思いつくまま・・Rolfer日記

rolferk.exblog.jp

主婦からRolferとして人生再建して12年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。

ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昭和39年10月10日は、東京オリンピック開幕の日でした。

清清しく晴れ渡った青空に、”日の丸の国旗”と”聖火”が揺らめいて
トランペットの奏でるファンファーレがりりしかったのを覚えています。


それから48年経って、10月10日11月に中国では
習近平氏が国家主席に就任する”中国共産党大会”が開催される予定・・・。


今の日本の政治状況を知っていて、この報道に何も思わないのは、
情報不足危機感不足です。


習近平氏を”お坊ちゃん”などと評したジャーナリストもいるようですが、
日本に対しては、「暴君 ネロ」か「ヒトラー」のような思考をもっていると考えるべきです。


今回の「反日運動」の原動力は、中国人民の抑圧された「不満」ですが、
その「不満」を 見事に日本に向けさせることで、解消させています!

その上で、更には「日本占領」を企てている首謀者です。


その習近平氏が、国家主席になれば、
<日本の総選挙の頃>が最も危ない時になりうる!!でしょう。


習近平氏の秒読みが聞こえてきそうです。

今こそ、私達一人一人が「防衛」を声高に求めるべき!だと強く思います。
[PR]
by rolferK | 2012-09-27 23:53 | ニュース
毎日のニュースで”憤り”を起こしかけている自分を
なんとかクールダウンして過ごしています。

日本(日本人)の自虐的な”自己イメージ”を
今回思い切って「払拭」できることを
強~~~~く期待しています!

そんな私の”理想的なリラ~~ックス”がCM映像になっていました。

ちょっと”ブレイク”です。


[PR]
by rolferK | 2012-09-22 23:53 | 猫たち
日本政府
経団連
マスコミ
の方々に、危機管理の”迅速な対応”を心からお願いいたします。

日本国民の死者が出てからの対応では遅すぎます。

野田首相の”命をかける”時は、今です!

少なくとも、間髪いれず!
日本企業と職員(企業の宝)の中国からの一斉ひきあげ。
中国・韓国からの就労者、観光客の入国拒否。日本退去。

こうした国家の姿勢は、「致死レベル伝染病の予防対策」と同じです!


韓国の、竹島問題

中国の、尖閣問題

そして、中国80都市におよぶ「反日デモ」

さらに、タイ、バンコクのイスラム教徒とされる人々の「反米デモ」
(アメリカ大使館は17日月曜、声明を発表し、
反米デモへの反応として同大使館の閉鎖を発表しています。)


すべて、陰の将軍・習近平ひきいる「中国政府の仕掛け」!!!です。


中国という政府は完全な「情報統制」支配ですから、

「政府の公認」なしにデモが行えるはずがありません!!
中国政府のデモ対応は、”一応、中国政府は日本を守ろうと思ってるんですよ・・”
という「日本向けパフォーマンス」です。


そして、これだけのデモが中国全体で整然と行動できるのは、

中国政府によって”捏造された歴史観”のもとに、「反日感情=愛国心」という洗脳によって、
中国の国民意識が「ひとつ!」になっている・・・事実・現実です。

「国民の意識がひとつになる力」
これが、どれほど”強い”ものか・・・・本当は日本人が一番知っていなければいけない。


私は、先の大戦に日本がつかった「大東亜戦争」という名前を
「アジア圏植民地 解放戦争」という平易な名前にしなかったことを悔しく思います。


日本語教育水準の下がってしまった今の私達に「大東亜共栄圏」ということばの意味は、
”翻訳”しないとわからない。

・・・白人の植民地として虐げられているアジアの人々の幸せのために、
  日本の戦力を最大限に投じて、植民地をなくし、
  アジアの国々を独立させ、そして”共栄”(ともに栄えていく)世界をつくろう!!


それで、世界地図のなかのアジアは大きく塗り替えられたのです。

その動きは、のちのアフリカ独立運動へも波及しました。


今中国は、方法論においては”日本軍の模倣”をしています。

が、目的においては全く正反対の「中国支配による植民地の拡大」を目指しています!

300万の日本人が命をかけて”開放”したアジア圏が、
アメリカ軍を追い払えば、もれなく「中国の植民地」になるのです


これだけの現実がある中で、日本人は、基本的に「危機感が薄すぎる!」と痛感します。

今こそ、マスコミがこぞって「日本人の愛国心」を鼓舞させなければならない時なのに、

民主党政府も、マスコミも「中国礼賛」主義であることに
私達「日本国民」がなにも感じないのは、危機感がマヒしている!ということでしょう。


もし本当に”子供達の未来”を心配しているなら、
「反原発デモ」に参加した人々は、全員「国家防衛強化デモ」をしなければ嘘!

それがないのは、「反原発デモ」さえも中国主導の市民運動だということです。


そして、民主党政権は「中国人民政権」であり、
民主党政権を延命させれば実質の「日本の中国植民地化」が進みます。


今の中国国民は、「日本人は悪だ=消滅すべきだ」と教えられていることでしょう。

残念ですが、人間は自分の信じていることが真実なのです。

そして、日本人は「反撃しなければ、攻撃されない」と教えられているのでしょう。

もし、肉体なら「反撃しなければ、死」だと分かるのに・・・・・・・。
[PR]
by rolferK | 2012-09-19 02:15 | ニュース