想のもとになったようです。


カオス論ではありませんが、Rolfingで体と向き合う時、最も大切なことは
ホーリズム「目の前の出来事を 統一体の視点から把握する」ということです。
お陰さまで、体以外へのものの見方も「統一体」の考え方が強くなりました。


そういえば、今回の震災では「日本の原発技術の安全性」が高く評価されて、
震災後には、アメリカが東芝から原発機器を購入しています。
  <震災→原発事故(人為ミス)→死者ナシ→安全性の確認→信頼性の向上→アメリカの買い付け>

ところが日本では、<震災→原発事故→死者ナシ→・・・・・・>から先が180度違います。


先日来の産経新聞記事には・・・・・

代々木公園の”さよなら原発10万人集会”では、
落合恵子氏が「今日ここ(集会)にきている人が、国民であり市民」と言い切った!・・そうですし、

エネルギー政策聴取会での電力会社関係者(社員など)の参加・発言排除!!を
野田首相が指示した!・・そうですね。


本当に、このままでは「原発100%停止(廃止)」もままならない盛り上げ方です。
(民主党のchenge!チェ~~ンジ!の時のノリと同じ・・・全く雰囲気だけです。)

私個人としては、
その集会に集まった個人と、野田首相と、とりまきの民主党議員のご自宅で、
まずは「原発100%停止(廃止)」のシュミレーション生活を猛暑の1ヶ月ほどなさって、
その間に、それが日本全体に実行されたときの悪影響をジックリ考察されてから、
”体験をもとに”反対運動を実行していただきたいと思っています。

現時点でも、”電力不足によるマイナス効果”は”弱い者いじめ”的な結果
生み出し始めています。


ちなみに、この酷暑・猛暑も
スピリチュアルな視点からいえば「天啓」(神からの警告)でしょう。
早く対応しなければ、熱中症による死者・・・ではすまないかも。
たとえば、今の日本人は”清潔すぎて”自然への抵抗力が軟弱ですから、
大規模な食中毒症や感染症も、「天啓」として考えられるのです。


そこで、お題の「私版 :もしも! 原発100%止めてしまったら!!」です。


1)電気料金、大幅値上げ!
火力発電の燃料費が、年間25兆円(1日68億円)増加する →電力料金の引き上げ
万一、火力燃料・輸入が困難な時 → オイル・ショック状態の品不足が続く
    *尖閣諸島および沖縄に中国侵略があれば、即!原油ストップです!

2)慢性的な計画停電の”バタフライ効果”
CO2規制のため、火力では電力供給は当然”慢性不足” →1日2時間~6時間の計画停電継続

→家電ストップ           オール電化はX。とくに、冷蔵庫内の食品腐敗
→貯水槽が動かない       マンションや高層住宅などは、トイレ使用も不可。お風呂は汲み置き。
→生産工場のストップ      生活必需品の慢性的な不足
→雇用の削減           多くは、契約社員扱いへ、または解雇・失業
→病気・自殺の増加       今でさえ、日本人の病気・自殺は異常です。

→社会保障のための増税    個人資産はすべて国家に汲み上げたい!!(社会・共産主義体制)
                     ”タンス貯金”は全部国家のものだ!

3)日本の没落
明治維新から100年以上の歳月をかけて「自助努力の精神」で先人が積み上げた日本の発展繁栄を
”民主党政権”が崩壊に成功する。

4)現在、小学生以下の児童への不安
”子供は風の子、自然の子”で、生きているでしょう。
けれど、日本という国家の衰退は、必ず子供達へ負の遺産として重く影響するはずです。


すでにバブル不況のまま10年以上。
あと数年、今のままの民主党政権が続いたら・・・私には、凄く怖いです。
[PR]
by rolferK | 2012-07-19 18:58 | ニュース
スピリチュアル・・・の基本の一つは、
善・悪に関わりなく、人の思いは実体化する法則です。

人間に与えられた「神の創造力」です。

この根拠は、スピリチュアルの生存世界「霊界」が
思い 即 実体の法則世界だからですが、
この3次元世界は、”思い~実体”までのあいだに様々な要素(力)が介入する場だといいうことです。


多くの方々は、この法則をほとんど無意識に、
マイナス思考の継続によって乱用します。

結果、
病んだ思いは「病気」をつくる
すさんだ思いは「戦争」をつくる
まずしい思いは「貧困」をつくる

・・・あたかもその「病気」や「戦争」や「貧困」が決まっていたことのように
思うことで、納得しますが、

もし、あなたがスピリチュアルを信じています・・・・という方なら、
それらは、思いを変えれば、結果も変わる!ことを知っているはずです。


とにかく、今の日本人の思いは変です!!

そうでなければ、経済、国防、教育・・・が、こんなに混沌と無秩序であり続けるはずがありません。

「思い」がとても「即物的」になりすぎていて、
夢や希望を育てることを諦めてしまっているようにさえ感じます。



こんな時だからこそ、『坂の上の雲』にあるように、明るい希望を目指して前進しましょう。
明治の人々の「自助努力」の精神を復活させましょう。
まだまだジャパニーズ・ドリームを創造していきましょう!!!!!


そこで、アメリカが世界恐慌を跳ね返した応援歌をご紹介します。

1930年に作られた ♪On The Sunny Side Of The Street♪ 

  (注)1929年10月24日、ニューヨーク株式市場で突然に大量の売りが出て、株が大幅に値下がりした。   いわゆる「暗黒の木曜日」、世界恐慌の始まりであった。
   アメリカの工業生産は'33年にはピーク時の4割に減少し、失業者は同年には1283万人
   (当時の全米労働者の4人に1人)になった。

<歌詞>のなかに・・・

      上着をつかんで帽子を持って
      悩み事は玄関のところに置いて
      通りの陽の当たる方へ足を向けてごらん

      通りの陽の当たる方なら、人生って楽しいよ

      僕は憂鬱を抱えてずっと日陰を歩いてきたけど
      でももう何も怖くはないよ

      1セントもなくたって、ロックフェラーみたいに金持ちさ
      通りの陽の当たる側には足元に金の粉が舞っているからね  

詳しい歌詞の参考

   
ジョン・ロックフェラーは、14歳で見習い働き(月給25ドルの雑用係)を始めて、
数々の苦難・」困難を経験しながら、
最終的には歴代1位の大富豪(ちなみに、ビルゲイツの5倍の資産)となり、
その富の殆どすべてを寄付して、97歳で他界しました。


この歌が大恐慌当時のアメリカの人々の心を明るく励まして、
皆がジョン・ロックフェラーを夢見て、アメリカン・ドリームを実現したときいています。


どこからでも始めることが出来る!!
夢 と 情熱 と 努力 があれば、
そして、このことを信じ続ける強さがあれば、
必ず 未来は明るく開けるでしょう。


On The Sunny Side Of The Street

[PR]
by rolferK | 2012-07-17 23:20 | スピリチュアル
幼い頃から、善き指導者にめぐり合うことは”とっても大切!”と考えています。

最初に何を覚えるか・・・・・

できれば、それは「喜び、と、正しさ」であって欲しいと願ってもいます。


2012オリンピックが近づいてきて、陸上や体操など話題は高まっていくでしょうが、
それらの裏にある激しく厳しいトレーニング風景が、沢山公開されていますね。

そんな中で、”私達は、生まれたときから動くことが大好きだったんだ~~”と信じられるような
映像がありました。

特に3分経過ごろにトランポリンで見せる”反射”の動作は、
”立つ”ことを考えすぎて見失ってしまった大人たちにとって、
新鮮な気付きになると思いました!!!

カーソルを早送りして、是非3分頃だけでも見てください!!!


ミセス・トレーシーのような善き指導者が増えますように。
そして・・・お母さんと子供のリトミック・クラスがもっと沢山できますように。


1 year old Baby Coco first year in Gymnastics

[PR]
by rolferK | 2012-07-15 23:28 | Movement
デパートのエレベーターで、生後数ヶ月?の”赤ちゃん”が
バギーに乗っていました。

左手には、自分の手の何十倍もありそうな
A3サイズのカラー・チラシを持っています!
d0065364_0363471.gif
デパートの立派なチラシは、紙も上質で
柔らかな赤ちゃんの手を切ってしまいそうな硬さに見えます。

そのチラシの一端を 小さな小さな指で”つまむ”ように、持っています。


小さなアリが、大きな葉っぱをくわえているような・・・・


その時、お母さんがチラシのもう一方を持って
グ~~っと引き離そうとしました。

チラシは赤ちゃんの手と一緒に、少し動いただけ。

慌てたお母さんは、もう1回・・・・2回・・・・・

「お母さんが勝つか?赤ちゃんが勝つか?」

結局、赤ちゃんはチラシを”つまんだまま”エレベーターから降りていきました。

私も含めて、その光景を見守る周囲の大人たちは
赤ちゃんリキの凄さに、思わず笑顔でした!


もちろん、お母さんの手加減もあるでしょう。

でも、他人目には「恐るべし!赤ちゃんリキ!!」



そういえば、”声が出なくなる恐怖”におびえていた若き日のパバロッティーも、
宿泊先のホテルで一晩中泣き明かす”赤ちゃんの声”を聴きながら、
発声法の真髄に気付いた・・・・という話を読んだことがあります。


継続に耐えることの出来ない方法では、
けして成功へたどり着くことはできません。

赤ちゃんリキ”は、すべての人が最初に使った生来のムーブメント効果です。



年寄りの赤ちゃん返り・・・といわれますが、
それが”赤ちゃんリキ”への原点回帰だったら、大歓迎です!
[PR]
by rolferK | 2012-07-11 00:33 | Movement
『誰も 寝てはならぬ』 (Nessun Dorma)

映画『THERMAE ROMAE』(テルマエ・ロマエ・・・ラテン語で「ローマの大浴場」の意)で、
テーマ曲に使われている歌曲です。

ほとんど一般に知られていなかった歌曲を
パバロッティがリリースして、世界的に有名になりました。

そのパバロッティが亡くなる前年に行われたトリノ冬季オリンピック開会式で、
パバロッティ最後のパフォーマンスとなった映像がyoutubeにありました。

このときの彼は、すでに癌によって体調をくずしていたため
”冬季”という彼にとって困難な環境を考慮され、
彼自身の希望によって”事前録音”(1週間ほど前のもの?)されたものを
会場に流したのだそうです・・・・。

「クチパク」というには、パバロッティの渾身の歌唱
全く無駄をとりさった「舌根」の素晴らしさに、ただただ感動しています。


「舌根の緊張」を制するものは、あらゆるパフォーマンスを制する!!と信じています。


約10年の新旧の♪♪Nessun Dorma♪♪です。

<2006 トリノ冬季オリンピック 開会式>





<1994 歌詞付き>


[PR]
by rolferK | 2012-07-07 02:37 | 発声
80歳を目前にカクシャクとしている母ですが、
第二次世界大戦中に少女時代を過ごした母の記憶の中には
原子力発電所=「広島・長崎の原爆」というイメージが確立していました。


母の”原発=原爆”の確信に至った理由を聞いてみると、
テレビ番組(主にNHK)でのニュースやコメントだといいます。

母の世代にとって、NHKの権威は絶大です。
世論と正論はNHKから流される!と、断固信じています。

(私には、そのNHKが”元凶”のようにみえます!)

ところが、その母が「健康にいい」という噂を聞きつけて、
”ラジウム温泉”に行ってみたいと言います。


原爆も 放射能
原発も 放射能
CTスキャンも 放射能
温泉も 放射能

そして、日光浴も放射能・・・・


結局、私にも母にも、情報の”正しさ”を計る基準がないことに気付きました。

そして見つけた『放射能・原発、これだけ知れば 怖くない!』には、
新聞やテレビではとりあげない”正しさ”が、
しっかりと記されていました。



d0065364_055732.gif

d0065364_05667.gif




















d0065364_053022.gif
[PR]
by rolferK | 2012-07-04 00:00 | ニュース