NEW POST

各宗派本山に、鎮魂のための”法要”を願う  ~東日本大震災で 忘れられていること~

東日本大震災の数日前に、映画「ヒア・アフター」を2回観ました。

冒頭、画面いっぱいの大津波のシーンから始まり、生き延びた女性ジャーナリストと
霊能者の青年、そして一卵性双生児の兄を交通事故で亡くした少年の3人が
「死後の世界」をとおして「生きる」ことへの希望を見出していく・・・静かな力強さを
強く感じた映画でした。


その直後に、今回の大震災があり、
スクリーンで見たばかりの光景が、現実のニュースとして伝わってきたとき、
何故か一番に心に浮かんだのは、
「失った愛する人を想う」人々の苦しみでした。

・・・安らかであるかどうか・・・?

ご遺族の方々は、本当はそれだけが一番の気がかりではないか・・と、そう思います。



平素、人が亡くなれば、それぞれのお宗派のお寺様に葬儀・法要を
営んでいただくことで、ご遺族の方々も悲しみを半減されておられることでしょうに、
今回は、あまりにも多くの方々が突然に亡くなられて
個々に葬儀・法要をすることもかなわないことは、
きっときっと、思いの残ることではないか・・と推察いたします。


素人のでしゃばる処ではないのですが、
それでもなにかの形で聞き届けていただけたら・・と、
ブログに書かせていただきます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今の政府が、行政が”慰霊”をされることを待っていては

亡くなられた方々は、お気の毒です。


全国の各ご宗派のご本山で、

東日本大震災で亡くなられた方々のための”鎮魂の法要”を

是非この桜のもとで(一日も早く!)執り行ってください。


今年のお寺の桜は、きっとそのために美しく咲いてくれるものと思います。

私達も”花のもと”に集って、お祈りをさせていただきたいと願っています。
[PR]
by rolferK | 2011-04-03 23:04 | ニュース

主婦からRolferとして人生再建して14年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。


by rolferK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30