NEW POST

DVD「Shall we Dance?」~リチャード・ギア主演

今日は完全にオタク的な話題です。
d0065364_322460.gif
周防正行監督作品の「Shall we ダンス?」が
ハリウッドでリメイクされるという話を耳にしてから10年くらいが経ったと思います。
それが、Boulderに居る頃にリチャード・ギアの主演作品であることが分かった時は、正直
すご~~く嬉しかった。

なぜか彼を見ていると、それがどんな作品でも「心が和む」のです。親近感があるというと
可笑しいかもしれませんが、ちょうど子供時代から大好きだった親しい隣のお兄さんが出て
いるような、そんな気持ちになってしまうのです。

黒澤明監督作品の「八月の狂詩曲」に出演している彼を見てからは、特にその感覚が強くなりました。ファンとは、まことに厄介なものですね。

こうして考えると、俳優さんという仕事はたいへんな仕事ですね。
ファンが増えるほど、世界中のファンの想念を一身に浴びてしまうのでしょうから、その心がけが充分でなければ、人としての「平凡な生活」を確保することは至難のことでしょう。
以前、「大好きだった夏目雅子さんが白血病で亡くなった原因」のひとつに、「ファンからの嫉妬心の集合想念」もあったのだと聞いた時は、ふか~~く納得してしまいました。

紫式部の源氏物語にさえも、「六条の御息所」が生霊となって憎い「夕顔」や「紫の上」を取り殺していく場面が登場しますが、式部が書いた世界はけして作り事ではないでしょう。
彼女ほど、女の心の苦しみを見抜いていれば、嘘や作り話を書く必要などないでしょうから。

ですから、リチャード・ギアのファンであることが、彼の人生をけして邪魔しないように・・・と
いつも「祝福」を心がけています。例えば、なにごとも彼の成長にとってよりよくありますように・・よかった、よかった・・という感覚です。
それで、彼のファンであるということが、私の心の成長にも一役かってくれているのです。
「もちつ、もたれつ」ということでしょうか?

彼の知らない、大阪の片隅でこんな時間にこんなことを考えている人間がいるのですから、
やっぱり「俳優さん」は大変なお仕事ですね。どうか、いつまでもいいお仕事をしてください!
d0065364_3251450.gif



草刈さんが演じていたダンス教師役の
ジェニファー・ロペスとの熱いタンゴのシーンです。
タンゴは本当に好きなダンスのひとつで、Boulderでほんのちょっぴりダンスクラスに行きました。夢は夫婦でタンゴなのですが・・・こればかりは独りでは叶いませんね。

残念なのは、英語字幕がついていないこと。東宝ビデオさん、是非英語字幕をつけてください!
[PR]
by rolferK | 2005-10-30 03:34 | 映画・音楽・書籍

主婦からRolferとして人生再建して14年経過。ロルフィング・ムーブメント・健康・・そして、マイペースに思いつくまま・・。


by rolferK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31